2011年11月19日 (土)

お口の健康が気になり出したら

ディープクリーン 「モラタメ.net」さんで、「ディープクリーン センシティブA 薬用ハミガキ」と「歯周ケア ハブラシ」をいただきました。感謝。

「ディープクリーン」という一連の商品は、歯槽膿漏・歯肉炎の予防を謳ったもので、今回いただいた「センシティブA 薬用ハミガキ」は、さらに知覚過敏を抑える働きがあるそうです。

 幸いなことに私は、虫歯(治療済み)はあるものの、未だに全部自分の歯を使っています。ただ、鏡でよぉく歯を観察してみると、なんだか歯ぐきが後退してきたような気がします。

 この商品のサイトにある「歯槽膿漏チェック」によると、「歯槽膿漏になっている可能性があります」と出ました。そう言われると、ちょと心配ですね。

 1週間ほど、この歯磨きとハブラシを使ってみました。もともと口臭がしたり、歯ぐきが腫れていたりしたわけではないので、何かの効果があったのかどうか分からないです。
 ですが、口腔ケアは一朝一夕にできることではないので、シトラスハーブの香りも心地いいし、この商品をしばらく使ってみようと思っています。

Amazonで「ディープクリーン」を検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

スッキリした飲み口のイタリア産テーブルワイン

タヴェルネッロ

 「モラタメ.net」さんで、サントリーワイン「タヴェルネッロ」のサンジョヴェーゼ(赤)と トレッビアーノ(白)の 1L 紙パック をいただきました。感謝。

 「タヴェルネッロ(Tavernello)」は、イタリア語で「小さな居酒屋」という意味で、イタリアの家庭で愛されているテーブルワインの定番ブランドなんだそうです。「テーブルワイン」は、日常消費用のワイン。お手軽な値段で、家庭の食卓でいただくワインのことです。

 私は、チーズをつまみにいただきました。家庭の食卓でいただくというだけあって、すごく飲みやすいワインです。赤は「ライトボディ」で、本当に最小限の渋みがあるだけで、それもノドを通るとスッっと消えていきます。白はパッケージに「辛口」と書いてあるとおり甘さ控えめで、料理の味をジャマしないし、ドンドン飲めそうです。

 特徴的なパッケージについても書いておかないといけないですね。写真をみてお分かりだと思いますが、紙パックなんです。つまり、落としても割れない、軽い。それにコンパクトなので、牛乳の1L紙パックと同じように、家庭の冷蔵庫で冷やせる。つまり、家庭の日常消費用として考えた結果の紙パックパッケージ、なんですね。

 飲みやすくても、アルコール度数11%。飲みすぎには注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

ハミガキでお口をスッキリしてみませんか?

ピュオーラ

 「モラタメ.net」さんで、「薬用ピュオーラ ハミガキ クリーンミント/ピュオーラ ハブラシ コンパクト」をいただきました。感謝。

 いただいたのは、ハミガキ粉とハブラシのセットです。この商品の売りは「口内環境の清浄化」。それで口内環境とは、口内細菌の浄化・殺菌のことです。口のネバネバ感や、舌の汚れや口臭の原因のひとつがこの口内細菌なんだそうです。

 キャッチコピーに「汚れやすい大人のお口に」とあります。唾液には口を清浄に保つ作用があるのだけれど、年齢とともに唾液分泌量が減るのだそうです。30歳代後半から40歳代にかけてグッと。
 その結果、口内細菌が繁殖して、ネバネバ感などの不快感の原因になる。それを、薬用成分で補って、快適な口内環境を整えよう、というわけです。

 年をとると、身体の水分がなくなってカサカサしてくる感じが確かにしますが、唾液まで減ってしまってるんですね。なんだか寂しいですね。

 それで、いただいたハミガキ粉を使ってみました。1日じゃ分からないと思ったので、とりあえず2週間。正直に言って、何かがすごく変わるといったことはないのですが、磨き終わったときの爽快感は確かにあります。歯のヌルヌルがなくなって、歯を指でこするとキュッキュッっと音がします。それが楽しみで念入りに歯を磨いてました。

「薬用ピュオーラ」を、Yahoo!ショッピングで購入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

おススメ年賀状ソフト(年賀状本)2011年版の比較

 今年も年賀状ソフトがパソコンショップや書店の店頭を賑わす季節になりました。昨年に引き続いて、来年卯年用のおススメソフトを書店に行って選んできました。
 正直に言って、ラインナップは昨年と変わり映えしません。まぁ同じ基準で選べば同じものになるのは仕方ないですね。どれにしようか迷っている方、是非参考にしてください。
 ※Amazonが、キャンペーンとして行っていた「送料無料」が、11月1日から正式なサービスとなりました。500円足らずの本でも、通常配送料が無料です。この年賀状ソフトのムックが買いやすくなりましたね。

  書名 出版社 価格 特長
Amazonで購入 そのまま使えるスペシャル年賀状

Amazonで購入
秀和システム 500円

完成年賀状530超、 イラスト素材970
裏面ソフト:オリジナル/ 宛名ソフト:オリジナル
筆まめ、筆王など向けダウンロードサービス
携帯年賀状用QRコード

Amazonで購入 世界一簡単にできる年賀状2011

Amazonで購入
宝島社 460円

素材2300
裏面ソフト:オリジナル/ 宛名ソフト:はがき作家
裏面デザインの保存6つまで

Amazonで購入 世界一かんたん定番年賀状2011

Amazonで購入
アスキー・メディアワークス 483円 素材2800以上
裏面ソフト:オリジナル/ 宛名ソフト:はがき作家
家計簿、ぽち袋、カレンダーなど付録データあり
Amazonで購入 パパッと出せる年賀状2011

Amazonで購入
翔泳社 504円 完成年賀状1500
裏面ソフト:オリジナル/ 宛名ソフト:P-Card
毛筆フォント、試し印刷用紙付き

Amazonで購入 あっという間に年賀状2011年版

Amazonで購入
技術評論社 449円 完成年賀状1064
裏面ソフト:オリジナル/宛名ソフト:はがき作家
ぽち袋、カレンダー、2つ折りカードなど付録データあり
Amazonで購入 年賀状プリントするだけ
CD-ROM 2011

Amazonで購入
学習研究社 460円 素材2168
裏面ソフト:宛名職人/ 宛名ソフト:宛名職人
試し印刷用紙付き

 選定のポイントは、インストール作業などの前準備が極力無く簡単に使えること。CD-ROMを入れればスグ使えることが理想です。その点、上位の5つは裏面作成についてはどれも前準備なしで使えます。6番だけが「宛名職人」というソフトをインストールする必要があります。
 一番のおススメは、1の「そのまま使えるスペシャル年賀状」。宛名印刷もインストール作業なしです。また、「筆まめ」や「筆王」「筆ぐるめ」といったソフトに対応したデータのダウンロードもできます。裏面デザインの保存が30個までという制限がありますが、これはまず問題ないでしょう。昨年はなかったデジカメ写真を使ったデザインも、今年はちゃんとあります。
 次は、2の「世界一簡単にできる年賀状2011」が操作が一番簡単そうなのでおススメです。裏面デザインが6つまでしか保存できませんが、まぁ「6種類も保存できれば充分」という方なら問題なしです。その他は、ぽち袋やカレンダーのデータがあったり、試し印刷用紙が付いていたり、という特長が良ければ選んでください。

※ここに表示した情報は、私が書店やウェブサイトで調べた情報に私の評価を加えたものです。したがって誤りや誤解があるかもしれません。購入に当たっては各出版社のサイト等で必ずご自分で確認してください。この記事のデータを基にして不利益を被られても、その補償はいたしかねます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

お店のチラシもネットで検索

 この記事は、ブロガーへの情報提供サービス「センバツ」から情報提供を受けました。感謝。

 今回ご紹介するのは、凸版印刷が運営する、電子チラシポータルサービス「Shufoo!(しゅふー)」です。スーパーだけでなくホームセンター、ドラッグストア、家電量販店などのチラシが、パソコン、携帯、スマートフォンなどで見られます。
 掲載されている店舗数は、全国で25,000店舗以上!。とは言え、遠くのお店のチラシがいくらあっても意味が無い。自分の家の近くでどのくらい数のお店のチラシがあるかが大事なので、無料の会員登録をして調べてみました。

 チラシ検索は、郵便番号や住所からエリアで探したり、「食品」「日用・生活雑貨・家電」といった業種で探したりできます。とりあえず、家の近くのお店がどのくらいあるかを、「住所」を使って調べました。
 その結果、我が家が行く可能性があるお店がスーパー4ヶ所、ホームセンター2ヶ所、衣料品専門店が2ヶ所ありました。スーパーに関して言えば、イトーヨーカ堂、ジャスコ、西友と大手チェーンは掲載されてましたが、残念ながらうちがデイリーで利用しているスーパーはありませんでした。

 まぁ我が家は、新聞折り込みのチラシをしっかり見る方なので、わざわざネットで見なくてもいいのですが、便利だなぁと思ったのは、携帯やスマートフォンで見られること。買い物に出かけた先で他のお店のセールが気になった時などに重宝しそうです。
また、家電商品など少し高い買い物をする時には、新聞に入ってこない少し遠くのお店もチェックしたいですね。今までは行ってみないと何がいくらなのか分からなかったので、これは便利です。

 また、「チラシ見てケロキャンペーン」というのをやっていて、会員登録をすれば1回、チラシを3つ見るとさらにもう1回と抽選に参加できます。当たるのは、毎週100名に全国共通おこめ券5枚(5kg相当分)チラシを見てをおこめ券GET、なんておトクな感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

懐かしく新しいお酒の飲み方「ハイボール」はいかが?

Torys

 「モラタメ.net」さんで「トリスハイボール缶 350ml 2本セット」をいただきました。感謝。

 「ハイボール」とは、ウィスキーのソーダで割のこと。この商品は、サントリーが「ハイボール」に合う味わいのウィスキーとして開発した「トリス<エクストラ>」を、レモン味のソーダで割っています。
 私は、夕食にしゃぶしゃぶをした時にいただきました。急に寒くなってきたこともあって、あったかい鍋がおいしかったです。毎晩の晩酌の習慣はないのですが、鍋物の時にはいつもはビールを飲んでます。ポカポカした身体によく冷えたビールがおいしく感じるんです。

 今回はビールではなくて「ハイボール」をいただいたわけです。今はほとんどウィスキーを飲まないので、最初の一口はちょっと「ウッ」っとなりましたが、その後はゴクゴクと。レモン味が飲みやすさにつながっています。また、よ~く冷やした方がおいしいと思います。ただ、アルコール度数7%は、ビールよりかなり高いので、飲みやすくても飲みすぎには注意です。

 「ハイボール」と聞いて思い付くことが2つ。小雪さんのCMと学生時代のコンパ。CMについては言うまでもないですが、「ウイスキ~が、お好きでしょ」の音楽をバックに、小雪さんが「ハイボール」を出してくれるお店のヤツです。今回のハイボール缶の発売と無縁ではないと思います。
 30年近く前の学生時代のコンパは、なぜか最初の1杯目からウィスキーでした。もちろん、味や香りを味わうなんて飲み方はできなくて、盛り上がるために酔っぱらってただけです(笑)。それでもストレートで飲むのはキツイので、水割りやソーダ割り(ハイボール)で飲んでました。コーラで割った「コークハイ」もよく飲みました。甘くてたくさん飲めるからか、「コークハイ」は二日酔いの記憶とセットになってます。

「サントリー トリスハイボール」をAmazonで購入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

情報誌「DIME」 2010.9.21号

 企業PRのポータルサイト「ドリームニュース」から、情報誌「DIME」の2010.9.21号をいただきました。感謝。

Hyousi

 今号の特集は「オレ流デジタルガジェット大公開」と題してiPhone、iPadやそれを機能拡張する機器を「ビジネスガジェット」として、達人6人を紹介しています。(機器類もバッグもほとんど黒一色、ついでに達人の洋服まで黒ばかり、そして皆さんがニコヤカな丸顔なのは偶然でしょうか?)
 iPhone、iPad、MacBook、無線ルーターやスキャナ、ビデオカメラ付きボールペンまで。「どこでもオフィス」という言葉も出ていましたが、確かにこれだけあれば、どこでも仕事ができそうです。

 私が気になったもう一つの記事は、中ほどにあった「mixi徹底活用術」と笠原健治社長のインタビューとからなるmixiの特集。社長さんが、今年3月の招待制から登録制への変更についてや、新機能、APIの公開などのビジネスの展望を語ってらっしゃいます。
 また、ツイッターを意識した「”脱つぶやき”のススメ」という記事で、「リアルな人間関係につながるSNS」として、mixi内で同じ会社のユーザーを検索できる「同僚ネットワーク」などの機能が紹介されています。

 私はこうしてブログに記事を書き、読書関係のSNSにも入っていますが、mixiには入っていません。ですから、今mixiがどうなっているのか、他人から聞くうわさ程度にしか知らないのですが、この記事には少し驚きました。
 招待制から登録制への変更も、ユーザー数がこんなに(この7月で2100万人)増えたんじゃ、招待制による「安心感」は期待できないので、それなら登録制でもいいんじゃないか?という、安直に私が思っていたものとは違う理由がありました。
 それから、前述の「同僚ネットワーク」にも素朴な疑問。同じ会社の社員だからと言って、検索されて「マイミクになってください」なんてと言われることをmixiユーザーは望んでいるんでしょうか?「デジタルガジェット」の特集で「渋谷・品川での所持率は90%以上」と書かれていたiPhoneはもちろん、他のスマートフォンも持っていない私には分からない、時代の流れや考えがあるのかもしれません。

 mixiの新機能と今後の展望については、一昨日(2010.9.10)行われた「mixi meetup 2010」を紹介したIT media Newsのこの記事が詳しいです。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

靴・バッグ・サイフのネットショップ「javari」サマーセール

 以前にも「送料&返品無料の靴・バッグ・サイフのネット通販専門店「javari」」という記事でお知らせした、アマゾン・ジャパンが運営するショッピングサイト「javari」が、サマーセール第2弾を開催中です。

 靴もバッグも、安いお店に行けばウンと安く買えますが、そういうものは傷みやすかったり、デザインが今いちだったりします。かと言ってブランド品は高い。セールと言ってもやっぱり少し高いです。でも、50%OFFなら手が届かないことはない。「いいものを安く」とは言いません。「それなりのお値段で」どうぞ。

 それから念のため。「javari」は「送料・返品無料」なので、画面で見て思っていたのと違ったり、靴なら履き心地が悪かったりしたら返品できます。これも安心ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月30日 (水)

世界最小級 大人のダイヤブロック

ナノブロック:ノイシュバンシュタイン城

 子どもの頃にブロック遊びに夢中になった方も多いのではないでしょうか?カラフルなブロックを1つずつ組み合わせていくと、車になったりロケットになったり...。調べてみると国産のダイヤブロックは、私が生まれる前年の10月に発売になっていました。当時としては、私は「流行りの新しいおもちゃ」で遊んでたんですね。

 そして一時の流行で終わることなく、さまざまな形状のブロックやシリーズとして進化し続けて現在に至っています。でも、これまでは基本的には子ども向けだったと思いますが、今回入手したダイヤブロックの新シリーズ「ナノブロック」のターゲットは間違いなく大人です。
 ナノブロックの一番小さいブロックは何と4ミリ角。おそらく手で組み立てられるギリギリの小ささじゃないでしょうか?幼児には扱えません。きっと食べちゃうと思います。だから「大人向け」?いやいや、それだけではありません。

 ブロックが小さいということの意味は、もちろん一つは「小さな作品が作れる」ということ、そしてもう一つは「細かい表現ができる」つまり「よりリアルな作品が作れる」ということです。リアルを追求する大人がはまること、間違いなしです。
 まぁ、最初っから大作に取り組むわけにもいきませんから、ダイヤブロックでは設計図付きの「東京タワー」「パリのセーヌ河岸」などの情景シリーズ、「姫路城」「戦艦大和」などのリアルホビーシリーズなどをラインアップ。私が作った右上の写真は「ノイシュバンシュタイン城」です(大きさを分かりやすくするための10円玉を一緒に置きました)。

「ナノブロック」をAmazonで購入
「ナノブロック」の公式サイトへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

革の財布や鞄や小物って、大人っぽいと思いませんか?

クリヤーフォルダー

 モニプラを通して、システム手帳・財布・鞄のCカンパニーさまから「クリヤーフォルダー」をいただきました。感謝。

 あまり上手に撮れませんでしたが、いただいたのは右の写真の無色半透明のクリヤーフォルダーです。「C COMPANY LIMITED」というロゴが入っている以外は、よくあるヤツです。数えたことはないですが、私の職場の机にもきっと100枚近くあると思います。
 実は私、このクリヤーファイルを書類整理に多用していて、それが100枚近く持っている理由です。会議やら報告やらで書類が多い職場なので、とりあえず案件ごとにクリヤーフォルダーに挟んで、ボックスファイルへ(これで「整理」と言えるかどうか疑問ですが)。大きさの違う書類やパンフレット、時にはサンプル品やCD・DVDなんかも入れておけるので、重宝しています。

ペンケース商品画像

 そうそう、いただいたモノが「よくあるヤツ」でも問題なし、Cカンパニーさんはクリヤーフォルダーの会社じゃなくて、これはあくまでもネットショップオープン10周年の記念品ですから。それじゃ何の会社かと言うと、最初に書いた通り「システム手帳・財布・鞄」のお店です。
 一緒に送られてきた商品カタログを見ると、牛革に染色をした大人のムード漂う品物が満載です。手帳と財布と鞄を同じシリーズで揃えれば、気分はワンランク上の大人になれそうです。父の日のプレゼントに欲しい! まぁ、おこづかい生活の娘にはムリですけどね。

 シリーズで揃えるのは諦めて、1つだけもらえるとしたら、左上の写真の「レクト・シリーズ」のペンケースが欲しいです。色はブラックがいいです。職人さんの手作業によるムラ染め。実用性と高級感が写真からも伝わってきます。
 実は今、会議や出張に持って行っているペンケースは、いつかのクリスマスパーティで当たった、水色の水玉模様のなんですが、私が机にそれを取り出すとスゴイ違和感が漂うんです(気にしているのは本人だけ、という指摘もありますが)

「レクト・シリーズ」ペンケースの商品ページへ
永く愛される使い心地の手帳・財布・鞄ファンサイト応援中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«夏の昼食に最適。冷たいパスタをご紹介。