0.本の評価について

2006年1月19日 (木)

本の評価について

各々の記事の冒頭にある本の評価について説明しておきます。

評価の☆の数はおおむねこんな感じで付けています。

☆☆☆☆☆:とても楽しめた(役に立った)。大いにおススメ。
☆☆☆☆  :楽しめた(役に立った)。おススメ。
☆☆☆    :自分としては、まぁ楽しめた(役に立った)。興味のある人はどうぞ。
☆☆      :ちょっと期待はずれだった。おススメはできない。
☆        :これはダメだと思う。

 正直に言って、読んだ本の評価を5段階で付けるのは難しいです。でも、いろいろな方のブログや書評を見て、定量的な評価がついていると、その本を読むかどうかの判断の助けになったので、私も敢えて評価を付けてみました。
 基本的には、私が読みたいと思った本を読んでいるので、☆3つ(自分としては、まぁ楽しめた)以上に偏っています。だからこそ逆に、☆4つ以上は慎重に吟味しました。

 シリーズ物の場合、第1巻より第2巻、3巻の方が面白い、ということがあり得ます。その場合は、そのままそれぞれの巻の評価を付けています。しかし、シリーズ物の場合は、前後のつながりも重要です。後の巻に高い評価が付いている場合は、その巻だけを読むのではなく、(少しがまんして?)第1巻から順に読むことをおススメします。

 先ほど「基本的に、私が読みたいと思った本を...」と書きましたが、ノンフィクションや実用書などの場合、時によっては、私自身の考えと相容れない主張をされている本を敢えて読むこともあります。
 ある人やその主張に耳を傾けるには、それが書かれている書籍を読むのが、テレビのインタビューや雑誌の記事の何倍も正確だと思うからです。そうした場合は、本の評価がどうしても低くなってしまいます。自分の考えと違うものを他人にはおススメできないですから。

 最後に、私の評価がどなたかの参考になれば、これに勝る喜びはありません。誠実さを持っていらっしゃる限り賛否は問いません。ご意見・ご感想のコメントやトラックバックを歓迎します。

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「本の評価について」 固定URL | 0.本の評価について | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0.トラックバックについて 0.本の評価について 1.ファンタジー 11.トールキン 12.C.S.ルイス(ナルニア国) 13.ル・グウィン(ゲド戦記) 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 15.サトクリフ 16.上橋菜穂子 17.P・ステュワート(崖の国) 18.ガース・ニクス(王国の鍵) 19.D・デュエイン(駆け出し) 1A.たつみや章 1B.畠中恵 1C.小野不由美 1D.仁木英之(僕僕先生) 1E.阿部智里(八咫烏) 1F.荻原規子 1Z.その他ファンタジー 2.小説 21.村上春樹 22.有川浩 23.森見登美彦 24.恩田陸 25.梨木香歩 26.万城目学 27.三浦しをん 28.重松清 29.小川洋子 2A.あさのあつこ 2B.近藤史恵 2C.和田竜 2D.高田郁 2E.瀬尾まいこ 2F.辻村深月 2G.朝井リョウ 2H.池井戸潤 2I.宮下奈都 2J.柚木麻子 2K.原田マハ 2L.瀧羽麻子 2M.小川糸 3.ミステリー 31.伊坂幸太郎 32.東野圭吾 33.森博嗣 34.加納朋子 35.三崎亜記 36.ダン・ブラウン 37.ダレン・シャン 38.フィリップ・プルマン 39.小路幸也(バンドワゴン) 3A.三上延(ビブリア古書堂) 3B.ジェフリー・アーチャー 3C.柳広司(Joker Game) 3D.大沼紀子(まよパン) 3F.中山七里 3G.海堂尊 4.エッセイ 5.ノンフィクション 51.塩野七生 52.感動コミック 53.池上彰 54.グラハムハンコック 6.経済・実用書 61.鈴木博毅 7.オピニオン 71.香山リカ 8.雑誌 9.その他