9.その他

2017年11月 5日 (日)

都市と野生の思考

著  者:鷲田清一、山極寿一
出版社:集英社インターナショナル
出版日:2017年8月12日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 京都市立芸術大学学長の鷲田清一さんと、京都大学総長の山極寿一さんの対談本。

 京都市の西と東に位置するそれぞれの大学のトップ、という現職の立場だけでなく、同年代(山極さんが2歳年下)で、京都大学の学生として過ごしたという青年時代、など、共通点の多いお二人。さらには、これまでにも多くの研究会で顔を合わせていたそうだ。

 しかし、鷲田さんは京都生まれで一旦京都を離れた人。山極さんは東京生まれで京都に来た人。もちろん専門も「哲学」と「ゴリラ研究」と、全く違う。この共通点と相違点の両方があることが、対談の話題に幅と面白さを与えている。山極さんから「ゴリラ」以外の深い話を伺うことができた。

 対談のテーマは「大学」「老いと成熟」「家と家族」「アートと言葉」「自由」「ファッション」「食」「教養」「AI時代の身体性」。このようにテーマは、とてもとても幅広いのだけれど、繰り返し言及される話題がいくつかある。一つは「多様性が安定性を担保する」ということだ。

 山極さんは、大学をジャングルに例える。ジャングルは陸上で生物の多様性が最も高い場所。その多様性が環境変化に対する安定性につながっている。大学も多彩な人材が集まって多様な研究を自由に行える場であるべき、という。多様性が安定性につながることは、もっと広く社会に対しても言える。

 また「自分の生活を自分で何とか築き上げる力」にも、繰り返し言及される。鷲田さんはこの力を「ブリコラージュ」という言葉で表現する。ありあわせのものを使って自分で何とかする、という意味の言葉。アーティストはそういうことをする、と鷲田さんは言う。ここでいう「アーティスト」の「アート」は「リベラル・アーツ」の「Arts」を含意して、「生きるための技術」を指すと考えていいだろう。

 実はこの「ブリコラージュ」という言葉は、文化人類学者のレヴィ=ストロースが、「野生の思考」という著書の中で使った言葉で、本書のタイトルは、この本のタイトルに「都市」をつけ足したもの。だから「ブリコラージュ」は本書のキーワードと言えるだろう。

 余談。帯にお二人の顔写真に重ねて「哲学者×ゴリラ」と書いてある。鷲田さんは「哲学者」だけれど、山極さんは「ゴリラ」ではない。でも違和感はない。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「都市と野生の思考」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

新聞記者

著  者:望月衣塑子
出版社:KADOKAWA
出版日:2017年10月10日 発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 著者は東京新聞の記者。彼女の名前はネットを中心にしてずい分と有名になった。通常は、新聞社の記者の名前が、そうそう人の口に上ることはない。新聞の記事に署名はついているけれど、よほど注目を集めた記事や関係者でもない限り、記者名を気にすることはあまりないからだ。

 また「望月衣塑子」という名前は覚えていない人でも、「官房長官の会見でしつこく質問を繰り返す女性記者」には、心当たりがある人が多いのではないかと思う。本書はその望月記者が自分の生い立ちも含めて、新聞記者の仕事、先輩や取材相手から教わってきたこと、などを記したもの。

 彼女は小学生のころは児童劇団、中学では芸能事務所にも所属して、演劇の道を志していたそうだ。中学2年生の時に、フォトジャーナリストの吉田ルイ子氏の「南ア・アパルトヘイト共和国」という本に出会ったことが、ジャーナリストを目指すきっかけとなった。

 そして、慶應義塾大学の法学部政治学科に進み、就職活動では新聞社や放送局を回って、最初に内定を手にした東京新聞に就職する。..と書けばあっさりしているが、大学時代のサークルやゼミ、留学先でのエピソード、就職活動で大手は軒並み落とされまくる経緯は、とても「あっさり」ではない。

 さらに、東京新聞の千葉支局に配属された駆け出し記者時代等々「なるほど、こうやってあの望月記者が出来上がったんだ」という内容だった。ただ、本書を読む人は「望月記者の人となり」だけでなく、「あの官房長官会見の周辺事情」も知りたいと思っているはずだ(少なくとも私はそうだ)。心配ない。著者はそれにもちゃんと応えている。

 安倍政権を「支持する人」と「支持しない人」との間の溝が深い。「支持しない」を「反安倍政権」と捉えるのは、根本的な誤りだけれど、その「誤り」が溝を深くしていると思う。そして、著者も「支持しない」けれど「反安倍政権」ではない。記者として当たり前のことをやっているだけだ。

 著者がジャーナリストとしてこれまでに得た情報や事実は、広く知らせる公益性があることが多い。本書を読めばそれが分かる。おそらく今後得るものもそうだろう。その「公益性」の対象には「支持する人」も入っているのだけれど、それを理解してもらうのが難しいほどに溝は深い。残念。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「新聞記者」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

ポストデジタル時代の公共図書館

編  者:植村八潮、柳与志夫
出版社:勉誠出版
出版日:2017年6月5日 初版発行
評  価:☆☆(説明)

 まず最初にタイトルの「ポストデジタル」について。本書は当初「公共図書館と電子書籍」というテーマで企画された。しかしそれでは、類書がすでにあり議論に広がりもないため、「デジタル時代の公共図書館」とテーマを改めたそうだ。切り口を「電子書籍」から「デジタル時代」に広げることで、議論にも広がりを、という狙いだろう。では「ポスト」はどこから?..それは後ほど。

 全部で8章。内容的には「電子書籍・電子図書館の課題」「米国における公立図書館と電子書籍」「電子書籍がもたらす変革と図書館の対応」「大学図書館における現状と問題点」「公共図書館におけるデジタルサービスの位置づけ」「デジタルアーカイブ」について2章「公共図書館の未来と展望」

 生真面目な本だ。上に書いた「内容」は章のタイトルを要約したものなのだけど、これを見て思い浮かぶのは「○○白書」だ。最初の方に「現状」続いて「課題」その後に「個別の話題」最後は「展望」。それが悪いわけでない。「○○白書」がそうであるように「現状認識」には向いている。

 様々な統計データも丹念に調べられているし、テーマも網羅されている。特筆すべきは、米国の公共図書館についてのレポートで、彼我の違いがくっきりと浮かび上がる。テキサス州のある郡では「紙のない図書館」の3館目が建設中だという。

 ただやはり残念に思う。デジタル環境の発展によって「図書館という仲介は、必ずしも必要ではないのだ」とか、「紙の資料を求める利用者と、貧弱なICT設備しか提供できない公共図書館との間で、需給の均衡が保たれている」とか。諦めてしまったかのような言葉が随所に見られる。

 残念に思うのはこのことだけではない。「ポストデジタル」は21世紀初頭までの「デジタル時代」ではなく、2010年以降の「Google検索とSNSコミュニケーション時代」を指しているそうだ。この認識には異論はあるが「ひとつ先の時代」という意識は分かる。

 先に「ポスト」はどこから?と疑問を投げかけたけれど、これは「ひとつ先」への期待と意気込みを表しているのだと思う。だからこそ、本書の議論が「現在まで」の「現状認識」で終わってしまっていること、その先については、ほとんど語られていないことを、とても残念に思う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ポストデジタル時代の公共図書館」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

ここが知りたい!デジタル遺品

著  者:古田雄介
出版社:技術評論社
出版日:2017年8月19日 初版第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「デジタル遺品」とは、故人がデジタル情報として遺したもののこと。スマートフォンやパソコンに保存された写真や書類、ブログやSNSの投稿などインターネット上のデータ、様々なサイトに登録したアカウント情報、ネット銀行や証券の口座とそこに残る預金や株式など、多種多様なものがある。

 著者はデジタル遺品研究会ルクシーという団体の理事。デジタル遺品の取り扱いに困った遺族のサポートや、遺族が困らないための生前準備の普及、の2つの活動を行っている。ルーツには東日本大震災での家族写真などの復旧活動があるらしい。

 本書は、団体の2つの活動に沿うように、(1)遺族としての向き合い方と具体的な方法と、(2)自分の資産をどうやって遺すかという準備、について説明する。本書の中でも言及されていたが、(1)の部分は(2)の倍ぐらいの分量がある。生前に自分で準備する方がずっとずっと楽、残された遺族が対処するのは困難なのだ。

 自分のデジタル資産は自分一代限りで結構、遺すつもりはない、という人も、自分はそれでいいけれど、遺族はそうはいかない。株式やFXで大金の請求が来ることだってある。「そんなものない」というのは、自分だから分かることで、遺族は「ないことも分からない」。「ない」なら「ない」ことが伝わるようにしよう。

 15年以上書き続けているこのブログは、この記事が1,229個目の記事だ。私があの世に行けば「デジタル遺品」になる。そうなった時にどうしたいか、考えたこともないけれど、考えておかないと残された家族を煩わせてしまうかもしれない。巻末の付録に「デジタル遺品・資産整理シート」が付いているので、活用してみたい。

 最後に。生前の準備の章のタイトルは「自分の資産を託す・隠す・整理する」サブタイトルにも「隠す!」の字があるけれど、家族や同僚に「何も隠すことはない」人はいいけれど、そうでない人はコントロールできるようにした方がいい、と思う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ここが知りたい!デジタル遺品」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

歌うカタツムリ-進化とらせんの物語

著  者:千葉聡
出版社:岩波書店
出版日:2017年6月13日 第1刷 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 新聞の書評で見て、興味を持ったので読んでみた。書評には「生物としてのカタツムリ」と「カタツムリの殻のようならせん状を描く科学の歴史」の二つを行き来して、やがて大きな一つの物語に編み上げていく、と書かれていた。

 タイトルの「歌うカタツムリ」について。おそよ200年前にハワイの古くからの住民たちは、森や林の中に湧き上がる不思議な音を、「カタツムリの歌(ささやき声)」だと考えていた。その後の研究者の多くは否定的であったが、その謎は完全には解けぬままとなった。そのカタツムリであるハワイマイマイが忽然と姿を消してしまったからだ。

 この「歌うカタツムリ」のことは、冒頭に紹介されたあとは、エピローグまで出てこない。その代わり、カタツムリに魅せられてそれを進化論的に捉えた、数多くの研究者とその研究内容のことが活写されている。研究者の「人となり」までが伝わってくることもある。

 私は全くの素人のため、正確に伝えられるかが不安だけれど、「カタツムリと進化論」の概説を試みてみる。カタツムリは同じ種であっても、その殻の形、大きさ、巻き方、色、模様などが異なる個体が存在する。同じ地域でも稜線を挟んだ別の谷には、殻の違う集団が生息する。それはなぜなのか?

 これには大きく二つの考えがある。一つは「自然選択による適応」、もう一つは遺伝的にランダムな偏りによる効果で「遺伝的浮動」と呼ばれる。前者は、よく聞く「適者生存」のこと。環境に適した者が生き残る。後者は「適者生存」を否定はしないけれど、それでは説明できない変化もある、という考え方。「稜線を挟んだだけ」で、いったいどんな環境変化があると言うのか?ということだ。

 で、まぁこの二つの考え方が、一方が有力になったかと思うと他方が盛り返す、ということの繰り返しが起きてきた。新聞の書評は、このことを情感を込めて紹介していたのだ。私が読みたいと思ったのには、書評の文章の力が大きい。

 なぜなら、「カタツムリの殻の形や模様」について、私はそんなに興味はないからだ。詳しく熱弁されても困る、というのが正直なところだ。

 でも「研究の視点」について気付かされることはあった。「還元主義的な考え(構成要素を細かく分解して考察する考え方)では生物の形は説明できない」とか、「いま観察できることだけでは、歴史の産物である影響は解明できない」とか。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「歌うカタツムリ-進化とらせんの物語」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

分解するイギリス 民主主義モデルの漂流

著  者:近藤康史
出版社:筑摩書房
出版日:2017年6月23日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 新聞の書評で知って読んでみた。英国の民主主義に起きた問題について知れば、今の日本の「なんだか気持ち悪い」政治状況を理解する助けになるかもしれない、と思ったからだ。

 順を追って説明する。まず、日本は民主主義のあり方の多くを、英国をモデルとして取り入れてきた。小選挙区制に始まり、マニフェストを掲げた政策本位の選挙を志向した。これによって選挙は「人」ではなく「政党」で選ぶようになった。これらは「政権交代」を実現し、首相のリーダーシップを強化した。

 ところが、モデルとなった英国の民主主義が漂流している。昨年の国民投票によるEU離脱派の勝利は、当時のキャメロン首相はじめ、多くの英国民の予想に反した結果だった。それはひとつの決定ではあるのだけれど、その後も、首相選びが二転三転する、EU離脱賛成反対の分断が深まるなど、政治社会の混乱が続いている。

 著者はこの混乱を、「ポピュリズムの台頭」というよくある文脈で捉えず、民主主義の「分解」として捉える。そして、英国の民主主義が安定していた時代から書き起こして、何が要因となってどうように分解していったかを、精緻な文章で描いていく。

 「いや、そこまで英国の政治状況に詳しくなるつもりはないので、もう少しかいつまんで..」と、正直思った。それは「日本の政治状況を理解する助けに」することを目的に読んでいる私の、勝手な要求なのだけれど。逆を言えば、本書は、コンパクトにしっかりと「英国の民主主義」が書かれた教科書のような本だ。

 でも、私の目的にとても役立つことが書いてあった。それは民主主義制度を「多数決型」と「コンセンサス(合意)型」に分類する考え方だ。言うまでもなく英国は「多数決型」。一人でも数が上回った方に決定権がある。それに対して、コンセンサス型は「なるべく多くの人が納得する選択肢」を選ぶ。

 「多数決型」の良いところは、意思決定が明確で早いこと。悪いところは、多くの「民意」がくみ上げられないこと。「民意」が多様化している現在においては、「くみ上げられない民意の方が多数」という状況さえ起きる。

 英国の制度をモデルとした日本でも、いや「二大政党制」になり損なった日本ではなお顕著に「悪いところ」が出ている。「なんだか気持ち悪い」政治状況の正体はこれかもしれない。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「分解するイギリス 民主主義モデルの漂流」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

虚構新聞 全国版

著  者:虚構新聞社 UK
出版社:ジーウォーク
出版日:2017年5月28日 初版第1刷 発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「フェイク・ニュース」という言葉を、多くの人が口にするようになったのは、昨年の米国大統領選の頃からだろう。トランプ候補がCNNやNew York Timesなど、自分に不利な情報を流すメディアをそう呼んだ。日本でも新聞やテレビなどに対して、そう呼んで非難する人も多い(本当に多いのかは疑問だけれども、ネットでそういう投稿やコメントを見ない日はない)。

 さて本書は、トランプ氏が大統領選の候補になる10年以上前の、2004年から13年間も日々(4月1日を除いて)、ウソの記事を配信し続けた、虚構のネットニュースサイト「虚構新聞」の記事を、253本厳選して収録した本だ。縦書き4段の新聞っぽいレイアウトでご丁寧に紙も新聞紙に似せた用紙を使っている。これがとても読みにくい。

 本書を読むのは、時間のムダ使いと言える。256ページとページ数は多くないのだけれど、新聞だからギッチリ字が詰まっている。新聞だから情報の密度も高い。結果としてけっこうな時間をかけて読むことになる。そして、そうやって得た情報の「全部がウソ」。おそらく何の役にも立たない。

 ただし「時間のムダ」と切って捨てられない何かが本書にはある。これという一つはっきりしたものではない。それは、誤りや逸脱が許されない今の社会の堅苦しさへの反定立かもしれない。または、単なるウソではなく必ず含まれる風刺や皮肉の小気味よさかもしれない。

 あるいは、記事にはそれに対応する事実があって、時代を映していることかもしれない。本書は最初が「2016-2017(年)」で次が「2014-2015]、以降だいたい2年ごとに遡るように編集されているが、読み進めると時代が逆に進んでいることがちゃんとわかる。「ウソ」でも時代性がある。さすが「新聞」だ。

 最後に。私が一番気に入った記事は「「疑似科学信じやすい」9割はO型」」。一番バカバカしくって好きな記事は「東京特許許可局前でバスガス爆発

※記事中に何度か「ウソ」と書きましたが、著者で虚構新聞社社主のUK氏は、「嘘ニュースサイト」と呼ばれることに、長年微妙な違和感を覚えていたそうです。本紙記事は「ウソ」ではなく、それを表す最適な言葉は「もうひとつの真実(オルタナティブ・ファクト)」だそうです。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「虚構新聞 全国版」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

15歳の寺子屋 ゴリラは語る

著  者:山極寿一
出版社:講談社
出版日:2012年8月30日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 著者は、京都大学第26代総長で、ゴリラ研究の第一人者。本書は「15歳の寺子屋」というシリーズで、科学者や哲学者やスポーツ選手など、その道を究めた方々が、15歳という「大人への第一歩を踏み出す」人たちへ贈る言葉が記されている。

 15歳の人たちに対して、ゴリラの研究がどんな役に?という疑問は、まぁ、当然の疑問だ。カバーにはこんなことが書いてある。「人間がどういう生き物なのかを知りたいときに、よき鏡となってくれるのが、ぼくたちと祖先を同じくしているゴリラなのです

 続けて「恋と友情の間で悩むのは、なぜ?家族の役割って、なに?戦争をするのは、なぜ?自然が必要なのは、なぜ?そんな難しい問いに、ゴリラはヒントをくれます」 「大人への第一歩を踏み出す」人たちに話すにふさわしいテーマだと思うがどうか?

 著者の話は、著者がゴリラ一家にホームステイしていた時のことから始まる。そう、ゴリラの研究は、ゴリラ流あいさつとゴリラ語を学んで、群れと一緒に暮らして(ホームステイして)その生活を観察する。ここでは、若い6歳のゴリラと一緒に、木の洞で雨宿りした経験が紹介されている。

 その後、話は一旦著者の子ども時代に戻り、人間不信に陥った高校時代を経て、大学そして霊長類、ゴリラの研究に至る道程が語られる。最初はニホンザルの、次にゴリラのフィールドワークを経験する。ある時、その視線の使い方の違いを知って、人間は「ゴリラの世界の方に属している」と気付く。おそらく、この経験が「ゴリラを通してヒトを見る」ことにつながったに違いない。

 例として「ゴリラを通して見たヒト」を一つだけ。ヒトは食物を分けあって顔を合わせて食べるけれど、ゴリラはそうしない。というか、食物は争いの種になるので、ほとんどの動物は別々に食事をとる。これはどういうことか?著者の見解は「あえて食事をともにすることで、絆を確認し共感を深める」。人間にとってそれだけ「共感」は、必要なものだったのだ。

 最初に書いたように本書は、15歳の人たちへ書かれたもの。しかし、私のように50歳を疾うに過ぎても、分からないことだらけなのだから、こういう本を糸口にして考えを巡らせるのも悪くないと思う。

 最後に。もしこの本が気になったら、著者の近刊「ゴリラは戦わない」も読んで欲しい。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「15歳の寺子屋 ゴリラは語る」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

茶色の朝

著  者:フランク・パヴロフ 訳:藤本一勇 メッセージ:高橋哲哉
出版社:大月書店
出版日:2003年12月8日 第1刷  2004年4月10日 第6刷 発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 ネットで話題になっていたので読んでみた。30ページほどの絵本に、12ページの「メッセージ」が付いている。

 主人公の「俺」は、友人から「愛犬を安楽死させなきゃならなかった」話を聞く。理由は「茶色の犬じゃなかったから」。この国では「茶色以外の犬、猫をとりのぞく」という法律が制定されたのだ。先月「俺」の白に黒のぶちの猫も始末された。その時は胸が痛んだが「あまり感傷的になっても仕方ない」と思い直した。茶色の猫を飼えばいいのだから。

 しばらくすると「街の日常」という新聞が廃刊になった。例の法律を批判していた新聞だ。それでもみんな、いままでどおり自分の生活を続けている。「俺」は思った。「きっと心配性の俺がばかなんだ」。その次は図書館の本、その次は...。

 「俺」は自らの破滅が身近に迫って、ようやく「抵抗すべきだったんだ」と気が付く。しかしすでに手遅れで、「俺」は「茶色の朝」を迎える。

 巻末の「メッセージ」によると、ヨーロッパでは「茶色」はナチスを連想させる色らしい。もう、多くを言う必要はないだろう。「こんなのおかしい」という気持ちを、騙し騙しして「大したことじゃない」と、流れに任せてしまったら、その流れの行き着く先は「茶色の朝」しかない。

 これも「メッセージ」によると、著者のフランク・パヴロフは、フランスで1990年代に、ジャン・マリー・ルペン率いる極右政党「国民戦線」の躍進に、危機感を覚えて本書を出版した。その後、多くの人が本書を読み「極右にノンを!」運動が盛り上がった。

 寓話による例えは、人の心に浸透しやすい。「物語には力がある」と言いたいところだけれど、過度の期待は禁物だ。お気づきだと思うが、先般のフランス大統領選挙で、マクロン大統領と共に決選投票に残ったマリーヌ・ルペン候補は、ジャン・マリー・ルペンの娘で後継者だ。すぐに忘れてしまうのは日本人だけではないらしい。

 さらに後ろ向きで恐縮だけれど、この絵本からメッセージを受け取るのは、元々極右思想に疑念を持っている人だけかもしれない。それでも本書を一人でも多くの人が目にするといいと思う。それが未来につながる希望。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「茶色の朝」 固定URL | 7.オピニオン, 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

スノーデン 日本への警告

著  者:エドワード・スノーデン、青木理、井桁大介、ベン・ワイズナーほか
出版社:集英社
出版日:2017年4月19日 発行
評  価:☆☆☆☆☆(説明)

 本書はエドワード・スノーデン氏が滞在先のロシアから参加した、2016年6月に東京大学本郷キャンパスで行われた、シンポジウムの内容を書籍化したもの。言うまでもないけれど、スノーデン氏はアメリカ政府がインターネットを通じた大規模な監視体制を、秘密裏に構築していたことを、資料と共に暴露した人だ。

 シンポジウムのタイトルは「監視の"今"を考える」。第一部がスノーデン氏へのインタビューと質疑応答、第二部が「信教の自由・プライバシーと監視社会 ~テロ対策を改めて考える」と題したパネルディスカッション。本書のそれに沿って2つの章で構成されている。

 スノーデン氏の話はどれも心に響いた。2つ紹介する。一つ目は「秘密主義は政治の意思決定のプロセスや官僚の質を変えてしまう」という話。「政府が安全保障を理由として、政策の実施過程は説明せず、単に法律に従っていると説明するだけとなれば(中略)やがて政府による法律の濫用が始まるでしょう」と語っている。現在の国会の状況を正確に予想していたかのようだ。

 二つ目は「言論の自由とプライバシー」についての話。「言論の自由やプライバシーの権利は社会全体に利益をもたらすものです(中略)異色な存在でなくとも、言論の自由やプライバシーの権利がもたらす利益を十分に享受しているのです」と言う。「普通に暮らしていてやましい事がないなら、共謀罪なんて心配しなくもいい」という考えが誤りだと分かる。

 パネルディスカッションはさらに刺激的だ。スノーデン氏が暴露したのはアメリカ政府の秘密で、幾分「対岸の火事」的な感覚がある。ところが米国と同じように、日本国内でもムスリムに対する監視が行われていたことが分かっている。イスラム教徒である、モスクに出入りしている、という理由だけで、「コンビニで何を買ったか」まで、調査されていた。

 最後に。「共謀罪」に関係して話題になった「国連の特別報告者」について。特別報告者の任命に至る経緯が書いてあった。2013年に「デジタル時代のプライバシー」という国連総会決議があり、各国の決議の実施状況を調査するために任命されている。決議にはもちろん日本も賛同している。国連からしてみれば「個人の資格で..」などと、どの口で言うのか?ということだろう。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「スノーデン 日本への警告」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.トラックバックについて | 0.本の評価について | 1.ファンタジー | 11.トールキン | 12.C.S.ルイス(ナルニア国) | 13.ル・グウィン(ゲド戦記) | 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ | 15.サトクリフ | 16.上橋菜穂子 | 17.P・ステュワート(崖の国) | 18.ガース・ニクス(王国の鍵) | 19.D・デュエイン(駆け出し) | 1A.たつみや章 | 1B.畠中恵 | 1C.小野不由美 | 1D.仁木英之(僕僕先生) | 1E.阿部智里(八咫烏) | 1F.荻原規子(RDG) | 1Z.その他ファンタジー | 2.小説 | 21.村上春樹 | 22.有川浩 | 23.森見登美彦 | 24.恩田陸 | 25.梨木香歩 | 26.万城目学 | 27.三浦しをん | 28.重松清 | 29.小川洋子 | 2A.あさのあつこ | 2B.近藤史恵 | 2C.和田竜 | 2D.高田郁 | 2E.瀬尾まいこ | 2F.辻村深月 | 2G.朝井リョウ | 2H.池井戸潤 | 2I.宮下奈都 | 2J.柚木麻子 | 3.ミステリー | 31.伊坂幸太郎 | 32.東野圭吾 | 33.森博嗣 | 34.加納朋子 | 35.三崎亜記 | 36.ダン・ブラウン | 37.ダレン・シャン | 38.フィリップ・プルマン | 39.小路幸也(バンドワゴン) | 3A.三上延(ビブリア古書堂) | 3B.ジェフリー・アーチャー | 3C.柳広司(Joker Game) | 3D.大沼紀子(まよパン) | 3F.中山七里 | 3G.海堂尊(田口・白鳥) | 4.エッセイ | 5.ノンフィクション | 51.塩野七生 | 52.感動コミック | 53.池上彰 | 54.グラハムハンコック | 6.経済・実用書 | 7.オピニオン | 71.香山リカ | 8.雑誌 | 9.その他