9.その他

2017年5月28日 (日)

スノーデン 日本への警告

著  者:エドワード・スノーデン、青木理、井桁大介、ベン・ワイズナーほか
出版社:集英社
出版日:2017年4月19日 発行
評  価:☆☆☆☆☆(説明)

 本書はエドワード・スノーデン氏が滞在先のロシアから参加した、2016年6月に東京大学本郷キャンパスで行われた、シンポジウムの内容を書籍化したもの。言うまでもないけれど、スノーデン氏はアメリカ政府がインターネットを通じた大規模な監視体制を、秘密裏に構築していたことを、資料と共に暴露した人だ。

 シンポジウムのタイトルは「監視の"今"を考える」。第一部がスノーデン氏へのインタビューと質疑応答、第二部が「信教の自由・プライバシーと監視社会 ~テロ対策を改めて考える」と題したパネルディスカッション。本書のそれに沿って2つの章で構成されている。

 スノーデン氏の話はどれも心に響いた。2つ紹介する。一つ目は「秘密主義は政治の意思決定のプロセスや官僚の質を変えてしまう」という話。「政府が安全保障を理由として、政策の実施過程は説明せず、単に法律に従っていると説明するだけとなれば(中略)やがて政府による法律の濫用が始まるでしょう」と語っている。現在の国会の状況を正確に予想していたかのようだ。

 二つ目は「言論の自由とプライバシー」についての話。「言論の自由やプライバシーの権利は社会全体に利益をもたらすものです(中略)異色な存在でなくとも、言論の自由やプライバシーの権利がもたらす利益を十分に享受しているのです」と言う。「普通に暮らしていてやましい事がないなら、共謀罪なんて心配しなくもいい」という考えが誤りだと分かる。

 パネルディスカッションはさらに刺激的だ。スノーデン氏が暴露したのはアメリカ政府の秘密で、幾分「対岸の火事」的な感覚がある。ところが米国と同じように、日本国内でもムスリムに対する監視が行われていたことが分かっている。イスラム教徒である、モスクに出入りしている、という理由だけで、「コンビニで何を買ったか」まで、調査されていた。

 最後に。「共謀罪」に関係して話題になった「国連の特別報告者」について。特別報告者の任命に至る経緯が書いてあった。2013年に「デジタル時代のプライバシー」という国連総会決議があり、各国の決議の実施状況を調査するために任命されている。決議にはもちろん日本も賛同している。国連からしてみれば「個人の資格で..」などと、どの口で言うのか?ということだろう。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「スノーデン 日本への警告」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

失敗の本質 日本軍の組織論的研究

著  者:戸部良一、鎌田伸一、野中郁次郎ほか
出版社:中央公論新社
出版日:1991年8月10日 初版 2015年5月20日 53刷 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 本書は1984年の発行の後30年あまりの間に、何度か注目をされてきた。例えば東日本大震災の後の政府の対応や、それ以前の危機管理の問題点を指摘する際に、多く言及されたという。何か大きな「失敗」や「危機」を感じた時に立ち返って紐解く、そんな本らしい。

 副題に「日本軍の組織論的研究」とある。本書は大東亜戦争時の日本軍の戦い方(特に失敗した戦い方)を、組織論の観点から研究したもの。その研究成果を、現代の日本の組織への教訓として活用することを目的としている。

 第三章まであるうちの第一章は、具体的な作戦を紹介、分析している。取り上げられた作戦は「ノモンハン事件」「ミッドウェー作戦」「ガダルカナル作戦」「インパール作戦」「レイテ海戦」「沖縄戦」の6つ。

 本書のキモはこの後で、第二章で6つの事例から共通する要素を取り出して、第三章でさらに理論的な考察を深めている。例えば「あいまいな戦略目的」「主観的で帰納的な戦略策定」「属人的な組織の統合」「プロセスや動機を重視した評価」などの項目が上がっている。

 正直に言って読むのに忍耐を強いられた。特に第一章がつらい。要約や妥協をすることなく作戦を詳細に記してあり、膨大な情報量に圧倒されて一読しただけでは頭に入らない。この章はケーススタディのケースにあたる部分なので、短く要約してしまうわけにはいかないのも分かるけれど、それにしても細かい。

 最後に。本書が、著者たちの英知の結晶で大変な労作だということはよくわかる。ただ、第二章と三章で抽出された項目は、「戦略・目的はあいまいではいけませんね」といった、ごくありふれたものばかりだと思う。

 それでもなお本書が「名著」と言われるに値するのは、「大東亜戦争時の日本軍の戦い方の研究」という大仕掛けによるところが大きい。いきなり「戦略・目的は明確に」と言われてもありがたくもなんともないからだ。これってつまり「プロセスや動機を重視した評価」ってこと?というのはひねくれ過ぎか。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「失敗の本質 日本軍の組織論的研究」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

ゴリラは戦わない 平和主義、家族愛、楽天的

著  者:山極壽一、小菅正夫
出版社:中央公論新社
出版日:2017年2月10日 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 京都大学第26代総長で、ゴリラ研究の第一人者の山極壽一先生と、旭山動物園で行動展示を取り入れて一躍有名にした、前園長の小菅正夫さんとの対談本。人間より他の動物たちの方により愛着があるんじゃないか、と思われるお二人。以前に一緒にコンゴにゴリラを見に行ったことがある。そのあたりのことから掘り起こして、ゴリラについて語り合う。

 ゴリラはシルバーバックと呼ばれる、大人のオスをリーダーにした群れで暮らす。そのリーダーは群れのメンバーに信頼されてなる。何かあれば前面に立つ。でも相手を威嚇することはあるけれど、若いオスを除いて喧嘩はしないらしい。タイトルの通り「ゴリラは戦わない」のだそうだ。

 それに対してニホンザルのボスは力で群れを従える。もし群れを離れて他の集団に行くと最下位のオスになってしまうらしい。力を示さないとボスとして認められない。「あえて勝とうとしない、でも負けない」ゴリラ社会と、「勝ち続けていないと自分の地位が脅かされる」ニホンザル社会の違いがある。

 話題としては面白い話で、その他のたくさんの「ゴリラ」ネタもあってそれだけでも興味深い本だ。しかし、それだけではない。「ヒトと近い類人猿であるゴリラの社会を知ることによって、人間のことをよく知る」ということもできる。以前に読んだ山極先生の「京大式 おもろい勉強法」にもそんなことが書いてあった。

 さて、ゴリラとニホンザルの比較によって見えた人間のこととは?人間の社会がニホンザルに近づいているのでは?ということかも。つまり「勝ち続けていないと自分の地位が脅かされる」...。

 もうひとつゴリラとニホンザルやチンバンジーとの違い。相手の出方を待つこと。相対した時の間の取り方が長い。相手がどうするかを予測して、もの凄く考えているらしい。すぐに手をださない。

 山極先生はこんなことも言っている。「だから、ゴリラにとって、人間はアホなんですよ。ちょっとチンパンジーに似ていてね

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ゴリラは戦わない 平和主義、家族愛、楽天的」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

図書館が教えてくれた発想法

著  者:高田高史
出版社:柏書房
出版日:2007年12月20日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 よく利用する図書館に「図書館の未来(これから)を考える」と銘打ったコーナーが作られていて、そこにあった1冊。そのコーナーと本書のタイトルに引っかかりを感じて手に取った。

 図書館のアルバイトである主人公に仕事を教える、という物語の体裁で、図書館の「レファレンス・サービス」を紹介する。その主人公の名は上田彩乃、歳は21歳。ぶらりと立ち寄った図書館で、1か月半の短期アルバイトについた。志望動機は「調べものがうまくなりたくて..」

 彩乃の指導係の伊予さんが、彼女の志望動機を聞いて、図書館の仕事をしながら1日に10分ぐらいずつ、図書館での調べもの(リファレンス・サービス)について話してくれることになった。物語は、日記のように日付がついた形で、一日一日の記録として綴られている。

 図書館で調べ物をするには...。まず空間を把握。一般書のコーナー、事典などの参考図書のコーナー、児童書、雑誌、新聞、郷土資料...。次には分類番号。例えば「ニワトリ」の本を探すなら「4自然科学」「8動物」「8鳥類」「4ニワトリやハトの仲間」で、「4884」が「ニワトリ」の本の分類番号。

 こうやって「自然科学」>「動物」>「鳥類」>「ニワトリ」と「絞る発想」と同時に、「広げる発想」も必要。絞った段階を戻って「488鳥類」や「480動物全般」のところにある本に、ニワトリのことが書いてあるかもしれない。さらには「6産業」の中の「645家畜・畜産動物」も見た方がいい。調べる内容がどんな本に載っているかをイメージすることが大切だ。

 ここに書いたことは、まだ図書館の調べものの方法の入口。なかなか奥が深くて、書いてあることをすべて習得すると、図書館の調べものの達人になれそうだ。

 ただ、本書を読んでいて途中でふと思う。「これは図書館員向けの指南書なのか?」「図書館員になる予定はないので読んでもムダ?」。これら疑問への答えは半分YESで半分NO。まずは、よくできた指南書になっている。それからよく噛まないと消化できないけれど、汎用的な発想法にも応用ができる。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「図書館が教えてくれた発想法」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

キャスターという仕事

著  者:国谷裕子
出版社:岩波書店
出版日:2017年1月20日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆☆(説明)

 著者のことは多くの方がご存じだと思うが、敢えて紹介する。「クローズアップ現代」というNHKの報道番組のキャスターを、1993年から2016年までの23年間、基本的にひとりで務めた人だ。そしてその降板にあたっては「政府からの圧力」を取り沙汰されている。

 本書は「クローズアップ現代」の10年ほど前、著者がNHKの英語放送のアナウンサーとして雇用されたところから書き起こされている。その後、総合テレビのキャスターとしての挫折、衛星放送で鍛えられた経験などが短く紹介される。残り8割「クローズアップ現代」の日々が、著者が持つ鋭い問題意識を通して様々に綴られている。

 繰り返し言及されるのは「言葉の力」「言葉の怖さ」だ。テレビの世界にあっては「映像」こそが最大の「情報」。しかし「映像」は複雑な問題や思想を伝えることができない。そこで重要になるのが「言葉の力」。それはニュースでは視聴者に語りかけるキャスターが担う。

 しかしその「言葉」には怖さもあると著者は言う。例えば「ねじれ国会」。ただ単に、衆参の多数党が違う状態を表しただけの言葉のはずが、「正常ではない事態」というニュアンスを含む。そうすると「正常化」しようという投票行動を、意図せず誘導することになりはしないか?著者の言葉へのこだわりはこれほどにも厳密で繊細なのだ。

 とにかく示唆に富んだ言葉がたくさんある。報道や今の社会のあり方に関心がある方は、是非読んでほしい。

 最後に「政府からの圧力」について。本書を手に取った人の多くは、そのことにも関心があっただろう。ネタバレになるけれど、そのことについては明言していない。しかし「伝える仕事」を長く続けてきた著者が、何も伝えていないとも思わない。全体ににじみ出る私たちへの「警告」のニュアンスから「圧力はあったのだ」と私は感じた。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「キャスターという仕事」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

ネット炎上対策の教科書

著  者:小林直樹
出版社:日経BP社
出版日:2015年6月23日 初版第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 本書はネットの炎上事件の「傾向と対策」を書いた教科書だ。主に企業に関わる炎上をテーマにしている。「「炎上」の新傾向と対策」「~の基礎知識編」「組織としての準備・対策編」「こんなときどうする?」「攻めの活用編」の5章からなる。

 著者は「日経デジタルマーケティング」という雑誌の記者。この雑誌は、企業のデジタル活用の取り組み、業界動向、成功・失敗事例を紹介している。企業にとって「炎上」は、企業のブランド毀損という、マイナスのマーケティングとなってしまう。だから「対策」が必要なのだ。

 最近の傾向として「偏見を助長するコンテンツ」が危ないらしい。例えば男性の上司が女性の部下に「なんか顔疲れてるなあ」と話しかける、ルミネのYouTube動画。「女性は(女性だけが)きれいになる努力を怠ってはいけない」という偏見を助長する、ということだろう。この動画は私も見たけれど、確かにあんまりな感じだった。

 ルミネのようにネットを活用していなくても「炎上」と無縁ではいられない。社員が何か不注意な発言をSNSですると、ネガティブな反応が企業に帰ってくる。もし企業のビジネスに関することであれば、社員の個人的な意見であっても、「あの会社の社員が...」という大まかなとらえ方をされる。

 事前に防止するためには「多くの目でチェック」。起きてしまった後は「素早く」「ファクトに基づいた対応」などが求められる。「誤解を招いたとすれば..」「結果として..」などは禁句。多くの場合は企業側も被害者の側面もあるが、そこは前面にださない。とりあえずこれくらいは心得ておこう。

 「教科書」と銘打つだけあって、よくまとめられている。企業の勉強会などで使ってはどうだろう。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ネット炎上対策の教科書」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

マンガで読む真田三代

著  者:すずき孔 監修:平山優
出版社:戎光祥出版
出版日:2016年1月10日 初版初刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 昨年の大河ドラマ「真田丸」はとても面白かった。視聴率もよかったようだ。主人公は真田信繁(幸村)だったけれど、前半はその父の昌幸の見せ場が数多くあった。

 実は、真田家の物語は、昌幸の父の幸綱(幸隆)から始めて、昌幸と信幸(信之)・信繁の兄弟へ至る「真田三代」として語られることも多い。本書はその「真田三代」マンガで紹介する。監修は「真田丸」の時代考証を担当した平山優さん。

 真田三代には物語にしやすいエピソードや人物が数多くある。(1)武田・村上に奪われた真田の郷を、武田に臣従することで取り返した、真田家の祖である幸綱。(2)幸綱の息子たちで、勇猛さで知られた信綱と昌輝の兄弟(昌幸の兄たち)。信綱と昌輝が長篠の戦いで戦死したのちに家督を継いだ昌幸。

 ここから先が「真田丸」で描かれた時代。(3)昌幸が徳川軍を二度にわたって退けた上田合戦。(4)大坂の陣で家康を追い詰めた信繁。(5)明治維新を越えて現在まで続く松代真田家の祖となった信幸(信之)。(6)これに信幸の妻である小松姫のエピソードを加えた6つの物語を、本書ではテンポよく時にユーモアを交えて紹介する。

 すごく面白いので、「真田丸」で真田家のことに少しでも興味を持った方は、ぜひ読んでほしい。人物事典や史跡案内、エピソード集、年表などの「資料編」つき。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「マンガで読む真田三代」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

バンビと小鳥

作  者:樋上公実子 
出版社:ポプラ社
出版日:2016年11月 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 帯には「見る人の心をたちまち幻想の世界へといざなう 樋上公実子、はじめての自作絵本」とある。作者の樋上さんはこれまで絵本、書籍の装画、パッケージデザインなどを幅広く手掛けてこられたが、物語の文章もご自分で書かれた作品は本書が初めて。

 主人公はバンビと呼ばれている少女。いつも美しい鹿皮のスカートをはいていたから、そう呼ばれている。そのスカートは、バンビにぴったりで「どこからがスカートで、どこまでが自分なのか、わからないぐらい」だった。

 不思議なことにそのスカートをはくたびに、どこか遠くから、誰かが自分を呼ぶ声が聞こえるような気がした。ある日、庭に来た小鳥に誘われて出かけて行くと...というお話。

 お話も絵も、私はこういうのは好きな方だ。作者の絵については、プロフィールで「幻想的で優美な独自の世界」と紹介されている。私は「おとぎ話の忘れ物」や「柘榴姫社交倶楽部」などの絵では、もう少し「妖しい」感じを受けた。その妖しい感じを含めて言い表すいい言葉がなくて、辞書をひいてやっとこれかな?と思ったのは「蠱惑的」という言葉。

 本書の絵は「妖しい」が抑え気味で、プロフィール通りの「幻想的で優美」な感じがする。もちろん「妖しい」も作者の絵の魅力だけれど、ドキドキしてしまうので、私としてはこのぐらいが安心して見ていられる。

 お話については..。これだけ短くてシンプルな物語の中に、わくわくする気持ちと不思議さと哀しみと切なさと..家族の暖かみまで。ずいぶんたくさん楽しませてもらった。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「バンビと小鳥」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

スタンフォードの自分を変える教室

著  者:ケリー・マクゴニガル 訳:神崎朗子
出版社:大和書房
出版日:2012年10月31日 第1刷 2014年4月15日 第23刷 発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 2013年ビジネス部門年間ベストセラー第1位(日販/トーハン)など、その年のビジネス書のベストを総ナメにした感のある人気書籍。

 本書は、著者がスタンフォード大学で開講している公開講座「意志力の科学」を、書籍として再現したものだ。それは、大学の一番大きな講堂を受講生で埋め尽くすほどの人気講座だ。この講座では「意志力」を「注意力や感情や欲望をコントロールする能力」と定義している。

 できるだけ講座を再現する意図もあって、本書は、講座の回数と同じように10章からなり、講座と同じように、各章の最後に「意志力の実験」と称して、家でやってくる課題が書かれている。読者は、1週間に1章づつ読み進めて、その間に課題をこなしていけば、「注意力や感情や欲望をコントロール」できるようになるという寸法だ。

 ためになった。講座の修了生のように「人生を変える授業だった」とまでは思わなかったけれど、少し「意志力」が上がったと思う。

 本書の特長を一つ挙げると、「精神論」を極力排して、科学的知見を基に議論を進めたことだ。精神論で闇雲に頑張っても上手くいかないのは当然だ。それどころか、従来の常識を覆すようなことがたくさん分かった。例えば「意志力を強くするためには、もっと自分に厳しくする必要がある」というもの。これは数々の実験で、間違いであることが明らかになっているそうだ。

 それから「なるほど」と思ったのは「瞑想」。前頭前皮質という脳の意志力に関わる部分への血流を増す、という効果があるそうだ。ただし簡単にはできない。すぐ何かが頭に浮かんでしまって「これじゃダメだ」と打ち消して..となってしまう。でも、それでいいそうだ。目標から逸れた自分を引き戻す、との行い自体が、集中力を付けるトレーニングになるそうだ。

 最後にひとつ、5分でできる課題を。「これから5分間シロクマのことを考えないように集中してください」。

 すみません。実はこれは意地悪な課題です。ほとんどの人は、こう言われたらシロクマのことを考えずにはいられないそうです。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「スタンフォードの自分を変える教室」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

可愛いままで年収1000万円

著  者:宮本佳実
出版社:WAVE出版
出版日:2015年7月10日 第1刷 9月1日 第4刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 50すぎのおっさんの私には、あまりに不似合いなタイトルですが、貸してくださる人がいたので読んでみました。ちなみに「可愛いままで」は、「女性が女性らしく、自分の大切なものを大切にしたまま」というような意味だそうだ。

 著者は「ワークライフスタイリスト」を名乗る、1981年生まれの女性。28歳の時にパーソナルスタイリストという仕事で起業し、年収1000万円を目指すことに。パーソナルスタイリストというのは、「洋服のショッピングに同行して、お客様の似合うコーディネートを選ぶ」といった、個人向けのファッションアドバイザーのような仕事。

 ここで「誰かに買い物についてきてもらうのに、お金を払う人なんているの?」なんて思った人はいないだろうか?著者のご主人だった人はそう思ったようだし、私もちょっとそう思った。「しかも年収1000万って、夢みたいなことを」と思った人は?著者の周りにはそんな人ばかりだったそうだ。...著者は年収1000万を実現した。しかも週2日の実働で!!

 著者がその目標を実現したと分かっても「それは条件が揃ってたから、うまくいったんだよ」と、自分とは違う特別な何かを探してしまう。それが人の常だと思う。著者はだから「こうやって、こうやったらうまく行きました」と、丁寧に説明してくれる。それでも「そんなうまく行くかなぁ?」と思ってしまうのも同じ。

 実際のところ、書いてある通りにやってうまく行くかどうかはわからないし、著者だって責任をとってくれるわけではない。1000万を目指さなきゃいけないわけでもない。でも本書には、いいことがたくさん書いてあった。例えばこんなこと。

 「自分の理想を書いてください」と言うと、遠慮がちなビジョンを書く人が多いそうだ。著者のコメントは「その遠慮は誰にしているのですか?」。私たちはいつからか「理想」を語る時さえ縮こまってしまうようになっている。

 最後に。本書を読み終わって痛切に感じたこと。「自分がどのようなコミュニティに身を置くか」これがとても大事。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「可愛いままで年収1000万円」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.トラックバックについて | 0.本の評価について | 1.ファンタジー | 11.トールキン | 12.C.S.ルイス(ナルニア国) | 13.ル・グウィン(ゲド戦記) | 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ | 15.サトクリフ | 16.上橋菜穂子 | 17.P・ステュワート(崖の国) | 18.ガース・ニクス(王国の鍵) | 19.D・デュエイン(駆け出し) | 1A.たつみや章 | 1B.畠中恵 | 1C.小野不由美 | 1D.仁木英之(僕僕先生) | 1Z.その他ファンタジー | 2.小説 | 21.村上春樹 | 22.有川浩 | 23.森見登美彦 | 24.恩田陸 | 25.梨木香歩 | 26.万城目学 | 27.三浦しをん | 28.重松清 | 29.小川洋子 | 2A.あさのあつこ | 2B.近藤史恵 | 2C.和田竜 | 2D.高田郁 | 2E.瀬尾まいこ | 2F.辻村深月 | 2G.朝井リョウ | 2H.池井戸潤 | 2I.宮下奈都 | 3.ミステリー | 31.伊坂幸太郎 | 32.東野圭吾 | 33.森博嗣 | 34.加納朋子 | 35.三崎亜記 | 36.ダン・ブラウン | 37.ダレン・シャン | 38.フィリップ・プルマン | 39.小路幸也(バンドワゴン) | 3A.三上延(ビブリア古書堂) | 3B.ジェフリー・アーチャー | 3C.柳広司(Joker Game) | 3D.大沼紀子(まよパン) | 3F.中山七里 | 3G.海堂尊(田口・白鳥) | 4.エッセイ | 5.ノンフィクション | 51.塩野七生 | 52.感動コミック | 53.池上彰 | 54.グラハムハンコック | 6.経済・実用書 | 7.オピニオン | 71.香山リカ | 8.雑誌 | 9.その他