2I.宮下奈都

2017年4月30日 (日)

ふたつのしるし

著  者:宮下奈都
出版社:幻冬舎
出版日:2017年4月15日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 2016年の本屋大賞を「羊と鋼の森」で受賞した、宮下奈都さんの2014年の作品。元は、若い女性を対象とした季刊の文芸誌「GINGER L.」に連載されたものらしい。

 主人公は二人のハル。柏木温之(はるゆき)と、大野遥名(はるな)。温之は勉強ができなかった。何かに集中すると他のことは見えない聞こえない、その場から一歩も動かない。遥名は優等生だった。でも、学校生活を無難に過ごすために、甘ったるいばかっぽいしゃべり方をしている。本書は二人がそれぞれ小学一年生と中学一年生の春から始まる30年を、数年ごとに描く。

 集団からはみ出さないように苦心する遥名と、「はみ出さないように」という考えを持ち合わせない温之。正反対のようでいて、二人とも「不器用」という点で共通する(遥名は器用過ぎて一周回って不器用だ)。そのためか、二人にはお互いには見える「しるし」があるらしい。その「しるし」がいつか二人を結びつける。

 不幸なことも起きるし心が痛む場面もあるけれど、全体として心温まる優しい物語だった。それは、二人の周囲にいつも誰か理解してくれる人がいたからだ。物語の最初から最後まで登場する友達も、ほんの少しだけの関わりの人もいる。「人は他人との関わりの中で生きている」と改めて思った。

 少し気になったこともある。二人の出会いの場面が不自然に感じることだ。二人は出会うべくして出会った、互いには見える「しるし」がある。さらにはその時には「特別」な事情もある。そういう説明はできるのだけれど、やっぱり「そんなんでいいの?」と。ただ、この物語の元々の想定読者である「若い女性」には、案外すんなり受け入れられるのかもしれない。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ふたつのしるし」 固定URL | 2I.宮下奈都 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

太陽のパスタ、豆のスープ

著  者:宮下奈都
出版社:集英社
出版日:2013年1月25日 第1刷 2016年6月6日 第9刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「羊と鋼の森」で今年の本屋大賞を受賞した著者の2010年の作品。

 主人公はあすわ(「明日羽」と書く)。ベビー服の会社に勤める30歳手前の女性。婚約者と洋食屋で食事をしている途中で、婚約解消を言い渡された。聞けば、もっと前から、新居を捜したり一緒に家具を見に行ったりしている時には、そう思っていたらしい。

 そんな失意の底にいるあすわを見て、何ごとかを察した叔母のロッカ(「六花」と書く)は、「やりたいことリスト」を作るように言う。それを、ひとつづつ自分で実現していくのだ。

 それでできたリストは「一、食べたいものを好きなだけ食べる。二、髪を切る。三、ひっこし。四、おみこし。五、たまのこし。」まぁ、投げやりでヤル気があまり感じられない。でも、このリストからあすわの回復と成長が始まる。

 冒頭の「婚約解消」を除いては劇的なことは起きない。リストに沿って、引っ越しをして髪を切って。これまでとは少しだけ違うことをした。そうしたら、家族の、友人の、同僚の、これまで知らなかった面が見えて来た。そのことが、あすわを少しだけ変えていく。そういうお話。あすわの言葉「私が選ぶもので私はつくられる」がキーワード。

 ロッカさんをはじめとして、あすわの周囲の人がいい。けっこう普段はぶっきらぼうだったり、身勝手だったりする。でも、優しさを感じさせる言葉を、さらっとあすわにかけてくれる(あまり上手に言えないお父さんはアイスをたくさん買ってくる)。

 最後に。あすわの元婚約者について。そう重要でもないだけれど、印象に残ったシーンがあるので。婚約を解消した食事からの帰りに、あすわが、どうして謝らないのかと聞く。彼は「え、謝ったじゃない」と答える。重ねて問うても「謝ったよ」と繰り返す。それも2回も。

 彼はこの前に「ほんとうに悪いとは思ってるんだ」と言っている。だから「謝った」と思っている。「謝ってるじゃん」と彼に同意する人もいると思うけれど、あすわはそう捉えなかったのだ。私はあすわに同意する。そしてこれは「よくあるスレ違い」だと思う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「太陽のパスタ、豆のスープ」 固定URL | 2I.宮下奈都 | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年5月15日 (日)

羊と鋼の森

著  者:宮下奈都
出版社:文藝春秋
出版日:2015年9月15日 第1刷発行 2016年4月15日 第10刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 今年の本屋大賞受賞作。著者の宮下奈都さんの作品を読むのは「誰かが足りない」以来(他には「Re-born はじまりの一歩」の中の短編も)。

 主人公の名前は外村。北海道の山の集落で育ち、高校生の時の偶然の経験をきっかけに、ピアノの調律師になった。本書は、外村がピアノの調律師として楽器店に就職してからの2年あまりを描く。

 外村は、ピアノが弾けない、音感がいいわけでもない。それでも調律師として仕事を任されるようになり、一進一退しながらも、評価してくれる顧客も現れる。それは、良き先輩調律師たちに囲まれたからと、山育ちの外村が他の人が持っていないものを持っていたからだ。

 彼の中にはたくさんの「美しいもの」が蓄えられていた。そのことに彼自身が気付く場面は印象的だ。彼は物事を素直に見つめる目を持っていた。本人は意識せずとも、そのことが顧客の少女を救い、その少女が彼を導くことになる。

 本屋大賞で書店員さんの評価が高いのも分かる気がする。読んでいて心地いい。できれば長く読んでいたい。読み始めてすぐに、ずい分前に読んだ小川洋子さんの「猫を抱いて象と泳ぐ」を思い出した。その時のレビューに「静謐な音楽か詩のような文章」と私は書いているけれど、本書もまさにそんな感じだ。

 もっと言えば、本書はピアノの調律を主題にしているからか、「音楽」そのもののようにも感じる。中山七里さんの「さよならドビュッシー」もそうだったけれど、本書からは「音楽」が聞こえてくる(ような気がした)。

 本を読んでいると時々、こんなふうに文章からリアルな感覚が呼び起こされることがある。そんな「文章の力の可能性」を感じる作品だった。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「羊と鋼の森」 固定URL | 2I.宮下奈都 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

誰かが足りない

著  者:宮下奈都
出版社:双葉社
出版日:2011年10月23日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 本屋大賞ノミネート作品。沼田まほかるさんの「ユリゴコロ」と同じく、私にとっては著者の初めての作品。私は本屋大賞を、新しい作家さんとの出会いに使っている。

 駅前の広場に面した「すごくおいしい」と評判のレストラン「ハライ」。本書はこのレストランにまつわる6つの物語からなる。と言っても、レストランそのもののシーンはごくわずか。それぞれの物語の主人公たちが「ハライ」へ食事の予約を入れる、という形で関わっている。さて、人はどんな時に「すごくおいしい」レストランで食事をしようと思うのでしょう?

 それは例えば、何かのお祝いであったり、歓迎会や送別会であったり、慰労や激励のためであったりと、何かの節目を迎えた時に思うことが多いだろう。6つの物語は、お祝いでも歓送迎会でも慰労・激励会でもないけれど、主人公たちが新しいことに向かう節目を迎え、「ハライ」に予約を入れる。物語はそれぞれの「節目」に至る様子を描く。

 主人公たはみんな、変わり映えのしない平凡な日常を生きている。その平凡な日常を平凡に描くだけでは退屈してしまう。正直に言って退屈しかけた。しかし、平凡な中にも小さなトゲは存在するし、変わり映えがしないこと自体が重荷にもなる。本書は、その小さなトゲや重荷を丁寧に描くことで、その退屈さを免れ、「節目」に至ることで、小さな暖かさを読者の胸に残す。

 6つの作品はそれぞれ「予約1」「予約2」...「予約6」とタイトルが付けられている。後ろにいくほど退屈さを感じることなく、物語に引き込まれた。「予約5」はあっさりとしたユーモアと意外な展開があり、「予約6」はそれまでとは異質な緊張感が漂う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「誰かが足りない」 固定URL | 2I.宮下奈都 | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月25日 (木)

Re-born はじまりの一歩

著  者:伊坂幸太郎、瀬尾まいこ、豊島ミホ、中島京子ほか
出版社:実業之日本社
出版日:2008年3月25日 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 先日の「Story Seller2」に続いてのアンソロジー。こちらにも伊坂幸太郎さんの短編が収録されている。その他には、瀬尾まいこ、豊島ミホ、中島京子、平山瑞穂、福田栄一、宮下奈都の6人の作家さんが名を連ねている。不勉強のため、中島京子さん以外の作家さんはお名前も知らなかった。
 タイトルの「Re-born」について。英語の「reborn」は「生まれ変わった」「再生した」という意味の形容詞。収録された7編の作品はどれも、再生・再出発の物語だ。サブタイトルの「はじまりの一歩」は、今まさに再生・再出発の瞬間であることを表している。読者は、それぞれの作品の終わりにその瞬間に立ち会う、という趣向だ。

 宮下さんの作品「よろこびの歌」と、瀬尾さんの作品「ゴーストライター」、豊島さんの作品「瞬間、金色」は高校生の物語。才能に恵まれていても平凡でも、裕福でも貧しくても、ハイティーンは悩み多い年頃だ。人生ではじめての挫折を経験するのもこの頃だろう。若い世代の悩みや挫折からの「再生・回復の"reborn"」の物語。
 それに対して、福田さんの作品「あの日の二十メートル」と、平山さんの作品「会ったことがない女」は、人生の終盤を迎えた男性の物語。それなりに幸せな人生を送ってきたけれど、若いころに悔いが残る出来事がある。こちらは人生を全うするための「やり直しの"reborn"」。
 伊坂さんの作品「残り全部バケーション」と、中島さんの作品「コワーリョフの鼻」は、夫婦についての物語。一緒に暮らしていても心に距離や壁ができる。関係を解消するにしても続けるにしても、このままではいられない、その時のリセット。人生半ばの物語は「再出発の"reborn"」

 収録されている7作品のうちの5作品が、「月刊ジェイ・ノベル」というエンタテイメント作品の文芸誌に掲載された作品。掲載作品から「reborn」というテーマにあったものをピックアップしたのだろう。まぁ、よく言えば落ち着いた、悪く言えば平板な感じがする作品が多いのだが、「reborn」をテーマにした編集のアイデア勝ちだ。収録作品を見渡すとわかるように、どの世代も「reborn」を望む気持ちを心のどこかに抱えているのだから。

 にほんブログ村「伊坂幸太郎が好き!」ブログコミュニティへ
 (伊坂幸太郎さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「Re-born はじまりの一歩」 固定URL | 2.小説31.伊坂幸太郎2E.瀬尾まいこ2I.宮下奈都 | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

0.トラックバックについて 0.本の評価について 1.ファンタジー 11.トールキン 12.C.S.ルイス(ナルニア国) 13.ル・グウィン(ゲド戦記) 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 15.サトクリフ 16.上橋菜穂子 17.P・ステュワート(崖の国) 18.ガース・ニクス(王国の鍵) 19.D・デュエイン(駆け出し) 1A.たつみや章 1B.畠中恵 1C.小野不由美 1D.仁木英之(僕僕先生) 1E.阿部智里(八咫烏) 1F.荻原規子 1Z.その他ファンタジー 2.小説 21.村上春樹 22.有川浩 23.森見登美彦 24.恩田陸 25.梨木香歩 26.万城目学 27.三浦しをん 28.重松清 29.小川洋子 2A.あさのあつこ 2B.近藤史恵 2C.和田竜 2D.高田郁 2E.瀬尾まいこ 2F.辻村深月 2G.朝井リョウ 2H.池井戸潤 2I.宮下奈都 2J.柚木麻子 2K.原田マハ 2L.瀧羽麻子 3.ミステリー 31.伊坂幸太郎 32.東野圭吾 33.森博嗣 34.加納朋子 35.三崎亜記 36.ダン・ブラウン 37.ダレン・シャン 38.フィリップ・プルマン 39.小路幸也(バンドワゴン) 3A.三上延(ビブリア古書堂) 3B.ジェフリー・アーチャー 3C.柳広司(Joker Game) 3D.大沼紀子(まよパン) 3F.中山七里 3G.海堂尊 4.エッセイ 5.ノンフィクション 51.塩野七生 52.感動コミック 53.池上彰 54.グラハムハンコック 6.経済・実用書 61.鈴木博毅 7.オピニオン 71.香山リカ 8.雑誌 9.その他