« 下町ロケット ゴースト | トップページ | 彼女は頭が悪いから »

2019年1月30日 (水)

風と行く者 守り人外伝

著  者:上橋菜穂子
出版社:偕成社
出版日:2018年12月 初版第1刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 著者の代表作と言える 「守り人」シリーズの外伝。シリーズとしては2012年の「炎路を行く者」以来6年ぶり、小説作品としても「本屋大賞」を受賞した2014年の「鹿の王」以来4年ぶりの作品。まぁとにかく久しぶりに著者が綴る物語を読むことができてうれしい。

 主人公はシリーズ全体の主人公でもある、女用心棒のバルサ。本編の最終巻「天と地の守り人 第三部」の、タルシュ帝国との死闘から1年半。荒廃した国土で復興が始まっていた。バルサは訪れた市で、16歳の頃に養父のジグロと共に護衛をしたことがある「風の楽人」たちに出会い、再びその護衛を引き受けることになった。

 物語は、現在と16歳の頃の記憶を行き来しながら、時にはその2つが重なるように進む。今回も過去にも「風の楽人」たちは狙われていた。その頭の女性には、ある禁域の封印を解く力がある。その力を排除しようとしているらしい。背景には、氏族間の衝突と融和の歴史があり、数百年前の事件も絡んでいるようだ。

 著者の研究者としての専門分野である文化人類学的な視点を、心躍る深い物語に落とし込んでいて、まさに「上橋菜穂子らしい」作品になっている。そして「守り人」のファンであれば、多くの人が読みたいと思うであろう「ジグロとバルサ」の物語を、たっぷりと堪能できる。うれしい。

 「あとがき」によると「いさんで書きはじめて数百枚も書いたのに、とちゅうで書けなくなった物語」が、著者には数作あるそうだ。本書もそうしたもののひとつ。それが何かのきっかけを得て書けるようになることがある。その他の「書けなくなった物語」にもそんな時がくることが待ち遠しい。

 コンプリート継続中!(単行本として出版された小説)
 「上橋菜穂子」カテゴリー

 人気ブログランキング投票:「一番好きな上橋菜穂子さんの作品は?」
 (あなたの好きな上橋作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「風と行く者 守り人外伝」 固定URL | 1.ファンタジー, 16.上橋菜穂子

« 下町ロケット ゴースト | トップページ | 彼女は頭が悪いから »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

16.上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/67685461

この記事へのトラックバック一覧です: 風と行く者 守り人外伝:

» 守り人シリーズ 外伝『風と行く者』 [日々の書付]
転生したら人生が逆転し、現実では得られない力で異世界で活躍するファンタジーが流行っていますね。現実の鬱屈を異世界で晴らす、こうした「異世界もの」は私も好きで、読んでいて痛快な気分を味わえます。 しかし、「精霊の守り人」はそんな「ご都合主義」のファンタジーとは一線を画する重厚な物語です。ファンタジーの要素はありますが「不思議なものが現実より少し身近にある」くらいで、あとは土地の風俗や歴史、宗教など人々の暮らしの描写が大半を締めています。 超常的な力は存在しますが、それを使って世界を変えるこ... [続きを読む]

受信: 2019年2月10日 (日) 22時15分

« 下町ロケット ゴースト | トップページ | 彼女は頭が悪いから »