« 未来のミライ | トップページ | あつあつを召し上がれ »

2018年8月 8日 (水)

ウドウロク

著  者:有働由美子
出版社:新潮社
出版日:2018年5月1日 発行 7月15日 第7刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 今年の3月にNHKを退職した有働由美子さんのエッセイ集。エッセイの本編は平成26年10月に単行本で出版されたもので、キャスターを務める番組「あさイチ」が好調で、有働さん自身も紅白歌合戦の司会を3年連続で務めていたころ。私が読んだのは文庫版で今年5月の発行。文庫版の「はじめに」と「あとがき」では、退社のことに少し触れている。

 「いろんな人から、いろんなことを言われました」「一生懸命生きてきました ええ、仕事に」「酒がなかったら、この人がいなかったら」「黒ウドウ」「白ウドウ」の5章に分けて、全部で31編、これにプラスして、文庫のための書下ろし1編のエッセイを収録。

 有働さんと言えば「老若男女に愛される飾らないキャラクター」とされる。このエッセイ集もそのままだ。これに加えて、どういうことが人を引き付けるかが分かっている。「あぁそうだったんた」「そんなこともあったの」という話題がしっかり入っている。「飾らない」けれど「天然」ではない。

 例えば「わき汗」。一時話題になった例の件。本書の編集者からの唯一の要求が「わき汗についてはぜひ」だったそうで、編集者は多少あざといけれど、これを最初の一編に持ってくる有働さんは、かなりしたたかだ。一連の出来事から「その後」まで、多方面に配慮しながらユーモアたっぷりに描く。締めの一文が「ワタクシも、転んでもただでは起きないのである」。

 有働さんにそういう意図があったのかどうか分からないけれど、この「転んでもただでは起きない」は、本書を通して感じることだ。言い換えれば、NHK入局後の有働さんの人生そのものがそうだ。さらに言い足せば、そのぐらいよく転んでいる。

 付き合う男は「だめんず」ばかり、最初に配属になった大阪放送局では「もっと上手で綺麗な、相応しいアナウンサーが沢山いるのに、どうして君が」と言われ、ニューヨークに赴任して500円玉大の円形脱毛症になり、心身ともに無理を続け、思ったより体を痛めてしまった。そして「傷ついた心を別の色に塗り替えて傷ついていないことにしてしまう」

 なんて悲しいことだろう。こういう話を正面から受け止めると、読んでいてつらくなってしまう。面白く書いている「結婚できない独身中年」ネタも、本当は心で泣いているのかもしれない。でも、こんな反応は有働さんの本意ではないと思う。自分を少しさらけ出して、いっしょに笑う。大阪育ちの有働さんならそうして欲しいはず。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ウドウロク」 固定URL | 4.エッセイ

« 未来のミライ | トップページ | あつあつを召し上がれ »

4.エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/67144322

この記事へのトラックバック一覧です: ウドウロク:

« 未来のミライ | トップページ | あつあつを召し上がれ »