« スマホが学力を破壊する | トップページ | 閉された言論空間 »

2018年6月10日 (日)

フーテンのマハ

著  者:原田マハ
出版社:集英社
出版日:2018年5月25日 第1刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「楽園のカンヴァス」「暗幕のゲルニカ」「サロメ」「たゆたえども沈まず」。史実を巧みに取り入れた「アートミステリー」作品で異彩を放つ著者の、紀行文&エッセイ。

 タイトルの「フーテンのマハ」は著者の自称。「人生で失くした途方に暮れるものは何か?」と訊かれたら迷わず「旅」と答えるほど、旅が好きで、移動が好きだそうだ。小学校二年生の時に「男はつらいよ」を観て、それ以来、寅さんが憧れ。それで「フーテンのマハ」。

 行先を決める以外は事前に準備をしない、旅先では忙しく観光やショッピングをしたりしない、そういう旅が著者はお好みらしい。キュレーターなので「(特定の)絵を見に行く」旅もあるけれど、本書を読む限りは「おいしいものを食べる」が、旅の目的になることが多いようだ。

 著者の行き先と食べたものを並べてみると、「青森で「奇跡のリンゴ」のスープ」「金沢で蟹炒飯」「能登半島の穴水でカキ(を食べまくり)」「高松でうどん」「大阪の北新地で餃子」「高知でも餃子(桂浜も坂本龍馬の生家も行かずに)」「中国の西安でも餃子(餃子の発祥の地らしい)」。著者は殊のほか餃子が好きらしい。

 すごく楽しめた。語り口がユーモアたっぷり、いやいや語られるエピソードがそもそもユーモアたっぷりだ。冒頭から間もないところで紹介される「やってしまったヘンな買い物目録」なんて、最高に面白い。ニューヨークで買った乾電池とか、ケニアで買った太鼓とか、岐阜で買った「須恵器」とか。

 その他に「たゆたえども沈まず」を描くためのゴッホの取材の話や、デビュー作「カフーを待ちわびて」につながる出会いの話などもあって、著者の作品の読者なら間違いなく興味をそそられる。そんなエッセイを多数収録。おススメ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「フーテンのマハ」 固定URL | 2K.原田マハ, 4.エッセイ

« スマホが学力を破壊する | トップページ | 閉された言論空間 »

2K.原田マハ」カテゴリの記事

4.エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/66995353

この記事へのトラックバック一覧です: フーテンのマハ:

« スマホが学力を破壊する | トップページ | 閉された言論空間 »