« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

世論(上)(下)

著  者:W.リップマン 訳:掛川トミ子
出版社:岩波書店
出版日:1987年7月16日 第1刷 1992年2月5日 第7冊 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 NHKの「100分de名著」という番組の、今年の3月に放送(4月に再放送)されたスペシャル「100分deメディア論」で、国際ジャーナリストの堤未果さんが紹介していた本。刊行は1922年というからほぼ100年前。

 著者は、アメリカを代表するジャーナリスト。数多くの論説、著作、テレビ出演が評価され、ピュリッツァー賞をはじめ様々な賞を受賞している。ただし本書を記したのは33歳の時で、まだそのような評価が固まる前。とは言えこの前には、第一次世界大戦後のパリ講和会議に随行し「十四か条の平和原則」を執筆したというから、早くから才能を見出されていたのだろう。

 本書の前半は「世論」の形成の考察。その主張を短くまとめるとこうだ。

 「世論」を構成するのは一般市民の意見。現実世界はあまりに大きく複雑なので、一般市民はそれを正確に捉えることができないため、その「イメージ」に基づいて行動する。その「イメージ」は、メディア等が伝える時に歪められ、私たちが受け取る時にはステレオタイプによって歪められている。このように二重に歪められた「イメージ」を基にした意見で構成される「世論」は、当然、現実を正しく反映しない。

 特に「ステレオタイプ」についての考察が興味深いので引用する。

 われわれが現に見ているものがわれわれの予期していたものとうまく一致していれば、そのステレオタイプは将来にわたっていっそう強化される。ちょうど、日本人はずるいと前から知らされている人が、あいにくと不正直な日本人二人とたまたま続けさまに出くわしてしまったようなときがそれである。

 そして、もし現実の経験がステレオタイプと矛盾するときには..

 規則にはつきものの例外であるとして鼻先であしらい、証人を疑い、どこかに欠陥を見つけ、矛盾を忘れようと努める。

 テレビ番組の中で伊集院光さんが「今週発売の新刊の話ではないですよね?」と念を押したように、これはまったく現在の話を聞いているようだ。私自身が持つステレオタイプにも留意するよう肝に銘じたい。

 後半は、「世論」に関しての民主主義の分析と「あるべき姿」の考察。前半を踏まえて、「一般市民の一人一人が正確な情報に基づいた有効な意見を」などとは言わない。そういうことは「できるはずも機能するはずもないフィクション」として排して、比較的にだけれど現実的な考察がされている。こちらも興味深い。

 100分de名著スペシャル「100分deメディア論」ホームページ

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「世論(上)(下)」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

先にしくじる

著  者:山崎裕二
出版社:日経BP社
出版日:2018年5月21日 第1版第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 出版社の日経BP社さまから献本いただきました。感謝。

 タイトルの「先にしくじる」を見て、「若いうちは失敗をたくさんしろ」とか「失敗は成功の母」的な話かと思ったが、そうではなかった。そんな精神論的なものではなく「プレモータム・シンキング」という、失敗しないための方法論の解説と実践のための本だった。

 「プレモータム」は「premortem」という英語。もともとは医学界の用語で、検死や遺体解剖などの死後の分析を意味する「postmortem」の反対語で、「死亡前死因分析」などと訳される。「もし患者が死ぬとしたら」と、死因を予想して対処法を検討する方法論。ちなみに「mortem」は「死」で、「pre」は「前」を「post」は「後」を表す接頭語。

 本書のテーマは、そこから転じて「もしプロジェクトが失敗するとしたら」と、失敗の要因を予想して対処法を検討する、ビジネス上の方法論としての「プレモータム・シンキング」。個人の仕事からチームで行う大きなプロジェクトにまで使える。

 「失敗の要因を予想して対処法を検討する」なんて、誰でもやってそうなことだ。しかし本書を読めば「こんなこと誰もやってない」と思うはずだ。なかなか説明が難しいが、敢えて言えば「失敗の要因の予想」の執拗さが違う。誰もが思う「うまく行って欲しい」という気持ちに反して、先回りして失敗することを真剣に考えなければいけない。

 本書には、その「失敗」を考えるのに有用な、心理学や行動経済学の知見が紹介されている。それが、人間が生来持つ「七つのバイアス」の罠。将来より現在を優先してしまう「現在バイアス」これだけつぎ込んだのに今さらやめられない「コンコルド効果」自分たちのやり方でうまく行くと思ってしまう「自己中心性バイアス」などなど。意識して排除しないと、易々と罠にはまって失敗してしまう。

 この方法論は、完遂すれば効果は絶大だろう。絶対に失敗できないプロジェクトを抱えている人は取り入れるといいと思う。ただし、それはとても難しい。「こんなこと誰もやってない」と上に書いたにはそういう意味もある。プロジェクトの計画段階から「失敗」を想定し、その後も何度も「失敗したら」と口にしなくてはいけない。それは簡単なことではない。

 この方法論を完遂するには、「そんなネガティブなこと言うな」と言わないだけの胆力が、チームメンバーに求められる。そう必要なのは胆力だ。著者もそのことは分かっていて、様々な工夫を紹介してくれている。それが効奏すればいいのだけれど。まずは自分ひとりで取り入れてみるといいかもしれない。

 最後に。著者がこの本を執筆する際の想いが「おわりに」に書かれている。深く感銘した。原発などの過酷事故が想定されることの関係者は、必ず習得すべき方法論じゃないかと思う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「先にしくじる」 固定URL | 6.経済・実用書 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

ネオカル日和

著  者:辻村深月
出版社:講談社
出版日:2015年10月15日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 辻村深月さんのエッセイ集+掌・短編4本。エッセイは毎日新聞に2010年から2011年にかけて連載した「日本新カルチャーを歩く」を中心に42本。

 私は辻村深月さんの作品が好きだ。このブログで年に数個しかない☆5つを、「ハケンアニメ」「東京會舘とわたし」「かがみの孤城」と、3年連続で付けた。好きな作家さんができると、作品の向こう側にいる作家さん自身に興味が湧いてくる。どんな人なんだろう?それでこの「初のエッセイ集」を手に取った。

 本書には、著者の「好きなもの」が凝縮されている。毎日新聞の企画が「興味の赴くまま好きなところに取材に行ってよい」というものだったらしいので当然そうなる。どんな人なんだろう?という私の興味にも、直接答えてくれた。

 それで、著者の「好きなもの」とは。まずは、藤子・F・不二雄さん、ドラえもん、パーマン、のび太。ガンダム、ポケットモンスター、フジロック、アメトーーク。本や映画、演劇では「モモ」「オペラ座の怪人」、クリスティの「アクロイド殺し」、ポーの「黒猫」。好きな戦国武将は武田信玄(著者は山梨県民だ)。

 ここに挙げたのはほんの一例で、私が分かるものから選んだ。著者の「好きなもの」は、とても広い範囲に及んでいて、その好奇心の強さを、とても好ましく感じた。作品だけでなく、人としても好きになった。

 最後に。私は長野県民なので、戸隠のそばとか杉並木とか、「みすゞ飴」とかが出てくると親近感が急上昇する。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ネオカル日和」 固定URL | 2F.辻村深月, 4.エッセイ | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

たぶんねこ

著  者:畠中恵
出版社:新潮社
出版日:2015年12月1日 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「しゃばけ」シリーズの第12作(「えどさがし」は文庫オリジナルの「外伝」。これを含めれば13作品目)。5編からなる連作短編集。それぞれで完結する短編が5つまとまって、もう一つの物語を形づくっている。

 短編5編の前に「序」、後に「終」という短い章がある。連絡短編集はこれまでにもあったけれど、こういう章建ては初めてだと思う。このシリーズには、これまでに様々な新趣向があったけれど、12作目にしてまた新しい工夫。

 その「序」に、シリーズ始まって以来の出来事が描かれている。主人公の一太郎が2カ月の間病気にならなかった。これを機に一太郎の体を丈夫にするために、半年の間「必ず守ってほしい」約束をいくつか、守り役の仁吉と佐助から言い聞かせられた。「仕事をしないでゆっくり過ごす」「恋もお預け」「友達のことを心配し過ぎない」等々。

 本作の短編は、その約束の半年間の出来事。1編目「跡取り三人」一太郎と江戸の大店の跡取り息子2人との仕事探し競争。2編目「こいさがし」知り合いの若い娘が長崎屋に行儀見習いに来る。3編目「くたびれ砂糖」菓子屋に奉公する友達が、そこの小僧に振り回される。4編目「みどりのたま」仁吉が記憶喪失に。5編目「たぶんねこ」以前に居た「神の庭」に戻りたい幽霊。

 いつも通りの面白さだった。「序」の約束は守られないのだけれど、物語がそれでダメになるわけではない。約束が守られないことにだって意味はある。これまでに登場した人物や妖は数多く、それがいい感じでちょっとだけ顔を出す。このことについて、池上冬樹さんの「解説」で、米国のマーベル・コミックスとの例えがあったけれど、なかなか的を射た意見だと思う。

 にほんブログ村「しゃばけ」ブログコミュニティへ
 (「しゃばけ」についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「たぶんねこ」 固定URL | 1.ファンタジー, 1B.畠中恵 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

日本史の内幕

著  者:磯田道史
出版社:中央公論新社
出版日:2017年10月25日 初版 2018年2月15日 8版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「歴史の愉しみ方」を読んで、他の本も読みたいと思った。たくさんある著書の中で新しいものをと思って、本書を手に取った。最新刊は「素顔の西郷隆盛」だけれど、西郷隆盛にはそんなに興味ないので、一つ前の近刊である本書にした。

 「古文書」という一次情報から知識を仕入れている、という自負・自信からか、著者の意気込みが激しい。「まえがき」に「古文書が読めない書き手が書いた歴史叙述は、結局、情報を、どこからかコピーして借りてこないといけないから、面白みがなくなってしまう」と容赦ない。「コピペとフィクションの歴史叙述が巷にあふれている」と、大方の歴史小説を「コピペ」扱いする。

 その意気込みは空回りせず、文章に現れている。読売新聞の連載等を収録した64編ものエッセイのほぼすべてに、その根拠となる古文書が示されている。著者自身が発掘したものもたくさんある。第1章「古文書発掘・遺跡も発掘」には、古文書との出会いが多く記されている。

 例えば「「世界遺産に」皇后くぎ付け」というエッセイではこんな具合。「「従五位下大膳亮幸宣」そう書かれた古文書が地べたの青いシートの上で売られている。びっくりした。最後の郡上藩主・青山幸宣に朝廷が官位を授けた証書、口宣案の現物ではないか。

 正直に言って、これがどれほどスゴイことなのか、私には分からないけれど、著者の興奮は十分に伝わってくる。そのことで、読んでいる私までちょっとワクワクする。

 一番心に残ったエッセイは「我々は「本が作った国」に生きている」。江戸時代の出版文化を俯瞰して、その充実ぶりを「世界を見渡しても類例がない」と評する。「養生訓」などがベストセラーになり、実学が庶民にまで広がった。日本人の高い基礎教養は、長い時間をかけて「本」が作り上げた、著者はそう言う。

 最後に。「歴史の愉しみ方」にも「震災の歴史に学ぶ」という章があったけれど、本書の最後も「災害から立ち上がる日本人」という、災害をテーマにした章だ。私たちは災害の多い国に生きている。それは歴史を紐解けば明らかだ。備えなければいけない。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「日本史の内幕」 固定URL | 4.エッセイ | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

世界史で読み解く現代ニュース

著  者:池上彰、増田ユリヤ
出版社:ポプラ社
出版日:2018年4月 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「未来へのトビラ」という全5巻の「10代の読者におすすめの本を厳選」した選書の中の1冊。元は2014年に刊行された同名の新書で、それにルビを加えて選書化したもの。

 著者は二人。池上彰さんはもう紹介の必要がないだろう。増田ユリヤさんは、高校で歴史を27年間教えていた元教師。最近はコメンテーターとしてテレビにも出演されているそうだ。本書は、増田さんが「世界史をわかりやすく解説」、池上さんが「その世界史が現代とどうつながっているかを解き明かす」という役割分担になっている。

 テーマは4つ。「中国の海洋政策と鄭和」「中東の民族紛争とオスマン帝国」「世界の人権意識とフランス革命」「地球温暖化と産業革命」。「○○と□□」という形にまとめてみた。「○○」が現代ニュース、「□□」が世界史上の出来事。

 それぞれの「○○」と「□□」には、地域性や意義に関連があって、違和感を感じない。しかし例えば、中国による南沙諸島の実効支配を報じるのに、鄭和を持ち出すニュースは見たことがないし、イスラム国やシリアの内戦をオスマン帝国から解説するのは、専門的な番組でなければできないだろう。

 ひとつ特筆すると「オスマン帝国」は、中東情勢だけでなく、旧ユーゴ内戦などのバルカン半島情勢や、ウクライナ紛争などのクリミア半島情勢にも関係している。ということを本書で初めて知った。オスマン帝国は中世の歴史に登場するので「歴史上の国」というイメージだけれど、実際は第一次世界大戦後の1922年まで存続していた。100年前のその崩壊が現代に影を落としている。

 とても勉強になった。分かりやすくするための単純化があって、いわゆる専門家の目からは問題点が見えるかもしれないけれど、「10代の読者」がこれを知る意味は大きい。もちろん大人も知っておくべきだと思う。現代のニュースは、「今だけを切り取って欧米の視点から見た」ものに偏っている。これでは本質が分からない。

 にほんブログ村「政治、経済、国際問題」ブログコミュニティへ
 (政治、経済、国際問題についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「世界史で読み解く現代ニュース」 固定URL | 5.ノンフィクション, 53.池上彰 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

書店ガール

著  者:碧野圭
出版社:PHP研究所
出版日:2012年3月29日 第1版第1刷 2015年3月31日 第25刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 書店員を主人公にした物語。「本屋さんのダイアナ」「桜風堂ものがたり」もそうで、ここ数年で増えているのかもしれない。お店のPOPからベストセラーが生まれたりして話題になったり、本屋大賞で書店員さんの選択がクローズアップされたり、そういうことも関係しているのかも。

 タイトルが書店ガールというぐらいだから、主人公は女性。西岡理子と北村亜紀の2人。ともにペガサス書房吉祥寺店に勤めている。理子は副店長で、亜記は正社員。上司と部下の関係にある。物語は亜紀の結婚披露パーティから始まるのだけれど、ちょっとした行き違いもあって、2人が修羅場を演じる。先が思いやられる幕開けだ。

 冒頭の事件から予想される通り、2人の間はずっとギクシャクしていて、衝突を繰り返しながら物語が転んでいく。主に亜紀のきの強さが原因なのだけれど、40歳で「理知的な美人」という評の理子にも失敗はある。亜紀にも少しある「上司に従う気持ち」と、理子の副店長としての責任感、それと「書店員の仕事が好き」という共通点が、なんとか2人をつないでいる。

 そしてお店の存続の危機を迎える。「書店員の仕事が好き」という共通点が、2人をより強く結びつける...。

 物語を楽しめた。女性同士の(というか、アルバイトも含めた女の)争いは、男の私にはちょっと痛々しかったけれど、後半のお店の存続をかけた展開は面白かった。池井戸潤さんの企業モノを、舞台を1つのお店にして主人公を女性にして描いた感じ。本書はシリーズ化されて、既に6作まで出ているらしい。楽しみが増えた。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「書店ガール」 固定URL | 2.小説 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

鴨川食堂いつもの

著  者:柏井壽
出版社:小学館
出版日:2016年1月9日 初版第1刷 2017年4月8日 第6刷 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「鴨川食堂」「鴨川食堂おかわり」に続くシリーズ3冊目。

 舞台も物語の構成も前2冊と同じ。京都、東本願寺近くで、流とこいしの鴨川父娘が営むの食堂「鴨川食堂」が舞台。看板も出ていない食堂で、常連客を除けばここに来る客は、料理雑誌に出している「食捜します」という1行広告を見て来る。記憶の中に残る料理を捜してもらうためだ。

 今回もお客は6人。能楽師の家の息子が料亭で食べた「かけ蕎麦」を。漆器の作家が娘が作ってくれたカレーライスを、引退したピアニストがかつて付き合っていた彼が作った焼きそばを、ビジネスホテルの社長が昔に旅館で食べた餃子を、飲食店チェーンの取締役が友人の母が作ってくれたオムライスを、小説家が子どもの頃に食べた近所のお店のコロッケを、それぞれ捜す。

 娘だとか、友達のお母さんとか、作った人が分かっているのなら、その人に聞けば?と思うけれど(実際、こいしははそう言ったりしている)、まぁそれぞれに事情がある。もっと言えば、込み入った事情がなければ、何年も前に食べた料理を人に頼んで探してもらおうとは思わないだろう。お客はみんな「わけあり」だ。

 まぁ捜しだした料理の再現とともに、その「わけあり」の込み入った事情を、流が解きほぐす、というのが本書の面白さ。そうなんだけど...これで3冊で18人分の食捜しが済んだけれど、そろそろ新展開が欲しい感じ。前2冊には流とこいしの身辺の話もあったので、今後はその辺りにも期待したい。

 最後に。初めてにお客さんに出す、流の料理の説明は、挿絵もなくて文字だけだけれど、すごくおいしそうに感じる。新展開は期待するけれど、そこはここまま残して欲しい。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「鴨川食堂いつもの」 固定URL | 2.小説 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

定年前後の「やってはいけない」

著  者:郡山史郎
出版社:青春出版社
出版日:2018年4月15日 第1刷 5月10日 第3刷
評  価:☆☆(説明)

 60歳で定年とすれば、私はあと5年あまり。まだまだ「定年前後」ではないのだけれど、一緒に仕事してきた先輩たちが次々に定年を迎え、こういう話題が身近になって、気の迷いで手に取ってしまった。

 著者はソニーの取締役、子会社の社長、会長、ソニー顧問を経て70歳で退職、現在は再就職を支援する人材派遣会社を経営している。80歳を越えてなお現役のビジネスマン。ちなみに著者の前著は「九十歳まで働く!」だ。

 著者の主張を一言で言うと「定年後も働ける限り働け」ということだ。90歳まで生きるとして、夫婦二人で定年後の30年間にかかる費用は約1億円。という試算がある。公的年金が月22万では2000万円ほど足りない。ではどうするか?著者の答えは明快。「働いて稼げばいい」

 定年後に働く、となれば再就職。その時の心得のひとつが「定年前の肩書や年収にとらわれない」こと。定年前の待遇や年収で雇う会社はまずない。前の会社も「そのポジションに給料を払っていたのであって、その人に払っていたのではない」「自分は人材として価値が高いと錯覚してしまっている」と手厳しい。

 その他、人生を45歳あたりで区切って「前半戦(第1ハーフ)」「後半戦(第2ハーフ)」に分けること(昔は「後半戦」はなかった)などは、「あぁそうだな」と思えた。ただし「そうは思えない」ことも多い。それは本書が「どういう人を対象にしているか」に、その原因があると思う。

 この本は「都会のビジネスエリートの男性」を対象にしている。どこにもそうは明言していないけれど、言葉の端々に現れている。第1ハーフが終る頃に「会社の役員になれるかどうかの評価が気になりだす」とか、「身のまわりのことができるようにしよう。円満な夫婦関係のためにも重要だ」とか。

 「都会の」の部分に至っては、「地方への移住」が「生活水準を下げる」方法として挙げられている。地方都市に住んで役員などには無縁の私が「そうは思えない」と感じるのも無理はない。「男性」しか合っていないのだから。☆2つ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「定年前後の「やってはいけない」」 固定URL | 7.オピニオン | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »