« うつくしい子ども | トップページ

2018年4月29日 (日)

一〇五歳、死ねないのも困るのよ

著  者:篠田桃紅
出版社:幻冬舎
出版日:2017年10月8日 第1刷 12月15日 第2刷 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 1913年(大正2年)生まれ、御年105歳で現役の美術家である、篠田桃紅さんのエッセイ。「水墨抽象画」という独特なスタイルの作品。その展覧会を見に行って「105歳でこの作品を描く人は、どんな人なんだろう?」と思って、ミュージアムショップで本書を購入した。

 4つの章に分けて全部で40本のエッセイを収録。第1章「歳と折れ合って生きる」、第2章「幸福な一生になりえる」、第3章は「やれるだけのことはやる」、第4章は「心の持ち方を見直す」。自分の道をひたすらに求めた105歳の口から出た言葉は、すべてが「人生訓」に聞こえる。

 心に留まった言葉をいくつか紹介する。第1章の2本目「楽観的に生きる」。「普段は、歳のことなど気にしていないのですが、なにかの拍子に、これはもうとんでもないことで、不思議な現象が起きている」。普段は歳のことを気にしてないのだ。そしてご自分でも「とんでもないこと」と思っていらっしゃる。

 第2章の1本目「生きていく力は授かっている」。「どこかで自分を肯定しているものがあるから、生きていかれるのだろうと思います。私はこういうことが、ほかの人よりうまくできる」「幸せになりえる人は、ないものねだりをしないのだと思います」。「今」を肯定することが上手にできるようになろう、と思う。

 第3章の6本目「この世に縁のない人はいる」。「いくら自分の考えを伝えても、理解してくれない人は必ずいます」。これはお釈迦様の教えにある「縁なき衆生は度し難し」について書いたもの。「どうして理解してくれないのだろう」と思い悩むことはないのだ。

 同じエッセイの中にこういう言葉も。「私の展覧会では、大抵の人はすーっと通って帰ります」。私は、すーっと通って帰ってしまう人の気持ちも分かる。桃紅さんの描いた絵は、寡黙で何も説明してくれない。とっかかりがない。それでもしばらく前に立って眺めて「あぁこれ何かいいな」とか、見ているこちらが思って初めて微笑を返してくる。そんな作品なのだ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「一〇五歳、死ねないのも困るのよ」 固定URL | 4.エッセイ

« うつくしい子ども | トップページ

4.エッセイ」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。

昨日、本屋さんで、ちょっと、パラパラしました。
気になっていたからですが
このごろ、新刊は買ってないので、財布は開かないままでしたが。

作品はまだ、観たことがないので
展覧会を見る機会があれば、観たいです。

大正2年に生まれて、現役なんて、考えられません!

私も、最低、80までは働こうと思ってますが
それよりもう20年以上も長いとは。

すべてが人生訓に聞こえる…そうですね。
で、今のところ、私もほぼ同じ考えですごしてます。
100歳現役、いけるかも。

投稿: レビ | 2018年5月17日 (木) 21時06分

レビさん。こちらこそご無沙汰しております。

確か、レビさんは「和」の関係のお仕事をされてる、と記憶しています。
(違ってたらゴメンナサイ)
だから篠田桃紅さんの作品を前にすると、きっと何か感じるものがあると
思います。「気になっていた」のも(勝手ですけど)分かる気がします。

100歳現役、いけますよ、きっと。

投稿: YO-SHI | 2018年5月21日 (月) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/66730223

この記事へのトラックバック一覧です: 一〇五歳、死ねないのも困るのよ:

« うつくしい子ども | トップページ