« 戦の国 | トップページ | 都市と野生の思考 »

2017年11月 1日 (水)

アキハバラ@DEEP

著  者:石田衣良
出版社:文藝春秋
出版日:2004年11月25日 第1刷 2006年6月15日 第7刷 発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 友人が私のために選んでくれた本。感謝。

 著者は著名であるし多作でもあるのだけれど、これまであまり読んでいなかった。単行本では「愛がいない部屋」を初めて読んで、そのあと「親指の恋人」で、それで終わり。それから9年も経っている。私には「あまり合わない」、そう思っていた。

 主人公は、ページ、ボックス、タイコとお互いを呼び合う、秋葉原のオタク、いや「ギーク」たち。ページはライターとして、ボックスはグラフィックデザイン、タイコはデスクトップミュージックで、指名の仕事が入るほどの腕がある。ただ3人とも、ちょっとした困りごとを抱えている。ページは吃音、ボックスは強度の潔癖症・女性恐怖症、タイコは体が硬直する発作を起こすことがある。

 この3人に、天才ハッカーのイムズ、元引きこもり(今は家に帰れない「出っ放し」!?)のダルマと、紅一点の武闘派美少女のアキラを加えた6人で、「アキハバラ@DEEP」という会社を作る。物語は、彼らが開発した人工知能による検索エンジン「クルーク」を巡る攻防を描く。

 これは面白かった。前途に立ちはだかる強大な大企業に、一歩も引かない姿が危うくて痛快だった。物語終盤の予言的な言葉が本書をよく表している。「不適応者の群れが、新しい時代のチャンピオンになる。最弱の者が、次の世で最強に生まれ変わる」

 他の作品を「あまり合わない」と感じて、著者を敬遠していたのだけれど、本書はそんなことはなかった。友人が「私に合う」と思って薦めてくれたわけで、改めて感謝する。

 実は、主人公たちが開発した「クルーク」は、自己学習によってパーソナライズされ、まさにこの「私に合う」ものを(GoogleやAmazonのレコメンド機能なんかとは違う次元で)選んでくれる、良きパートナーのような検索エンジン。まぁ私には友人がいるのでいいのだけれど、ちょっと欲しい気もする。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「アキハバラ@DEEP」 固定URL | 2.小説

« 戦の国 | トップページ | 都市と野生の思考 »

2.小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/66058088

この記事へのトラックバック一覧です: アキハバラ@DEEP:

« 戦の国 | トップページ | 都市と野生の思考 »