« みみずくは黄昏に飛びたつ | トップページ | ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード »

2017年7月12日 (水)

空棺の烏

著  者:阿部智里
出版社:文藝春秋
出版日:2017年6月10日 第1刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「烏に単は似合わない」「烏は主を選ばない」「黄金の烏」に続く、八咫烏シリーズの第4弾。出版界やファンタジー、ミステリーファンが注目するシリーズとなっている。

 八咫烏が、私たちと同じ人間の形になって暮らしている、という世界。平安京にも似たその宮廷を中心に、貴族政治が行われている。今回は、宗家の近衛隊の武官の養成所である「勁草院」が舞台。主人公は、勁草院に新たに入学してきた若者たち、茂丸、明留、千早、雪哉の4人が、章ごとに交代で務める。

 「勁草院」は男子のみの全寮制。同じ年頃の男子が集団で修行する。座学あり実技あり、貴族の子と平民の子が共に学ぶ。各所の説明で「ホグワーツ魔法魔術学校」に例えられることが多いようだけれど、間違えてはいないけれど、少し違和感もある。こちらは武官専門のエリート養成所だし、女子はいないから、もっと汗臭くてきな臭い。

 趣向としては青春モノ、学園モノ。出自の違いや属するグループの違いから、お互いに反目する場面もある。主人公4人が抱える事情も、ここに来た目的も違う。そうしたものを乗り越えて成長する。私は、こういうのは嫌いじゃない。

 著者を「すごい」と思うのは、本書がそれ自体で面白い上に、この一見して趣向が違う話を(実は、全作がそれぞれ趣向が違うとも言えるけれど)、シリーズの中に取り入れて、しっかりとした位置付けが感じられることだ。前作までで、この世界を危うくする危機が描かれている。本書は、それから切り離されたような学園生活が描かれる。しかし、物語はきちんと本流へと戻っていく。あの4人は、今後、重要な役割を担うに違いない。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)
 にほんブログ村「ミステリー」ブログコミュニティへ
 (ミステリー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「空棺の烏」 固定URL | 1.ファンタジー, 1E.阿部智里(八咫烏), 3.ミステリー

« みみずくは黄昏に飛びたつ | トップページ | ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1E.阿部智里(八咫烏)」カテゴリの記事

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/65599322

この記事へのトラックバック一覧です: 空棺の烏:

» 八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』 阿部 智里 [日々の書付]
2作目にして、人型をとる八咫烏(やたがらす)の世界が広がり、これは「精霊の守り人」「十二国記」と同く、名ファンタジーシリーズになりそうな予感がします。また、「烏は主を選ばない」は、ファンタジーの形を借りたミステリでもあるので、謎解きの面白さもあるのです。 烏は主を選ばない あらすじ 八咫烏がくらす世界「山内」の中の北領、その地方豪族のぼんくら次男、雪哉は、ある事件がきっかけとなり、日嗣の御子の側仕えとして宮中へ出仕するハメになる。 雪哉がつかえることになった若宮・奈月彦は、その美しい容... [続きを読む]

受信: 2017年7月30日 (日) 22時41分

« みみずくは黄昏に飛びたつ | トップページ | ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード »