« オールド・テロリスト | トップページ | 新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか »

2016年8月17日 (水)

海の見える理髪店

著  者:荻原浩
出版社:集英社
出版日:2016年3月30日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 先月に発表された2016年上半期の直木賞受賞作品。

 表題作の他、「いつか来た道」「遠くから来た手紙」「空は今日もスカイ」「時のない時計」「成人式」の計6編を収めた短編集。6編に共通しているのは、「家族」を描いていること。それも「欠落」を抱えた家族を描いていること。

 表題作「海の見える理髪店」は、海辺の小さな町にある理髪店が舞台。そこの大きな鏡には背後の海が、鏡一杯に広がって映る。大物俳優や政財界の名士が通いつめたという店。そこにきた若者に、店主が自分の来し方を語る。

 「いつか来た道」は、母娘の話。反発して家を飛び出した娘が16年ぶりに母を訪ねる。弟に「いま会わないと後悔する」と言われて..。「遠くから来た手紙」は、夫婦の話。夫への不満を募らせた主人公が実家に帰って来て暮らす。「空は今日もスカイ」は、小学生の家出。神社で出会った風変わりな少年と海を目指す。

 「時のない時計」は、時計店の主人と、そこに父の形見の時計を修理に持って行った男性との会話。時計屋の主人は家族の思い出と暮らしていた。「成人式」は、娘を亡くした夫婦の話。二人の元に娘の成人式の案内が届く。

 冒頭に書いたように全て家族の物語。そこに大小の欠落がある。二十年以上も前に別れた妻子、理解し合えなかった母娘、引き裂かれた夫婦、愛が必要な子ども、子どもを亡くした親。その欠落は他のものでは埋められない。しかし「こんな風に少しは楽になることもある」。そんな物語だった。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「海の見える理髪店」 固定URL | 2.小説

« オールド・テロリスト | トップページ | 新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか »

2.小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/64104682

この記事へのトラックバック一覧です: 海の見える理髪店:

« オールド・テロリスト | トップページ | 新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか »