« 太陽のパスタ、豆のスープ | トップページ | コンセプトのつくり方 »

2016年7月28日 (木)

烏に単は似合わない

著  者:阿部智里
出版社:文藝春秋
出版日:2014年6月10日 第1刷 2016年6月5日 第14刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 本書は著者のデビュー作にして、2012年の松本清張賞受賞作。その後、年に1作のペースで続編が出て、先日、5作目となる「玉依姫」が出版された。今や「八咫烏シリーズ」という、出版界やファンタジー、ミステリーファンが注目するシリーズとなっている。

 シリーズの世界観はこんな感じ。八咫烏の一族が支配する世界。一族は族長である「金烏(きんう)」を擁する「宗家」と、東西南北に分かれた貴族の四家に分かれている。その四家は覇権を争い、宗家との結びつきを強めることによって、勢力の拡大を狙う。

 本書の舞台は、平安京に似た宮廷。皇太子の若宮の后選びが行われることになり、貴族の四家それぞれの娘が、后候補として宮廷に登殿してくる。自らの家の将来を背にした「姫たちの女の戦い」を、煌びやかに描く。

 「烏」と「煌びやか」がアンマッチな感じがするけれど、彼らは普段は「人形(ひとがた)」という人間の姿をしていて、事があれば「鳥形」となって飛翔することができる。そして姫たちは美女揃いだ(皇太子の后候補になるぐらいだから、まぁ当然だけれど)。しかも、姉御肌、妖艶、清楚、無邪気と、キャラ設定が各種取り揃えてある。

 主人公は四家の一つの「東家」の二の姫の「あせび」。疱瘡を患った姉の代わりとして宮廷に登殿してきた。代役であるため、后候補としての教育をほとんど受けていない「世間知らずの姫」。読者は彼女の目を通して物語を見ることになり、その「世間知らず」加減が読者の目線と合っていて、ちょうどいい塩梅になっている。

 源氏物語の昔から最近の韓国ドラマまで、「宮廷」は「女の戦い」にうってつけの舞台。本書もすべり出しは、四家に宗家も加わって女ばかりの諍いやら友情やらが描かれる(彼女たちが住まう「桜花宮」は男子禁制)。ただし、それだけでは終わらない。

 本書は「松本清張賞受賞作」。表紙イラストはライトノベル・ファンタジー風で、実際そのように始まるのだけれど、その実はミステリーだ。出来事の裏側には秘められた真実があり、後半にそれが明らかになる様は、探偵小説のようだった。

 「解説」に次作のことが少しだけ紹介されていた。本書だけでもなかなか面白いのだけれど、次作のことを知って俄然期待が膨らんだ。これは金鉱脈のようなシリーズを掘り当てたかもしれない。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)
 にほんブログ村「ミステリー」ブログコミュニティへ
 (ミステリー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「烏に単は似合わない」 固定URL | 1.ファンタジー, 1E.阿部智里(八咫烏), 3.ミステリー

« 太陽のパスタ、豆のスープ | トップページ | コンセプトのつくり方 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1E.阿部智里(八咫烏)」カテゴリの記事

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

私も、この八咫烏シリーズにはまり、現在最新作を読み始めています。世界観や話の展開は小野不由美の十二国記や、ファンタジーの名作作家の影響も受けている気がするのですが、それらをベースとして、阿部智里さん独自の世界を構築していて、それがとても魅力的です。

物語が進むにつれ、八咫烏の世界の謎がでてきてそれがとても面白いです。ぜひ、続編を手にとって見てください。

投稿: 日月 | 2016年8月 1日 (月) 00時37分

日月さん、コメントありがとうございます

私も「十二国記みたい」と思って読んでいました。もちろん違うことの方が多いのですが
言葉から想像する風景や場面のイメージが、十二国記のそれと重なっていました。

続編も近いうちに読もうと思っています。日月さんのブログを拝見しましたが、
日月さんと私は好みが近いように感じられました。だからおススメいただいた
続編もとても楽しみです。

投稿: YO-SHI | 2016年8月 4日 (木) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/63991787

この記事へのトラックバック一覧です: 烏に単は似合わない:

» 異色の異世界ファンタジー 「烏に単は似合わない」 阿部 智里 [日々の書付]
表紙絵と、奇妙なタイトルに惹かれて読んだ「烏に単は似合わない」、面白いです。八咫烏が支配する土地、「山内」を統べる金烏、その世継ぎの御子へ入内をめざす四家の姫が、宮中で遭遇する事件を軸に、不思議な八咫烏の世界が描かれます。 烏に単は似合わない 八咫烏シリーズ (文春文庫)posted with amazlet at 15.08.10文藝春秋 (2015-06-19)売り上げランキング: 5,291Amazon.co.jpで詳細を見る 「烏に単は似合わない」あらすじ 八咫烏の世界「山内」... [続きを読む]

受信: 2016年8月 1日 (月) 00時31分

« 太陽のパスタ、豆のスープ | トップページ | コンセプトのつくり方 »