« ネット炎上の研究 | トップページ | レビュー記事が1000本になりました。 »

2016年6月 5日 (日)

君の膵臓をたべたい

著  者:住野よる
出版社:双葉社
出版日:2015年6月21日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 今年の本屋大賞第2位。公式Twitterによると55万部突破だそうだ。トーハンの調べで2016年上半期ベストセラー「単行本・文芸書」で第2位(ちなみに第1位は「羊と鋼の森」。本屋大賞の効果は抜群だ)。とにかく売れている本。

 主人公は高校2年生の「僕」。「僕」はクラスメイトの山内桜良が、余命数年の病に侵されていることを知る。そして読者は、桜良が亡くなってしまうことを、物語の冒頭の1行目で知らされる。物語は「僕」が桜良の秘密を知ってから、彼女が亡くなるまでの二人の交流を描く。

 浅いようで深い、深いようで浅い、そんな物語だった。桜良が余命数年とは思えない溌剌さで、自分の病気もジョークにしてしまう。おみくじで「病、やがて治る」とあったのに対して「治んねぇっつうの!」と悪態をつく。浅いと言うかノリが軽いのだけれど、桜良の心の中までは覗けない。そこには深い淵があるのかもしれない。

 「深いようで浅い」と感じたのは「構成」について。エピソードをもう少し積み重ねて欲しかった。詳しくは書かないけれど、さまざまな思わせぶり(私が勝手に思っているだけだけれど)な出来事が起きるのだけれど、ただ流れて行ってしまったように思う。

 そうそう「僕」にはちゃんと名前はあるのだけれど、【秘密を知ってるクラスメイト】くんとか、【根暗そうなクラスメイト】くんとか書かれている。その時々の相手が、自分をどう思っているかを「僕」が推し量った言葉のようだ。ちょっと面白い仕掛けではある。

 最後に。これまでにも何度か書いているけれど、私は「死」と「感動」を結びつける物語が好きじゃない。「読後、きっとこのタイトルに涙する」「ラスト40ページは涙涙涙」という、本書の帯の惹句もちょっとイヤだ。これがなければ泣けたかもしれない。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「君の膵臓をたべたい」 固定URL | 2.小説

« ネット炎上の研究 | トップページ | レビュー記事が1000本になりました。 »

2.小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/63744963

この記事へのトラックバック一覧です: 君の膵臓をたべたい:

« ネット炎上の研究 | トップページ | レビュー記事が1000本になりました。 »