« 僕の仕事はYouTube | トップページ | ネット炎上の研究 »

2016年5月28日 (土)

君にさよならを言わない

著  者:七月隆文
出版社:宝島社
出版日:2015年8月20日 第1刷 2015年12月23日 第6刷 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 100万部のベストセラーで映画化も決まった「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の著者による、心温まるも切ない物語。

 主人公は須玉明。高校生。彼には幽霊が見える。交通事故で生死の境をさまよい、目が覚めたらそうなっていた。その明が、初恋の幼馴染や高校の同級生ら、若くして亡くなった少女たちと出会う、4つの物語をつづる連作短編集。

 明が出会う少女たちは幽霊だ。亡くなってもこの世に留まっているのは、心残りなことがあるからだ。伝えられなかった言葉がある、やり残したことがある、残してきた友達が心配、誤解されたままになっている。しかし、幽霊の身では見ていることしかできない。

 少女たちにしてみれば、そんな時に自分の姿が見えて声も聞こえる、同じぐらいの年の男の子に出会ったわけで、多少強引でも協力させてしまう。明も、少女たちの積極さに押されながら、協力を惜しまない。

 「心温まるも切ない物語」と書いたけれど「切ない」気持ちが勝った。それぞれに「心残り」を果たして、それは本当によかった。けれども「心残り」を一つだけ果たして、それだけでいいの?と考えてしまう。十代の少女たちの潔さに対して、私の問かけは何とも未練なことだけれど。

 「死後のやり直しのチャンス」は、昔から映画や小説で数多く描かれてきた。それだけ「この世に残した未練」は不変のテーマなのだろう。無粋なことを言うが、普通はこんなチャンスには恵まれない。未練のないように日々を暮らしたいものだ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「君にさよならを言わない」 固定URL | 2.小説

« 僕の仕事はYouTube | トップページ | ネット炎上の研究 »

2.小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/63740205

この記事へのトラックバック一覧です: 君にさよならを言わない:

« 僕の仕事はYouTube | トップページ | ネット炎上の研究 »