« ぼくは明日、昨日のきみとデートする | トップページ | 世界の果てのこどもたち »

2016年2月 4日 (木)

あの日

著  者:小保方晴子
出版社:講談社
出版日:2016年1月28日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 初版5万部の発売直後に書店で売り切れが続出し、Amazonでも「在庫なし」になっていた。なんとか初版を入手できたのでさっそく読んでみた。

 本書はいわゆる「STAP細胞」騒動の渦中の人物である小保方晴子さんが、騒動のことをその前段となる研究や、大学時代のことから書き起こした手記。当人の視点から見ると、あの騒動はどう映っていたのか?

 まず最初に。売れ行きとは裏腹に、本書を見る世間の目は冷たい。私がこの本を買ったと知った知人は「なんでまた「あんな本を」」と言ったし、別の知人には下のような感想を伝えたら、「すっかり騙されちゃったね」と冷笑されてしまった。

 本書には「秘密の暴露」にあたるものはないのかもしれない。でも「私が知らなかったこと」は、とてもたくさん書いてあった。ちょっと調べればわかることなので「秘密」ではない。でも、どのメディアも調べなかったのか、きちんと伝えていないこと、が実はたくさんあったのではないかと思う。

 例えば、問題になったネイチャー誌への投稿論文の研究は、理研の小保方研究室ではなく、彼女が以前にポスドクとして参加していた、別の先生の研究室での研究だったこと。STAP幹細胞の樹立に成功した、と言っているのは、小保方さんではなく、その先生だということ。

 もちろん、これをもって「その先生こそが悪者」というのは早計だと思う。口さがない人は、小保方さんのことを「虚言癖がある」なんていうようだから、これもウソだという可能性はあるのだろう。ただそうでなければ、このことが伝わっていれば、世論の反応は違ったものになっていたに違いない。

 最後に。本書について「こんなものは全部、都合のいい言い訳だ」という評価もあるようだ。そうであっても、本書の内容の半分、いや冒頭からの3割だけでも本当なら、彼女は優秀な研究者だったと思う。私たちは、取り返しのつかないことをしたのではないか?と心配になった。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「あの日」 固定URL | 9.その他

« ぼくは明日、昨日のきみとデートする | トップページ | 世界の果てのこどもたち »

9.その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/63165321

この記事へのトラックバック一覧です: あの日:

« ぼくは明日、昨日のきみとデートする | トップページ | 世界の果てのこどもたち »