« 遺言 日本の未来へ | トップページ | 虹の岬の喫茶店 »

2015年8月16日 (日)

ブラック・ベルベット

著  者:恩田陸
出版社:双葉社
出版日:2015年5月24日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 著者の現在の最新刊。著者の作品はとても多様で、「ドミノ」のようにエンタテイメントに徹したコメディや、「上と外」のようなアドベンチャーは、私の大好きなジャンルだ。その他には「チョコレートコスモス」も「夜のピクニック」もよかった。ただ、私が苦手なホラー系の作品もあるので、なんとなく敬遠していて、著者の単行本作品を読むのは3年ぶり。

 帯を見て「失敗したかな?」と思った。「凄腕ウィルスハンター・神原恵弥シリーズ最新刊!」と書いてあったからだ。本書はシリーズものの第3弾らしい。それでも「まぁいいか」と思い直して読み始めた。

 結果から言うと、いきなり第3弾を読んでも楽しめた。登場人物やエピソードに、過去の作品をにおわせるものが少なからずあるので、順番に読むに越したことはないのだろう。それでも本書は本書だけで独立した物語になっている。

 主人公はシリーズ名にもなっている神原恵弥。米国の製薬会社に所属し、新薬開発につながる情報を探る調査員。敏腕で美形でバイセクシャル。ちなみに恵弥は「めぐみ」と読むけれど男性。でも女言葉を使うし、バイセクシャルなのでかつては男性の恋人もいた。なかなか濃いキャラクターだ。

 物語はショッキングな幕開けをする。恵弥が追っている女性が目の前で暴漢に刺殺される。場所は東西文化の交差点であるT共和国。旧知の国立感染症研究所の研究員から捜索を依頼され、その女性を発見して、接触を試みようとした矢先の出来事。

 ジャンルとしてはミステリーなので、ストーリーを詳しくは紹介しない。このあとT共和国に住む恵弥の高校の同級生との道行きで、薬物事件に絡んで様々な事件が立て続けに起きる。そのどれもが、輪郭を欠いたようにどこかあやふやな感じがする。

 この「あやふやな感じ」が、最後に来て明瞭になるのが本書の醍醐味。それまで見えていた風景が違って見える。(実は私には今一つ腑に落ちないことがあるのだけれど...)

 にほんブログ村「恩田陸」ブログコミュニティへ
 (恩田陸さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ブラック・ベルベット」 固定URL | 24.恩田陸, 3.ミステリー

« 遺言 日本の未来へ | トップページ | 虹の岬の喫茶店 »

24.恩田陸」カテゴリの記事

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/62148728

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ベルベット:

» 「ブラック・ベルベット」恩田陸 [粋な提案]
外資製薬会社に身を置く凄腕ウイルスハンター・神原恵弥。 ある博士の捜索を依頼されてT共和国にやってきたが、博士は殺されてしまう。 一方、この国では全身を黒い苔で覆われて死んだ人間がいるらしい。 ビジネスで滞在中のかつての恋人・橘は不穏な行動を見せる。 恵弥が想像だにしない、これらの背景に存在するものとは――? 製薬会社のプラントハンターである主人公が、海外住まいの長い友人を訪ね...... [続きを読む]

受信: 2017年3月 3日 (金) 12時01分

« 遺言 日本の未来へ | トップページ | 虹の岬の喫茶店 »