« 光とともに…自閉症児を抱えて(1)~(15) | トップページ | バケモノの子 »

2015年7月29日 (水)

さびしい女神 僕僕先生

著  者:仁木英之
出版社:新潮社
出版日:2010年4月20日 発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「僕僕先生」「薄妃の恋」「胡蝶の失くし物」につづくシリーズ第4弾。元ニート青年の主人公の王弁と、彼が師と仰ぐ仙人の僕僕先生の旅を描く。今回は前作で道連れとなった苗人の姫「蚕嬢(故あって巨大な蚕の姿をしている)」の国での物語。これまで3作は連作短編の形を取っていたが、今回は長編だ。

 蚕嬢の故郷である峰西は隣の峰東とともに、ひどい日照りに苦しんでいた。山の頂にある社におわす神に仕える巫女が、勤めの途中で逃げ出したことが原因らしい。その巫女がだれあろう「蚕嬢」。蚕の姿をしているのはその報い。ああなるほどそういうことか。

 この蚕嬢の話とは別に、主人公の王弁は山の頂で女神と出会う。「女神」という言葉から想像する麗しさとはかけ離れた姿。がさがさの体にくちびるからはみ出た歯、鼻は上を向き目は左右で極端に大きさが違う。名を「魃(ばつ)」という。

 これまでで一番読み応えがあった。長編ということもある。ただそれ以上に、スケールが大きいことと、これまで秘められた様々なことが分かってきたことが、その理由だ。なんと言っても今回の物語は、天地に秩序をもたらした神々の戦いに端を発している。僕僕先生その人も関係している。

 知らぬ間に逞しくなった王弁は、この度は師匠の僕僕先生の言うことを素直にきかない。これまでは二人の関係がどうなっていくのか?というのは、いわばただの下世話な興味を引いていただけだ。僕僕先生の「ありのままの姿」が垣間見えた今は、それがこのシリーズの大きなテーマへと変貌したように思う。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「さびしい女神 僕僕先生」 固定URL | 1.ファンタジー, 1D.仁木英之(僕僕先生)

« 光とともに…自閉症児を抱えて(1)~(15) | トップページ | バケモノの子 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1D.仁木英之(僕僕先生)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/62006954

この記事へのトラックバック一覧です: さびしい女神 僕僕先生:

» 僕僕先生シリーズ 「さびしい女神」 仁木 英之 [日々の書付]
僕僕先生シリーズももう4作目。今回の「さびしい女神」では苗(ミャオ)族の住む六合峰を訪れる僕僕一行。 六合峰では神につかえていた巫女が禁忌を犯してしまったため、封じられた渇きの神・魃が解放され土地は渇きに襲われていた。前回の因縁で知り合った蚕娘は実は六合峰の巫女で峰西の王女・水晶でした。 六合峰の旱魃に心を痛めた王弁は僕僕先生の力でなんとかしてほしいと頼みますが、先生はなぜか気のりがしない様子で、どこかへ行ってしまいます。 しかたなく王弁は封じられた魃に会いに行き、彼女がほんとうは... [続きを読む]

受信: 2015年8月 3日 (月) 01時12分

« 光とともに…自閉症児を抱えて(1)~(15) | トップページ | バケモノの子 »