« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

その女、アレックス

著  者:ピエール・ルメートル 訳:橘明美
出版社:文藝春秋
出版日:2014年9月10日 第1刷 2015年1月10日 第9刷
評  価:☆☆☆(説明)

 本書のことが各所で取り上げられて、昨年の11月ぐらいからお祭り騒ぎのようになっている。帯にも書いてあったが「史上初の6冠達成」のことだ。

 6冠というのは「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「ミステリが読みたい!」「IN☆POCKET」「英国推理作家協会」「フランスの読書賞」の6つのランキングで、それぞれ第1位または部門1位を獲得しているのだ。当然、書店でもこのことが大きく取り上げられて宣伝していた。期待して読んだ。

 主人公はアレックス。30歳、女性、美女。それともう1人、ヴェルーヴェン警部。50代、男性、身長145cm。この2人のストーリーが交互に語られる形で物語は進む。この2つのストーリーは、すぐにも交差しそうでいて、なかなか交わらない。

 アレックスのストーリーは、開始早々に緊張が走る。なんと彼女はいきなり誘拐されて、犯人のサイコ野郎に監禁される。「サイコ野郎」という表現は本書にはなく、私が思った。なぜかと言うと、そいつは彼女を裸にして、体を折り曲げないと入らない木箱に閉じ込めたから。「淫売がくたばるところを見てやる」と言って。気色悪い。

 ヴェルーヴェン警部のストーリーは、このアレックスの誘拐事件を追う。優秀な刑事らしく、地道な捜査と閃きで犯人を追いつめる。こちらのストーリーには、警部の個人的な事情が絡んで、なかなか「いい話」になっている。

 さて、これまでの紹介が本書のすべてなら「6冠達成」はないだろう。実は、ヴェルーヴェン警部が犯人を追いつめるのは、物語の開始からわずかに100ページ、約450ページの本書の4分の1ぐらいの場面なのだ。そこから物語はナナメ上の方へ疾走を始める。

 そのナナメ上加減が評価されての「6冠達成」なのだ。それはとてもよく分かる。帯に「101ページ以降の展開は、誰にも話さないでください」と書いてあるので、それを守って明かさないけれど、読んでいて「これはスゴいわ」と、私も思った。

 しかし、私なら本書を「第1位」には選ばないと思う。(何の審査員でもない私が偉そうに「選ばない」なんて言っても失笑されるだけだけれど)それは、事件があまりに凄惨で、正視に耐えなかったからだ。もちろん、その「凄惨さ」には意味があるのだけれど、それでもこれはキツい。

 「第1位」になれば、たくさんの人が読むことになる。私などよりもっとショックを受ける読者もいるだろう。そうなったら申し訳ない、というか私自身がイヤなので、私なら「第1位」には選ばない。そんなわけで、☆4つは堅い作品だとは思うのだけれど、1つ減らして☆は3つ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「その女、アレックス」 固定URL | 3.ミステリー | コメント (4) | トラックバック (2)

2015年1月25日 (日)

知の英断

著  者:吉成真由美
出版社:NHK出版
出版日:2014年4月10日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 20万部超(2014年3月時点)のベストセラーとなった「知の逆転」に次ぐ、世界の叡智と呼ばれる人々へのインタビュー集の第2弾。

 前著が「現代最高の知性」と言われる「研究者」へのインタビューであったのに対して、今回は国際政治の現場で実績を積む「知の実践者」へのもの。前著よりも議論が具体的で、本書の方がずっといい。おススメ。

 サイエンスライターの著者が、世界の「長老」に現代が抱える「困難」にどう立ち向かうのか?を聴く。「長老」は6人。ジミー・カーター、フェルナンド・カルドーゾ、グロ・ハーレム・ブルントラント、メアリー・ロビンソン、マルッティ・アハティサーリ、リチャード・ブランソン。

 国際政治に造詣が深い人でなければ、全員を知っている人はいないかもしれない。でも、各インタビューの扉のページに、コンパクトな紹介があって理解を助けてくれる。例えばジミー・カーター氏は「戦争をしなかった唯一のアメリカ大統領」、フェルナンド・カルドーゾ氏は「五〇年続いたハイパーインフレを、数か月で解消した大統領」という具合に。

 感銘を受けた言葉がたくさんあった。その一つを紹介する。ジミー・カーター氏の「北朝鮮と日本との関係を緩和するためには?」という質問への答え。主旨としては「お互いに尊敬の念を持って話し合うことだ」ということ。

 これは、他の紛争にも言えることで「相手は敵で悪い奴だ」と思っているうちは、「勝ち負け」でしか決着しない。そして「負けた」方は憎悪を募らせて、次の紛争の種となる。その悪循環。さて我々に紛争の相手に「尊敬の念を持つ」度量はあるだろうか?

 最後に、あまりに的確で脱力さえしてしまった言葉。アイルランド初の女性大統領で、現在はアフリカ大湖地域の紛争解決を担う国連特使のメアリー・ロビンソン氏の、現在の様々な「和平会議」を表したもの。「悪い男たちが悪い男たちと話をしては、お互いに許しあったりしている」。まったくその通り。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「知の英断」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

虫眼とアニ眼

著  者:養老孟司、宮崎駿
出版社:新潮社
出版日:2008年2月1日 発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 解剖学者の養老孟司さんと、スタジオジブリの宮崎駿さんの対談集。対談の時期は1997年、1998年、2001年の3回。ざっと15年ぐらい前になる。「もののけ姫」が1997年、「千と千尋の神隠し」が2001年の公開。養老さんの「バカの壁」は2003年、この対談はそれよりも前だ。

 タイトルの「虫眼とアニ眼」について。「虫眼」は「小さな虫の動きも逃さず捉えて感動できる」眼のこと。少年のころはみんなが持っていたのに、いつか無くしてしまう。その点、養老さんは昆虫採集が趣味で、今でも「虫眼」を持っているらしい。「アニ眼」は、もちろんアニメとの語呂合わせだ。

 この2人が雑誌のインタビュアー(3つの対談はそれぞれ別の雑誌の記事になったもの)を交えて、日本の自然のこと、社会のこと、教育のこと、お互いのことを語り合っている。最初の対談で相通じるものを感じたらしく、とても自然体でおおらかに会話が進む。年代が近いことも作用しているのだろう。

 感じたことを2つ。1つめ。宮崎駿さんは、私とは年代も違うし立場も違うし..というより共通点を見つける方が難しいのだけれど、共感できることがいくつもあった。例えば「子育て」について。「極端なのは放っておいても育つわけだけど、それでも毎日毎日なにかしら手入れして育てる。でも、結局は子どもがどうなるかなんてわかるわけないんです」。これは、私もそう感じていた。

 2つめ。冒頭にも書いたように、対談は15年も前に行われたもの。それなのに「古さ」をあまり感じない。当時人気のあった政治家の話題などは、さすがに月日を感じるが、日本の自然や「原風景」の喪失や、人の考え方の変化を嘆く様子は、今、この二人が対談しても同じことを話されるのではないかと思う。私たちの社会は、良くもならない代わりにひどく悪くもなっていないのかも、と思った。15年は長いようで短い。

 ちょっと面白かったエピソード。「親から「うちの子どもはトトロが大好きで、もう100回ぐらい見てます」なんて手紙が来ると、そのたびにこれはヤバイなあと、心底思うんですね。(中略)いっそビデオの箱に書きたいですね、「見るのは年に一回にしてください」って(笑)。」

 最後に。冒頭に宮崎駿さんのカラーイラストが多数収録されている。それは、宮崎さんの理想の保育園や住宅や広場とそれがある町を描いたもの。理想を「絵」で表現できるって素晴らしい。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「虫眼とアニ眼」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年1月17日 (土)

キャロリング

著  者:有川浩
出版社:幻冬舎
出版日:2014年10月25日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 主人公は大和俊介。32歳。「エンジェル・メーカー」という、社員数5名の子供服メーカーの営業。この会社が12月25日をもって倒産・廃業する、というところから物語は始まる。

 残りの社員を紹介する。社長は西山英代、俊介の母の友人。デザイナーの佐々木勉、丸々した体型にとっつぁん坊や的童顔。営業の朝倉恵那、歳は俊介より1つ上、美人、東大卒。そしてデザイナーの折原柊子、俊介と同い年。以前、俊介と付き合っていて結婚の話まで出たが、今はただの同僚。

 「エンジェル・メーカー」では、別事業として学童保育をやっている。子供の親をサポートするという関連。多くの親子は惜しみながらも事前に別の施設に移っていったが、一人だけ25日まで預かることに。それが6年生の田所航平くん。

 物語は、俊介と柊子の関係を捉えながら、様々なことに枝を伸ばしていく。俊介の過去、航平の別居中の両親のこと、航平の父親が務める整骨院のこと、そこが抱える借金のこと、その借金を貸している闇金業者のこと。

 著者はラブストーリーを描く作家。それも複数のカップルを同時に描くことが多い。今回も俊介と柊子だけでなく何組もの男女が描かれる。ざっと数えて5組。いつもより多い。そしていつもより様々な男女のあり方を描いた。ハッピーなものばかりではなく。

 ちょっとクサいセリフも著者の持ち味。冒頭の緊迫した場面が、読んでいる間中頭から離れず、ハラハラさせられた。うまい演出だと思う。

 著者の最新刊。昨年の10月25日発行なのに、11月4日からNHKでテレビドラマ化されて、BSプレミアムで放送された。本を原作とするのなら、先に本を読む時間として、せめて半年ぐらいは空けてほしいと思う。

 コンプリート継続中!(アンソロジー以外の書籍化された作品)
 「有川浩」カテゴリー

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「キャロリング」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

流星ワゴン

著  者:重松清
出版社:講談社
出版日:2005年2月15日 第1刷発行 2014年12月24日 第59刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 著者の作品は、いつも少しホロッっとくる。時には心揺さぶられる作品の出会うこともある。本書は「本の雑誌」2002年度の年間ベスト1になった作品。

 主人公は永田一雄、38歳。結婚して14年、中学1年生の息子がいる。妻のこと息子のこと仕事のこと、いろいろなことが上手く行っていない。「死のう」と決めるほどの気力もなく、「死んじゃってもいいかなあ、もう」などと考えながら終電で帰って来て、駅前のロータリーのベンチに座っているところから物語は始まる。

 一雄の目の前にワゴン車が止まる。ワイン色の古い型のオデッセイ。ドアが開いて「早く乗ってよ。ずっと待ってたんだから」と催促される。声の主は健太くん。車を運転していたのは健太くんのお父さんで橋本さん。...二人は5年前の交通事故で亡くなっていた。

 つまりどういうこと?一雄はもう死んでるの?そういうことは曖昧なまま物語は先に進む。橋本さん親子の説明によると、このワゴン車は、一雄にとって「たいせつな場所」に連れて行ってくれる、という。地理的な意味だけでなく、時間的にもたいせつな場所。「あれが分かれ目だった」と思うような場所に。

 すぐに「ああそうか。「タイムスリップ+やり直し」モノだな」と思ったけれど、どうやら単純にやり直しができるわけではなく、かと言って全然できないわけでもなく、もう少し複雑。この複雑さが、良く言えば物語に奥行や余韻を持たせている。悪く言えば設定が混乱しているように感じる。

 一雄がオデッセイに運ばれて、何か所かの「たいせつな場所」に行き、何かをしたり何かを見つけたりする。ほんの些細なことだけれども、それがとても大切なことなのだと、一雄も読者も知ることになる。

 私は、幸いなことに「死んじゃってもいいかなあ」と思ったことはないけれど、いつも順風満帆でもない。私の人生にもたくさんの分かれ目があったことが、今なら分かる。これからはできれば、分かれ目に気が付けるように、耳を澄まし目を開いておきたいと思った。本書にはホロッっときた。

※本書を原作としたテレビドラマがTBS系で、1月18日(日)から放映されます。
日曜劇場「流星ワゴン」公式サイト

 にほんブログ村「重松清のトラバ」ブログコミュニティへ
 (重松清さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「流星ワゴン」 固定URL | 2.小説, 28.重松清 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

ドミトリーともきんす

著  者:高野文子
出版社:中央公論新社
出版日:2014年9月25日 初版発行 10月30日 5版発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 昨年の秋ぐらいから、全然違う方面の知り合いが何人か「これ面白いよ」と勧めてきた。その間に新聞や雑誌の書評欄で次々に取り上げられ、「本の雑誌」の2014年度ベスト10の特集に載り...と、ちょっとした「話題の本」になっている。

 著者の高野文子さんは漫画家で、本書も基本的にマンガ。装飾の少ない乾いた感じの絵がとても心地いい。

 主人公はとも子さん。娘のきん子ちゃんと2人で学生寮を営んでいる。とも子さんの「とも」と、きん子ちゃんの「きん」、それで「ドミトリーともきんす」。説明の必要はなかったかもしれないけれど。

 住んでいる学生さんがスゴイ。朝永振一郎くん、牧野富太郎くん、中谷宇吉郎くん、そして湯川秀樹くん。これも、説明の必要はないかもしれないけれど、昭和の前半に活躍した科学者たち、それも錚々たる顔ぶれだ。とも子さん親子と彼らの語らいが、4ページ半ほどの短いマンガとして、10編あまり収められている。

 そもそもはとも子さんの空想から始まっている。うんと昔の科学者の皆さん。偉くなってからだと、会っても緊張してしまって何も言えないと思うけれど、まだ若者でご近所に住んでいたらどうだろう?という設定。

 マンガの中ではまだ学生さんの科学者の皆さんが、その研究について熱っぽく語ってくれる。そして分かりやすく。そうきん子ちゃんにも分かるように。私にも分かるように。

 面白かった。そして驚いたことがある。科学者の皆さんは、その学術書だけでなく、一般向けの科学書も書いている、それだけでなく、随筆や日記なども出版されているのだ。あまりに功績の大きい皆さんだから、その功績に目が行ってしまうのは仕方ないけれど、人間的にもとても魅力的だったことが分かる。

 本書は、科学者の皆さんが記したブックガイドにもなっている。気になった本を読んでみようと思う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ドミトリーともきんす」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

丹生都比売

著  者:梨木香歩
出版社:出版工房 原生林
出版日:1995年11月20日 初版第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 本書は、著者のデビュー作「西の魔女が死んだ」に続く第2作。日本古代史最大の内乱と言われる「壬申の乱」を題材にしたとてもナイーブな物語。

 「内乱」と「ナイーブ」という2つの言葉は、お互いに似つかわしくない。本書は壬申の乱そのものを描いた「戦記もの」ではない。その前後を生きた一人の皇子を主人公とした、彼の身の回りの物語。

 主人公の名は草壁皇子。壬申の乱の一方の当事者である大海人皇子(のちの天武天皇)の第2皇子。彼は体が弱く、すぐに熱を出して寝込んでしまう。幼い子のためにあつらえた弓矢でも、それ引くこともできない。周囲の期待を集めるタイプではない。聡明で利発で文武に秀でた弟の大津皇子とは対照的に。

 時代としては、父の大海人皇子が、皇位継承の争いを避けて、出家して吉野に下っている期間を中心に描く。つまり壬申の乱の直前。タイトルの「丹生都比売(におつひめ)」とは、吉野の水銀と水を統べる神霊で、大海人皇子を加護する姫神の名前だ。

 大海人皇子が、皇位継承から身を引いたとはいっても、近江宮の大友皇子にとっては、自分を脅かす政敵に違いなく、吉野の宮にも常にきな臭さが漂う。そんな中で草壁皇子は、父母の期待に応えられない自分を不甲斐なく思い、悪夢にうなされる日々を過ごしている。そしてある日、キサという名の言葉を話せない少女と出会う。

 物語は、草壁皇子とキサの子どもらしい邂逅を描いていくうちに、周囲はきな臭さの度合いを増す。やがて大乱となることもその結果も分かっているのだけれど、息が詰まる。丹生都比売の加護はあるのか?

 父の想い、母の想い、子どもの想い。古代の内乱の渦の中心に、こんな濃やかな物語を綴ることができるとは。著者に敬服。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「丹生都比売」 固定URL | 2.小説, 25.梨木香歩 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

集団的自衛権の深層

著  者:松竹伸幸
出版社:平凡社
出版日:2013年9月13日 初版第1刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 今年最初の読書は「集団的自衛権」について。集団的自衛権には、昨年7月にその行使を認める閣議決定が行われ、この1月に召集される通常国会で関連法案が提出される見込み。私にはできることがほぼ皆無なのだけれど、今一度勉強しようと思った。

 本書の構成はおおむね3つに分かれる。1つめは、安倍政権がなぜ集団的自衛権行使容認を急ぐのか。2つめは、冷戦期とそれ以後に集団的自衛権はどのように国際社会で扱われてきたか。3つめは、日本として集団的自衛権の行使はいかにあるべきか。

 この本で、私たちが知っておくべきことは、「国際社会での集団的自衛権の扱い」だと思う。なぜなら「国際社会での集団的自衛権の扱い」は、私たちが理解している「不当に攻撃を受けている国を助ける」という集団的自衛権のあり方と全く違うからだ。

 これまでに「集団的自衛権の行使」と主張された例は、ソ連のハンガリー介入(1956年)、アメリカのベトナム戦争(1966年)、ソ連のチェコスロバキア侵略(1968年)、ソ連のアフガニスタン侵略(1980年)、アメリカのグレナダ介入(1983年)など。

 詳細は本書や他の情報に当たってもらいたい。ただ言えることは、ソ連やアメリカがどこかの国を「助ける」ために軍隊を派遣したのではない、ということだ。ソ連のアフガニスタン侵略のように「支援の要請があった」国の政府自身を打倒してしまう例が多い。要は、超大国が、侵略や傀儡政権の樹立のための戦争の口実に使っているということなのだ。

 もちろん、こうした集団的自衛権の「誤った使い方」に対しては、その都度、国際社会から批判が巻き起こっている。つまり「これは誤っている」という認識は、国際社会で共有されている。それでも「誤った使い方」はなくならない。というより「正しい使い方」をしたことは一度もないらしい。

 こんなことに、日本は乗ってしまってもいいのか?

 最後に。本書は2013年9月に発行された本で、例の閣議決定より10か月前になる。そのため、現在の政府方針を基にすると、少し指摘が的を射ない部分がある。それでも上に述べた「集団的自衛権の行使」の例を知るだけでも読む価値はあると思う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「集団的自衛権の深層」 固定URL | 7.オピニオン | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます。

 皆さん、あけましておめでとうございます。

 昨年は、2月に大雪に見舞われたことが原因となって読書ペースが乱れたことが、意外と後を引いてしまいました。それでも何とか100作品を紹介することができました。2010年から5年連続で100作品超えとなりました(最後に帳尻合わせで100作品にしたことを否定しません(笑))。

 2月の豪雪、9月の御嶽山噴火、11月の長野県北部地震と、私自身には被害はないものの、2014年は身近に起きた災害が多い年でした。この国にというか、この星に住む以上、いつどのような災害に見舞われるかわからない、「備えよ常に(ボーイスカウト、ガールスカウトのモットー)」という言葉をかみしめています。

 それでは、今年が、皆さんにとって良い年でありますように。

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「あけましておめでとうございます。」 固定URL | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »