« ダンス・ウィズ・ドラゴン | トップページ | キャプテンサンダーボルト »

2014年12月21日 (日)

同級生

著  者:東野圭吾
出版社:講談社
出版日:1996年8月15日 第1刷発行 2010年12月1日 第51刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 1993年というから今からざっと20年も前の作品。手元にある文庫本の帯には「ターニングポイントとなった傑作! この作品で作家・東野圭吾はますます輝きを増した」とある。この惹句に魅かれた。

 主人公は西原荘一。地域随一の名門高校の3年生。野球部の主将。物語の発端は同級生の死。野球部のマネージャーでもあった宮前由希子が交通事故で亡くなる。真相が明らかになるにつれて、この「事故」が、学校全体を揺るがす「事件」に発展していく。

 由希子は身籠っていた。産婦人科病院からの帰りに事故に会ったらしい。事故が様々な憶測を呼び、西原は「事件」の当事者になる。生徒指導の教師も事故に関わりがあることがわかり、西原と学校は鋭く対立し、ついには「殺人事件」が起きる。

 当初は同級生の死を発端とした、学校の中の様々な出来事を描いた「学園モノ」の様相だったけれど、この「殺人事件」後には、犯人捜しを軸にしたミステリーの王道が展開される。

 この学園モノからミステリーへの転換が実に鮮やかで、引き込まれた。さらにそのミステリーの背景には、高校生の友情・恋愛、教師と生徒の対立、学校の体面、それに環境問題など、様々なものが描き込まれている。多少「描き込み過ぎ」な感はあるが、物語を楽しめた。

 にほんブログ村「東野圭吾」ブログコミュニティへ
 (東野圭吾さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「同級生」 固定URL | 3.ミステリー, 32.東野圭吾

« ダンス・ウィズ・ドラゴン | トップページ | キャプテンサンダーボルト »

3.ミステリー」カテゴリの記事

32.東野圭吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/60853156

この記事へのトラックバック一覧です: 同級生:

» 『同級生』 [観・読・聴・験 備忘録]
東野圭吾 『同級生』(講談社文庫)、読了。 同級生が自動車事故で死んだ。 生活指導の教師から逃げるように車道に飛び出したらしい。 その子は妊娠していた。 生活指導の教師が教室で絞殺死体で発見された。 父親である主人公に、嫌疑がかかる・・・・。 面白かったです。 事件が進行していくミステリのプロセスも面白かったのですが、 主人公が、「死んだ少女の彼氏として相応しい行動は...... [続きを読む]

受信: 2014年12月23日 (火) 20時41分

« ダンス・ウィズ・ドラゴン | トップページ | キャプテンサンダーボルト »