« 明日は、いずこの空の下 | トップページ | マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝 »

2014年10月 2日 (木)

伝え方が9割

著  者:佐々木圭一
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2013年2月28日 第1刷発行 8月8日 第11刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 知り合いに薦められて借りて読んだ。正直に言ってあまり期待していなかった。「人は見た目が9割 」という本が、100万部を超えるベストセラーとなったのだけれど、内容は「メラビアンの法則」を誤用した上に、中身のないものだった。その後「○○が9割」という本がたくさん出版されたけれど、どれも同類に思えてしまっていた。

 本書はどうだったかと言うと、これが意外と(なんて言っちゃ失礼なのだけれど)良かった。とても役に立ちそうだ。最初は「やっぱりなぁ」と思って読んでいた。「まったくあなたに興味がない人をデートに誘うときのコトバ」なんて興味ないし、第一それってゴマカシじゃないの?と思ったので。

 本書のベースにある考え方はこうだ。「同じことを言っていても伝え方によって結果が変わる」「伝え方にはシンプルな技術がある」。コピーライターとして、著者が試行錯誤の末に導いたその「技術」を伝授してくれる、というわけだ。

 どんな技術かと言えば、大きく分けると「「ノー」を「イエス」に変える技術」と「「強いコトバ」をつくる技術」の2つ。それぞれを豊富な具体例を使って解説している。私は特に「強いコトバ~」が参考になった。

 「強いコトバ」にはエネルギーがあるのだ。言葉にエネルギーを与える一番簡単な方法は「!」をつけることだ。「なぁんだ、そんなことか」と思ったかもしれないけれど、これだって意識して使えば立派な「技術」なのだ。(自分の首を絞めてしまったかも?今後、私の言葉に「!」が増えても指摘しないで欲しい)

 最後に。考えてみれば「技術」は、上に書いた「ゴマカシ」を言い換えたものだけれど、受け取る感じは全く違う。それから
何よりも「伝え方」の指南書だけあって、伝え方がうまい。本書自体が著者の「伝え方」の上手さの証明になっている。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「伝え方が9割」 固定URL | 6.経済・実用書

« 明日は、いずこの空の下 | トップページ | マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝 »

6.経済・実用書」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
記事拝見しました。

しゃべりのうまい下手や、話す順番など、伝え方ってテクニックが
ありますよね!

「!」シンプルやけど、その通りですね!

私は、ビジネス系のブログを5年ほど書いているのですが
よろしければ、相互リンクしていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

↓ このブログです。

朝礼ネタ困るよねぇ~
 ⇒ http://tyourei.blog78.fc2.com/

コメント欄の記載で、申し訳ございません。

投稿: ゆずMAN | 2014年10月22日 (水) 22時41分

ゆずMANさん、コメントありがとうございます。
そしてお返事が大幅に遅れたことをお詫びします。ごめんなさい。

ブログ拝見しました。朝礼ネタ、確かに困ってる人いますね。
わたしの家族も当番が回ってくるたびに悩んでいます。

相互リンクのことですが、大変申し訳ないのですが、相互リンクは
友達か読書関係のブログに限らせていただいています。手前勝手な
決まりで申し訳ないのですが、これまでもそのように対応させて
いただいておりますので、悪しからずご了承ください。

投稿: YO-SHI | 2014年11月 6日 (木) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/60407340

この記事へのトラックバック一覧です: 伝え方が9割:

« 明日は、いずこの空の下 | トップページ | マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝 »