« マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝 | トップページ | アイネクライネハナトムジーク »

2014年10月 9日 (木)

第九軍団のワシ

著  者:ローズマリ・サトクリフ 訳:猪熊葉子
出版社:岩波書店
出版日:1972年7月10日 第1刷 1984年11月5日 第4刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 上橋菜穂子さんが、影響を受けた作家としていつも上げられるのが、著者であるサトクリフ。そして「明日は、いずこの空の下」で、数多い作品の中から3つ選んだ中の一つが、この「第九軍団のワシ」。どんな物語なのか楽しみに読んだ。

 舞台は2世紀のイギリス。ローマ帝国のブリテン平定の北方前線への圧力が強まっていたころ。主人公はマーカス。ブリテン南西部の町の守備隊の司令官として赴任してきた。まだ20歳ぐらいの青年だった。

 マーカスの父親も軍人だった。第九軍団(ヒスパナ軍団)という歴史ある部隊の第一大隊長だった。しかし12年前にその第九軍団は、ブリテン最北部の氏族を平定するために進軍したのち、忽然と消息を絶ってしまっていた。副司令官でもある父親が守っていた、第九軍団の象徴である黄金の「ワシ」の行方も分からなくなっていた。

 物語は、マーカスの負傷・軍団からの離脱から、療養を経て「ワシ」の探査行を縦軸に描く。そこに、後に無二の友となるエスカ、隣家の少女のコティアらとの出会いと関係の発展横軸に、さらに、征服者であるローマ人に対する、被征服者のブリテン人の複雑な感情を背景にして、重厚な作品となっている。

 上橋さんがのめり込んだのも分かる気がする。これまで私は著者の作品として何冊か読んだのだけれど、「アーサー王」や「オデュッセイア」など、原典のある作品ばかりだった。それも良かったのだけれど、オリジナル作品はさらに良かった。

 なんと、映画にもなっていた。
 第九軍団のワシ スペシャル・エディション [DVD]

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「第九軍団のワシ」 固定URL | 1.ファンタジー, 15.サトクリフ

« マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝 | トップページ | アイネクライネハナトムジーク »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

15.サトクリフ」カテゴリの記事

コメント

あまり日本人になじみのない時代の話ですが、読んでいるうちに惹きこまれていきました。風や匂いやスピード感などが体感できるような文章で、なるほど、上橋先生が選んだわけがわかるような気がします。シリーズ全部読んでみたくなりました。

投稿: 日月 | 2015年2月 1日 (日) 22時47分

日月さん、コメントありがとうございます。

日月さんのブログを拝見しました。そこでも書かれているとおり、
上橋菜穂子さんの作品への影響が、この本には伺えますね。
私も、少しずつシリーズを読んでいこうと思っています。

投稿: YO-SHI | 2015年2月 8日 (日) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/60456715

この記事へのトラックバック一覧です: 第九軍団のワシ:

« マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝 | トップページ | アイネクライネハナトムジーク »