« 薄妃の恋 僕僕先生 | トップページ | 明日の子供たち »

2014年8月27日 (水)

思い出のマーニー

著  者:ジョーン・G・ロビンソン 訳:松野正子
出版社:岩波書店
出版日:2014年5月15日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 現在公開中のスタジオジブリの映画「思い出のマーニー」の原作。映画の方は「もし評判が良ければ..」ぐらいなんだけれど、原作は読んでみようと思って手に取って見た。手元に届いて意外に思ったのは、400ページのけっこう厚い本だったこと。勝手な思い込みでだけれど、もう少し薄い本を想像していた。

 主人公はアンナという名の少女。もっと幼いころに両親を亡くし、プレストン夫妻という養父母に育てられた。物語は、喘息の転地療養のために、プレストン夫妻の古い友人であるペグ夫妻の元に、アンナが出発するシーンから始まる。

 この冒頭の短い出発のシーンに、アンナが抱えるものが暗示的に描かれている。喘息以外に「やってみようともしない」ことを大人たちが心配していること。普通の子どもたちが考えるような「友だち」とか「一緒に遊ぶ」とかいったことに興味がないこと。自分だけ「外側」にいるように感じていること...。そこには「心の問題」が垣間見える。

 ペグ夫妻の元でアンナは、行きたいところに行き、したいことをして暮らす。時に問題を起こすこともあるのだけれど、ペグ夫妻は、全面的にアンナを受け止めてくれる。そんな暮らしの中で、アンナは同じ歳ぐらいの少女マーニーと出会う。物語はこの後、アンナとマーニーの「大人たちには秘密の」面会を繰り返し描き、やがてそれも終わるときが来て...。

 マーニーの登場後に、私の頭に常にあったのは「マーニーとは誰なのか?」「そもそも実在するのか?」ということだ。もちろんマーニーはアンナと普通に話をするし、触れることもできる。しかし、その実在を危うくするようなことが、物語のそこここに潜んでいる。

 面白かった。アンナがかなり無茶な行いに及ぶので心配になってしまうが、そういった奔放さもこの物語には必要だったのだと思う。「マーニーとは誰なのか?」というミステリーの要素、子どもらしい無邪気さと少しの残酷さ、アンナの回復、そういったことが混然となって物語を引っ張っていく。

 最後に。どの版にあるのかどうか分からなけれど、私が読んだ「特装版」には河合隼雄氏による「「思い出のマーニー」を読む」という題の解説が付いていた。物語に「解説」なんて要らないという声もあるだろう。しかしこれは、物語全体に新しい光を当てる素晴らしい解説だと思う。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「思い出のマーニー」 固定URL | 1.ファンタジー

« 薄妃の恋 僕僕先生 | トップページ | 明日の子供たち »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

しょっちゅうお邪魔させていただいているのですけれども、
この記事には今まで以上の興味を惹かれたので書き込みします。

びっくりしたのが、

>マーニーの登場後に、私の頭に常にあったのは「マーニーとは誰なのか?」「そもそも実在するのか?」ということだ。もちろんマーニーはアンナと普通に話をするし、触れることもできる。しかし、その実在を危うくするようなことが、物語のそこここに潜んでいる。

これです。
えっ。
そういう話だったんですね。

しかも感想を読ませていただくにあたり、
思っていた以上に深そうです。

しかもしかも、解説が河合隼雄先生だなんて。
うひゃあ。

いいものを見せていただきました。

投稿: Y.K. | 2014年8月29日 (金) 09時51分

Y.K.さん、コメントありがとうございます!

このブログをよく見ていただいているそうで、重ねてありがとうございます。
読んでみて、私も思った以上に深い話だな、と思いました。
また、河合隼雄先生の解説は一見の価値ありだと思います。
ぜひお読みいただいて、感想などを聞かせていただければ幸いです。

投稿: YO-SHI | 2014年9月 2日 (火) 00時55分

河合隼雄先生の解説は魅力的ですね。映画の原作はたいてい読むのですが、できるだけ映画の後に読むようにしています。だって絶対原作の方がいいんだもの(笑)。文庫派ですが、これは探して読んでみたいです。

投稿: けろろ | 2014年10月10日 (金) 12時44分

けろろさん、コメントありがとうございます!

「映画もよかった」はあっても「映画の方がよかった」はないですね、確かに。
少し調べたところでは、河合隼雄先生による解説は、この特装版だけのようです。
もし、読まれたら感想などを聞かせてもらえるとうれしいです。

投稿: YO-SHI | 2014年10月11日 (土) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/60217579

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出のマーニー:

« 薄妃の恋 僕僕先生 | トップページ | 明日の子供たち »