« いつまでもショパン | トップページ | バーティミアス ソロモンの指輪1 フェニックス編 »

2014年7月13日 (日)

アンダルシア

著  者:真保裕一
出版社:講談社
出版日:2011年6月9日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「アマルフィ」「天使の報酬」に続く、外交官・黒田康作シリーズの第3作。「アマルフィ」は2009年に本書は2011年にそれぞれ映画化された(注:映画と書籍では設定や展開が大きく違う)。

 主人公は黒田康作。「邦人保護担当特別領事」という肩書を持つ外交官。外国での日本人の保護の事案に、特別な任務を帯びて派遣される。今回はスペインのカナリア諸島で、コカイン密輸の疑いで逮捕された遠洋船の乗組員の元に派遣された。ただしその乗組員の権利の保護のためではなく、スペイン軍警察との司法取引に応じるよう説得するためだ。

 と紹介したけれど、この任務は冒頭20ページで完了。今回の物語とは直接の関係はない。しかし、読み終わると周到な下敷きになっていたことが分かる。

 本編の物語は、在バルセロナ総領事館にかかって来た一本の電話から始まる。マドリード在住の日本人女性からの電話で、買い物に行ったアンドラ公国で「パスポートと財布を落とした」という。

 黒田がこの女性の救助要請に応える。ミステリー作品なので本編の物語を詳しく紹介するのは控えるが、同時期にアンドラ公国で起きた殺人事件への、この女性の関与が疑われ、その対処に黒田が巻き込まれる。それは更なる大きな事件へとつながっていた。

 アンドラ公国というのは、スペインとフランスの国境に位置する小国。かつてはスペイン、フランスの両国を宗主国とし、現在も防衛や外交はフランスに頼っている。税金がかからず銀行は顧客の秘密主義を通して来たため、「租税回避地」として後ろ暗いお金も流れ込んでいそうだ。

 そうした地政学的な背景をうまく物語に組み込み、なかなか複雑なストーリーになっている。スペインの警察官に「日本のMI6」と言われるシーンがあるが、黒田の活躍はジェームズ・ボンドばりだ。それが痛快と感じるか、「あり得ない」と白けるか。私は前者だった。

 にほんブログ村「真保裕一トラコミュ」ブログコミュニティへ
 (真保裕一さんの作品についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「アンダルシア」 固定URL | 3.ミステリー

« いつまでもショパン | トップページ | バーティミアス ソロモンの指輪1 フェニックス編 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/59980548

この記事へのトラックバック一覧です: アンダルシア:

« いつまでもショパン | トップページ | バーティミアス ソロモンの指輪1 フェニックス編 »