« 小夜しぐれ みをつくし料理帖 | トップページ | いつまでもショパン »

2014年7月 6日 (日)

スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実

著  者:ルーク・ハーディング 訳:三木俊哉
出版社:日経BP社
出版日:2014年5月26日 第1版第2刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 R+(レビュープラス)様にて献本いただきました。感謝。

 2013年6月の、エドワード・スノーデン氏による、アメリカ国家安全保障局(NSA)が、世界中の個人情報を収集していたことを暴露・告発した事件のドキュメンタリー。

 スノーデン氏は、元CIAおよびNSAの局員。NSAではシステム管理者として機密情報にアクセスすることができた。そこで、NSAがインターネットの通信の盗聴やサーバーへの侵入によって、世界中の人々の通話、Eメール、検索履歴などを収集していることを知る。

 米国民に対する広範なこのような情報の収集は、合衆国憲法(修正第四条)に違反する。そう考えたスノーデン氏は、国家によるこの重大な裏切りを告発するために、機密文書を公開した。本書は、この告発に至るスノーデン氏の経歴から、告発後の数か月を、多方面からの取材によって克明に追う。

 「事実は小説より奇なり」(「推薦のことば」を寄せた元外務省主任分析官の佐藤優さんもそう書いていた)。苔むしたこんな言葉が読み終わって浮かんだ。1年前のことゆえ記憶に新しい方もいるだろうが、スノーデン氏は、香港に身を潜めながら情報を公開し、追手をかわすために中南米へ向かう。その途中のモスクワの空港のトランジットエリアで足止めされるが、39日後にロシアへの亡命が認められた。サスペンス小説さながらの緊迫感だ。

 著者は英国の新聞社「ガーディアン」の海外特派員。スノーデン氏が持つ機密情報を最初に公開したのが、ガーディアン米国なので、本書を記すための好位置にいたことは確かだ。しかし、わずか1年前の(見方によっては現在進行形の)事件のため、関係者が容易にすべてを話してくれたとは思えない。これだけ克明に再現できたのは驚異的。本書は現代史の貴重な記録だと思う。

 この後は書評ではなく、この本を読んで思ったことを書いています。お付き合いいただける方はどうぞ。 

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 「サスペンス小説さながらの緊迫感」と書きましたが、本心ではその続きがあります。「本当に小説だったら、どんなに良かったか」。その理由は、このドキュメンタリーは私たちの暮らしと地続きだからです。読めば面白いサスペンス小説でも、自分が巻き込まれたらたまったものじゃないです。

 NSAが収集していた情報には、私のEメールや検索履歴も入っていると考えられます(もちろん皆さんのも)。「それで何か不都合でも?」と言われれば、別に不都合なことはありません。だたし今は、です。もし私や私の活動が、政府にとって都合の悪いものになれば(もちろんそんな予定はありませんが)、私の情報が私を拘束するために使われるかもしれません。

 地続きだと思ったのには他にも理由があります。この話は、昨年末に成立した「特定秘密保護法」にまっすぐにつながっています。「そんなこととっくに分かっていた」という方もいるのでしょうが、私は本書を読んでいる途中で、急につながりました。

 米国政府は「第2第3のスノーデンが出ないようにする必要がある」と考えたはずです。それにはこうした犯罪(米国政府から見れば、だけれど)を未然に防ぐ仕組みが必要。それも同盟国全体に(この事件でも、NSAと情報共有していた英国の情報も暴露されています)。「特定秘密保護法」の背景に、米国の強い意向があるのは周知のことですが、タイミングを考えると、この事件が直接の契機になった、として間違いないと思います。

 これに関連して「地続き」の理由がもう一つ。法律が恣意的に運用されることは、もはや「恐れ」ではなく「事実」だということです。上であっさりと「未然に防ぐ」と書きましたが、法律によって犯罪が起きる前に取り締まるためには、まだコトが起きていない「疑わしい」という段階で拘束できなければいけません。そしてこの「疑わしい」は、どうにでも解釈できます。

 本書の後半で明らかになりますが、英国はスノーデン氏のファイルを持ったジャーナリストを「反テロリズム法」を根拠に空港で拘束しています。その法律では、テロ行為に関わると疑われる「相当な理由」があれば入国を阻止できるそうです。しかしそのジャーナリストはテロ行為に関わっていることを疑う理由などなにもないのに、「関わっていないか確認するために」拘束したのです。

 つまり「相当な理由」という条件なんて、あってないようなものだということです。現在、憲法の「解釈」が話題になっていますが、法律はも解釈が必要で、解釈次第でどうにでも運用されるのです。そして、国家がその気になれば、一個人を相手に、なりふり構わないことも行われる。残念ながらそういうことです。

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実」 固定URL | 5.ノンフィクション

« 小夜しぐれ みをつくし料理帖 | トップページ | いつまでもショパン »

5.ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/59944447

この記事へのトラックバック一覧です: スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実:

» スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実 [風竜胆の書評]
 エドワード・スノーデンによる内部告発が報道されたのは記憶に新しい。米国家安全保障局(NSA)や英政府通信本部(GCHQ)などの個人情報収集を無差別大量に収集しているという ... [続きを読む]

受信: 2014年8月 9日 (土) 22時47分

« 小夜しぐれ みをつくし料理帖 | トップページ | いつまでもショパン »