« 55歳からのハローライフ | トップページ | 温室デイズ »

2014年6月19日 (木)

全員で稼ぐ組織

著  者:森田直行
出版社:日経BP社
出版日:2014年6月2日 第1版第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 R+(レビュープラス)様にて献本いただきました。感謝。

 本書は京セラの創業者である稲森和夫さんが、企業経営の実体験から編み出した経営手法である「アメーバ経営」を解説したもの。2010年に経営破綻した日本航空(JAL)の再生に稲森さんが乗り込んで、2年余りで東証への再上場を果たした。その時に適用した手法がこの「アメーバ経営」だ。

 「アメーバ経営」最大の特徴は、会社組織を「アメーバ」と呼ばれる小集団組織に分けること。それぞれの「アメーバ」のリーダーが経営者のように小集団組織の経営を行う。リーダーが的確な判断を行えるように、「アメーバ」ごとの採算を表す経営数値をリアルタイムで提供するシステムも整備する。

 「アメーバ」のリーダーが、メンバーとともに様々な努力や工夫といった「改善」を行う。その「改善」の結果はすぐに経営数値になって表れる。そうなると人間の習性として、その数値を少しでも良くする方法を考え始める。この「人間の習性」が「アメーバ経営」の駆動力だと言える。

 「アメーバ」の分け方、経営数値の作り方、といったことの詳細が、JALをはじめとする具体的な事例とともに解説されている。すぐにでも自社で適用できそうだ。

 しかし、この本では分からないこともある。それは、社員の意識改革を如何にして行うか、ということ。最初の「改善」という一回しの「駆動力」は、意識改革によって得るだと思う。もっともこれは文字にして人に伝えられることではないだろう。

 経営手法の解説本はいろいろあるけれど、本書は優れた本だと思う。組織を経営する立場の人は読んでみたらどうだろう?書店で目にしたら、巻末の付録「早わかりアメーバ経営」だけでも目を通して欲しい。 

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「全員で稼ぐ組織」 固定URL | 6.経済・実用書

« 55歳からのハローライフ | トップページ | 温室デイズ »

6.経済・実用書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/59839092

この記事へのトラックバック一覧です: 全員で稼ぐ組織:

« 55歳からのハローライフ | トップページ | 温室デイズ »