« 蛇を踏む | トップページ | 文・堺雅人 »

2014年5月29日 (木)

タルト・タタンの夢

著  者:近藤史恵
出版社:東京創元社
出版日:2014年4月30日 初版 5月23日 3版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 著者の作品との出会いは「サクリファイス」だった。その後「エデン」「サヴァイヴ」「キアズマ」と読み進めてきた。だから、著者のことを「サクリファイス」から始まる、自転車ロードレースの世界を描く作家さん、だと認識していた。それが、とんでもない間違いだと分かった。

 本書の舞台は、下町の商店街にあるフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」。シェフの三舟忍、料理人の志村洋二、ソムリエの金子ゆき、ギャルソンの高築智行の4人で切り盛りするこじんまりした店。主人公兼語りは高築くんが務める。

 物語は、店を訪れる客たちの事件、まぁ事件とも言えないちょっと不可解な出来事を、三舟シェフが鮮やかに解き明かす、とても軽い連作短編ミステリーだ。例えば、婚約したばかりの常連客が体調を崩したとか、極度の偏食があるお客の不倫の行方とか、奥さんが何も言わずに出て行ってしまった理由とか...

 心温まるホッとする物語だった。登場人物は、ほぼ店の4人とその回のお客だけ。「ビストロ・パ・マル」のように、こじんまりとまとまりのいい話。そして、お店で供される料理の数々のように、時にはスパイスが効いた、時にはやさしい甘さの、そして暖かい話。読んでいて心地いい、そしてヴァン・ショー(スパイス入りホットワイン)が飲みたくなる。

 お店の面々のキャラもいい。三舟は無精髭に長い髪を後ろで束ねた素浪人風で無口。志村は背が高く清潔感のある人当りのいい二枚目。紅一点の金子さんは、ショートカットの20代後半の女性。趣味は俳句。強いて言えば高築くんだけが、どんな男の子なのかまだ分からない。

 最初に「とんでもない間違い」と書いた。どうして今までそうしなかったのか分からないけれど、ちょっと調べると、著者の作品の多さや、シリーズものがいくつもあることが分かった。「サクリファイス」はワン・オブ・ゼムでしかないことは一目瞭然。でも、私にとっての著者の作品世界への入り口としては悪くなかったと思う。

 にほんブログ村「近藤史恵」ブログコミュニティへ
 (近藤史恵さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「タルト・タタンの夢」 固定URL | 2B.近藤史恵, 3.ミステリー

« 蛇を踏む | トップページ | 文・堺雅人 »

2B.近藤史恵」カテゴリの記事

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/59727557

この記事へのトラックバック一覧です: タルト・タタンの夢:

« 蛇を踏む | トップページ | 文・堺雅人 »