« 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 | トップページ | はなとゆめ »

2014年2月 6日 (木)

ビブリア古書堂の事件手帖5

著  者:三上延
出版社:アスキー・メディアワークス
出版日:2014年1月24日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 人気ベストセラーシリーズの第5巻。「帯には累計550万部突破!」の文字が躍る。

 3巻4巻のレビューを読んだ方には繰り返しになるけれど、このシリーズは3巻目から俄然面白くなった。4巻はその盛り上がりを維持した。そして本書は...

 4巻がシリーズ初の長編だったのに対して、本書はまた1編に1つの本にまつわる謎を追いかける連作短編に戻った。古書店の若い女店主の栞子が、溢れるほど豊富な古書の知識を使ってその謎を解く。それを主人公であるアルバイトの大輔の目を通して語る。

 その見事な謎解きがこのシリーズの特長ではあるのだけれど、巻を重ねるとさすがに飽きてくる。3巻の盛り上がりは、それに加えて栞子自身にまつわるミステリーが、シリーズを貫く芯としてストーリーに絡んできたことによる。

 そして、上の「そして本書は...」の続き。本書では維持してきたテンションを、フッと緩めた「転換」を見せる。栞子のミステリーについては一旦クールダウン。その代わりに、栞子と大輔の関係の大きな進展の予感で引っ張る。

 「転換」と言えば、本書から各短編の後にこれまでにはなかった「断章」が付くようになった。そこでは、主人公の大輔がいない場面での栞子が描かれている。これがなかなか効果的だ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ビブリア古書堂の事件手帖5」 固定URL | 3.ミステリー, 3A.三上延(ビブリア古書堂)

« 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 | トップページ | はなとゆめ »

3.ミステリー」カテゴリの記事

3A.三上延(ビブリア古書堂)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/59079357

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖5:

» 『ビブリア古書堂の事件手帖5 栞子さんと繋がりの時』 三上 延 [日々の書付]
『ビブリア古書堂の事件手帖5 栞子さんと繋がりの時』を読みました。 北鎌倉のビブリア古書堂で、本にまつわる謎を解く才能をもつ店主・栞子さんと、彼女を愛する店員の大輔。 栞子さんには、本を求めて失踪した母親がいますが、恐ろしく頭のきれる母親は、栞子さんと大輔を引き離し、自分のパートナーとして連れ去ろうとしています。 前回、大輔は栞子さんに告白したのですが、返事は保留。悶々としながらも素直に返事を待つ大輔。栞子さんは、返事をする前に、母親に会う決心をします。 母親の仲介役の人物から、会う... [続きを読む]

受信: 2014年2月 6日 (木) 21時47分

« 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 | トップページ | はなとゆめ »