« 日本人はなぜ存在するか | トップページ | タックス・ヘイブン 逃げていく税金 »

2014年1月12日 (日)

花散らしの雨 みをつくし料理帖

著  者:高田郁
出版社:角川春樹事務所
出版日:2009年10月18日 第1刷発行 2013年9月8日 第33刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「八朔の雪」に続く「みをつくし料理帖」シリーズの第2弾。前作のレビューで「これは楽しみが増えた」なんて書いておいて、あれから半年以上が経ってしまった。

 主人公は前作を同じく澪、歳は二十歳ごろ。女性ながら大坂の一流料理屋で修行し、訳あって江戸に来て今は「つる家」という料理屋で板前をしている。舞台は前作で神田にあった店がつけ火で焼けてしまったので、九段坂下に移って来た。

 これも前作と同じく、料理の名前が副題についた短編が4つ収録されている。「ほろにが蕗ご飯」「こぼれ梅」「なめらか葛饅頭」「忍び瓜」。名前からどんな料理か想像がつかないものもあるが、読めばどれも滅法うまそうな料理なのだ。

 一遍一遍に事件があり人情があり解決がある。「ほろにが蕗ご飯」では年端もいかない子どもが背負う苦渋に苦悶し、「なめらか葛饅頭」では病に倒れた隣人への献身に泣いた。
 またシリーズを通してのテーマもある。「こぼれ梅」では幼馴染の親友との会うことのない交流、「忍び瓜」では澪の恋心がこれまでにないほどはっきりと描かれた。

 「つる屋」の主人の種市、元女将の芳、医者の源斉や客の小松原、といった人々とのやり取りや、宿敵の登龍楼との因縁など、基本的には前作で蒔いた種が育っている感じ。ただし、新しい登場人物もいる。下足番として雇ったふきと戯作者の清右衛門。この二人が新しい種になりそうだ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「花散らしの雨 みをつくし料理帖」 固定URL | 2.小説, 2D.高田郁

« 日本人はなぜ存在するか | トップページ | タックス・ヘイブン 逃げていく税金 »

2.小説」カテゴリの記事

2D.高田郁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/58934690

この記事へのトラックバック一覧です: 花散らしの雨 みをつくし料理帖:

» 花散らしの雨(2) 高田郁 みをつくし料理帖(2) あらすじ、ネタバレ注意 ふきと美緒が登場。登龍楼のたくらみ [ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意]
花散らしの雨(2)みをつくし料理帖の2巻  今、大好きな時代小説シリーズです 花散らしの雨著者:高田郁楽天ブックスで詳細を見る  このシリーズは  、だいたい半年に一 ... [続きを読む]

受信: 2014年1月18日 (土) 10時22分

« 日本人はなぜ存在するか | トップページ | タックス・ヘイブン 逃げていく税金 »