« 限界集落株式会社 | トップページ | 漂流しはじめた日本の教育 »

2013年12月12日 (木)

華胥の幽夢

著  者:小野不由美
出版社:講談社
出版日:2001年9月5日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「十二国記」シリーズの第7作。シリーズで初めての短編集で、5編の短編を収録。

 時代としては、「月の影 影の海」で陽子が十二国の世界に来た前後らしい。舞台となった国や登場人物は様々。これまでに語られた物語の「その後」もあれば、ほとんど触れられなかった国の物語もある。

 「冬栄」は、「風の海 迷宮の岸」の戴国の泰麒の「その後」で、「黄昏の岸 暁の天」の前日譚。幼い泰麒が訪問する、という形でこれまであまり触れられなかった漣国が描かれる。

 「その後」の物語はあと2つ。「乗月」は、「風の万里 黎明の空」の祥瓊が、公主(王の娘)の身分をはく奪された後の芳国の物語。「書簡」は、「月の影 影の海」からしばらくした、陽子と楽俊の往復書簡。

 これまでほとんど触れられなかった国の物語は2つ。「帰山」は、傾いていく柳国での物語。ただし登場するのは「図南の翼」に登場した利広と「東の海神 西の滄海」の風漢。二人ともそれぞれある国の王族なのだけれど、それを知っていてお互いに知らんぷりをしている。風漢が突然語りだす囲碁のエピソードは意味深長だ。

 「華胥」は、同じく傾いていく才国の物語。若くして傑物と言われ悪政を敷いた先王を討ち、自ら天命を受けて登極した、清廉潔白な王と有能な部下。しかし何故か国は荒んでいく...。正直言って、回りくどくて冗長で途中で飽きてしまった。ただ、ハッとする言葉にも出会った。

 「責難は成事にあらず」(人を責め非難する事は、何かを成す事ではない)

 にほんブログ村「十二国記」ブログコミュニティへ
 (「十二国記」についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「華胥の幽夢」 固定URL | 1.ファンタジー, 1C.小野不由美

« 限界集落株式会社 | トップページ | 漂流しはじめた日本の教育 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1C.小野不由美」カテゴリの記事

コメント

突然のご連絡、失礼いたします。

「求職者支援訓練」というサイトを運営している楠村と申します。

今回、こちらのサイトを拝見させて頂き、
ぜひ相互リンクをお願いしたくご連絡させていただきました。

先に以下サイトの右サイドバーに勝手ながらリンクを貼らせていただきました。
http://xn--p1u50at75cv8k.com/link/

また、メインカラムの方で、RSSも掲載させて頂いております。

ご検討の程、宜しくお願いいたします。

楠村

--------------------------------
楠村
infoo@xn--p1u50at75cv8k.com

求職者支援訓練
http://xn--p1u50at75cv8k.com/
--------------------------------

投稿: 楠村 | 2013年12月13日 (金) 16時41分

楠村さん、コメントありがとうございます。

相互リンクの件ですが、リンクは読書関係かお友達のブログに
限らせていただいています。
申し訳ございませんが、お受けできません。悪しからずご了承
ください。

投稿: YO-SHI | 2013年12月13日 (金) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/58746046

この記事へのトラックバック一覧です: 華胥の幽夢:

« 限界集落株式会社 | トップページ | 漂流しはじめた日本の教育 »