« 「村上春樹」大好き! | トップページ | 死神の浮力 »

2013年9月 1日 (日)

風の海 迷宮の岸

著  者:小野不由美
出版社:講談社
出版日:2000年4月15日 第1刷発行 2002年4月11日 第3刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「月の影 影の海」から始まる「十二国記」シリーズの第2作。世界観はそのままに、主人公も舞台も時代も変わる。

 主人公は泰麒、十二国の内の1つ「戴」の国の麒麟。舞台は生まれ落ちた麒麟が育つ「蓬山」。時代は、「月の影 影の海」を少し遡ったころ。麒麟とは、12の国にそれぞれ1体だけいる神獣で、天意に従って王を選び、その王を補佐して国を治める役割を担う。

 本来、麒麟は蓬山の奥にある木の実から孵って、王を選ぶその日まで蓬山で暮らす。しかし泰麒が宿る実は、「蝕」と呼ばれる天変地異で、蓬莱の国に流れて行ってしまった。蓬莱の国とは、つまり私たちが暮らす「こちら側」の世界。泰麒は、私たちの世界で10歳まで育った後に、蓬山に帰還する。

 この物語を通して感じるのは、泰麒が抱く「欠落感」。10歳まで育った私たちの世界では、泰麒は「お友達とうまくやっていくこと」ができなかった。両親や祖母を喜ばせることもできなかった。そして蓬山でも、別世界で10年の年月を暮らした泰麒は、他の麒麟たちができることが何一つできない...

 ただしこの少々重たい感覚は、物語を底流してはいるものの、常に表面に出ているわけではない。表面には10歳の少年の、全く異質な世界に放り込まれながらもそれに順応する「しなやかさ」と「成長」が描かれていて、清々しくさえある。

 前作「月の影 影の海」が、何度もアップダウンを繰り返す波乱の展開であったのに対して、本書は後半の盛り上がりに向けてなだらかに登っていく感じだった。それはそれで悪くはないのだけれど、私としては前作の方が面白かった。

 前作と重なる登場人物もあり、シリーズとしての繋がりは保たれている。また、前作では分からなかった「十二国記」の世界の成り立ちやシステムについても書かれていて、本書は良いガイダンスにもなっている。

 にほんブログ村「十二国記」ブログコミュニティへ
 (「十二国記」についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「風の海 迷宮の岸」 固定URL | 1.ファンタジー, 1C.小野不由美

« 「村上春樹」大好き! | トップページ | 死神の浮力 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1C.小野不由美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/58110437

この記事へのトラックバック一覧です: 風の海 迷宮の岸:

« 「村上春樹」大好き! | トップページ | 死神の浮力 »