« 理系の子 高校生科学オリンピックの青春 | トップページ | ねぇ、委員長 »

2013年5月30日 (木)

東京バンドワゴン

著  者:小路幸也
出版社:集英社
出版日:2006年4月30日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 何人かの方から「面白いよ」と教えていただいていたのだけれど、タイミングが合わなかったのか、そのまま2~3年経ってしまった。今回めでたく読むことができた。面白かった。私が好きなタイプの物語だった。

 舞台はタイトルになっている「東京バンドワゴン」という名の下町の古本屋。明治18年創業というから歴史ある老舗だ。「バンドワゴン」というのは、楽隊を乗せた行列の先頭を行く車のこと。ずいぶん「ハイカラ」なネーミングだ。(もっとも「ハイカラ」という言葉は明治の後期にできたそうだから、言葉より先んじている)

 主要な登場人物が多い。「東京バンドワゴン」を営む堀田家には、店主の勘一を筆頭に4世代8人が暮らしている。そして語り手は、勘一の亡くなった妻のサチ。だから堀田家だけで9人いることになる。個性的な面々で、勘一は80歳を目前ながら90キロはある巨漢、その息子の我南人(がなと)は60歳にして金髪の「伝説のロックンローラー」。我南人には1女2男の子どもがいて、上の2人には小学生の子どもがいる。

 物語は、「東京バンドワゴン」の周辺で起きる「小さな謎」の巡るミステリー。例えば、勘一も他の誰も覚えがない百科事典が、店の棚に置かれていて、さらに夕方には忽然と消える。また、店の蔵が何者かに侵入されたり、小学生の子どもたちが付け回されたり、といった物騒な出来事も起きる。

 全体を通しての雰囲気は「昭和のホームドラマ」だ。頑固者の家長を中心にした大家族で、お互いを思いやりながらの暮らし。しかし個性のぶつかりは、時に(というか頻繁に)衝突を起こして、ドタバタとしたドラマを生む。巻末には「あの頃」のテレビドラマへの著者の言葉が記されている。

 「LOVEだねぇ」が口癖のロックンローラー我南人は、私には内田裕也さんを思わせる。特定のモデルはいない、ということになっているようだけれど。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「東京バンドワゴン」 固定URL | 3.ミステリー, 39.小路幸也(バンドワゴン)

« 理系の子 高校生科学オリンピックの青春 | トップページ | ねぇ、委員長 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

39.小路幸也(バンドワゴン)」カテゴリの記事

コメント

YO-SH様


いつもブログを楽しく拝見させていただいています。
以前森見さんの記事に何度かコメントさせてもらいました。


東京バンドワゴンを読まれていて、嬉しくてコメントさせていただきました。
私はこのシリーズが大好きで、YO-SHさんが読んだらどんな感想を持つのかな?
と結構前にブログ内検索を掛けたことがあります


最近は話題のある物を!と本が飛び交っている中で、ずっと変わらない本だなぁと表紙を開く度にどこか安心して読んでいます。
続きも是非お読みになってください。巻を増すほど面白いですよ。


ではでは。駄文でした。
有頂天家族アニメ化ですね!


ほうび

投稿: ほうび | 2013年6月10日 (月) 12時45分

ほうびさん、コメントありがとうございます。

本文にも書きましたが、この本は2~3年前から気になっていて、
「私が好きなタイプの本だ」ということも、根拠はなくとも
何となく気が付いていました。この度、読むことができて良かったです。
「シー・ラブズ・ユー」も図書館で借りてきました。

「有頂天家族」7月7日からですね。ただキー局の放送はないんですね。
BS11で見られるから、まぁいいんですけど。

※「聖なる怠け者の冒険」も読みました。

投稿: YO-SHI | 2013年6月12日 (水) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/57490845

この記事へのトラックバック一覧です: 東京バンドワゴン:

« 理系の子 高校生科学オリンピックの青春 | トップページ | ねぇ、委員長 »