« 王狼たちの戦旗 氷と炎の歌2(上)(下) | トップページ | ダブル・ジョーカー »

2013年2月17日 (日)

星空から来た犬

著  者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 訳:原島文世
出版社:早川書房
出版日:2004年9月5日 初版発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 背表紙に「ファンタジィの女王ジョーンズの若き日の傑作」と書いてある。前に紹介した「ウィルキンズの歯と呪いの魔法」が、著者の子供向けの作品の第1作で、出版されたのは1973年。本書の英国での出版は1975年だから、最初期の作品と言える。まぁ著者は1934年生まれだから、そのころは40代。「若き日」と言うのかどうか、意見の別れるところだけれど。

 物語は主人公の「天狼星シリウス」が被告として出廷する裁判のシーンから始まる。この「シリウス」とは、今の季節に南の低い夜空に輝く星の、あのシリウスのこと。この物語では、夜空の星々がそれぞれに人格を持っている。シリウスは高い階級の「光官」であったが、罪に問われて有罪となり、その罪を償うために地球へ送り出された。犬の姿となって。

 シリウスは記憶も失って、生まれたばかりの子犬となって人生?をやり直す。自分一匹だけで生きていけるはずもなく、いきなり生命の危機を迎えるが、そこを人間の少女キャスリーンに救われる。その後、太陽やら地球やら(もちろん彼ら?にも人格がある)に助けを得て記憶を取り戻し...という物語。

 辛口のユーモアや皮肉が著者の作品の持ち味の一つ。キャスリーンは父親が刑務所に入っている間、親戚の家に預けられている。その親戚がまぁイヤなヤツで、「こんな人子供の本に登場させていいのかな?」という感じなんだけれど、実は「ダメな大人」は著者の作品の定番。それは最初期作品からそうだったわけだ。

 ちなみに、シリウスは英語では「Dog Star」だからシリウスが犬になるのは、言葉遊びというか自然な成り行きでもある。(そういえば、ハリーポッターでもシリウス・ブラックが犬に変身していた)。それから原題の「Dogsbody」は「犬のからだ」だけれど、英語では物語に関連する別の意味もあるそうだ。
 この本の訳者は、以前にコメントをいただいたことのある原島文世さん。上の「ちなみに」以下は、原島さんによる「あとがき」の受け売りだ。ご本人は「読まなくもていい」なんて書かれているけれど、本書を読んだあとに是非「あとがき」を読んで欲しい。本書が一段深く理解できるようになるから。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「星空から来た犬」 固定URL | 1.ファンタジー, 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

« 王狼たちの戦旗 氷と炎の歌2(上)(下) | トップページ | ダブル・ジョーカー »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
この度、相互リンクをお願いしたく書き込みさせていただきました。

当方、「よりみち図書館」という読書ブログを開設しているものです。
小説、実用書を中心に幅広いジャンルの本を読み、その感想を書いております。
更新頻度は二日に一度のペースとなっています。

よろしければ、相互リンクお願いいたします。

投稿: 図書館男子 | 2013年2月18日 (月) 20時53分

図書館男子さん、コメントありがとうございます。

お返事が遅くなり、申し訳ございません。
右サイドバーの「リンクリスト」に「よりみち図書館」を
加えました。ご都合の良い時にご確認ください。

投稿: YO-SHI | 2013年3月 2日 (土) 14時39分

リンクを追加してくださって、ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 図書館男子 | 2013年3月 2日 (土) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/56787111

この記事へのトラックバック一覧です: 星空から来た犬:

« 王狼たちの戦旗 氷と炎の歌2(上)(下) | トップページ | ダブル・ジョーカー »