« 10分あれば書店に行きなさい | トップページ | 星空から来た犬 »

2013年2月14日 (木)

王狼たちの戦旗 氷と炎の歌2(上)(下)

著  者:ジョージ・R・R・マーティン 訳:岡部宏之
出版社:早川書房
出版日:2004年11月15日 初版発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「七王国の玉座」の続編で、「氷と炎の歌」シリーズの第2弾。このシリーズは中世の英国を思わせる、架空の王国での覇権争いを描いたファンタジー。前作と同じく、本書も約450ページの二段組みの上下巻。シリーズ全体では7部作になるという、長大な物語だ。(ちなみに現在、英語の原書は第5部まで、邦訳は第4部まで刊行されている)

 物語は前作から続いているので、舞台も登場人物もほぼ同じ。王国の最北の地域の領主であるスターク家の王妃ケイトリンとその4人の子どもたち、敵対するラニスター家のティリオン、以前の王家であるターガリエン家のデーナリスらの視点からの物語が順次語られる。

 前作で、王国を統治するロバート王が暗殺され、王の補佐役であったスターク家の当主、エダートも謀反の罪を被せられて処刑される。すぐにロバートの息子が王位を継承したが、ロバートの弟2人と、エダートの息子がそれぞれ王を名乗る。4人の王が並び立ち、王国の勢力図は一気に流動的になる、という状態で本書は始まる。

 この前提だけで十分にややこしいのだけれど、領主たちは婚姻や主従関係によって、複雑な同盟関係にあり、しかも陰謀や裏切りが日常茶飯事で、兄弟姉妹や幼馴染であっても油断はできない。また、ケイトリンの子どもたちはバラバラになり、それぞれの立場で窮地に陥っている。あぁ、こんな入り組んだストーリーを紹介するのは、とてもムリだ。

 こんな紹介では、複雑なことだけが伝わったかもしれない。しかし、複雑な長い物語であるにも関わらず、順番に時間をかけて読めば、作品世界がスッ頭の中に入ってくる。驚きを禁じ得ない。(情報によると次作「剣嵐の大地」は、上中下巻だそうだ。このシリーズとの付き合いは長くなりそうだ)

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「王狼たちの戦旗 氷と炎の歌2(上)(下)」 固定URL | 1.ファンタジー

« 10分あれば書店に行きなさい | トップページ | 星空から来た犬 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/56766654

この記事へのトラックバック一覧です: 王狼たちの戦旗 氷と炎の歌2(上)(下):

« 10分あれば書店に行きなさい | トップページ | 星空から来た犬 »