« デイルマーク王国史4 時の彼方の王冠 | トップページ | 禁断の魔術 ガリレオ8 »

2013年1月 9日 (水)

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

著  者:水野敬也
出版社:飛鳥新社
出版日:2012年12月13日第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 2007年に出版された「夢をかなえるゾウ」の続編。本書の帯によると、前書は200万部を超える大ヒットになったそうだ。とにかく面白い本で、私は2008年の「今年読んだ本ランキング」で、「ビジネス・ノンフィクション部門」の1位にしている。

 5年余りして出版された続編の本書は、前書とほぼ同じ趣向。つまり、ゾウの顔をしたヒンドゥー教の神のガネーシャが、芽が出ないでウツウツとしている若者を、成功へと導く。その方法が、ほとんど悪ふざけとしか思えないのだけれど、よくよく考えれば「真理」が隠されていることに気が付く。

 今回の主人公、つまりウツウツとしている若者は、34歳で芸歴8年の売れないピン芸人の勤太郎。サラリーマンを辞して芸人の世界に飛び込んだが、8年経っても「新人発掘ライブ」にしか出られない。年下の先輩芸人からは「サラリーマンに戻った方がいいんじゃねぇの?」と言われる始末。
 そんな勤太郎の前にガネーシャが現れ、なんとコンビを組んで、日本最大のお笑いの祭典「ゴッド・オブ・コント」で優勝を目指すと言う。と言っても、ガネーシャのやることは無責任でいい加減、勤太郎がひとり苦労する。そこに、実は8年前から勤太郎の部屋にいたという貧乏神の幸子さんや、ガネーシャの友だちの釈迦らが絡んで、勤太郎の生活はさらに混乱...

 上に書いたように、前書とほぼ同じ趣向だ。ガネーシャのいい加減さも、それに翻弄される主人公の混乱も、全体のハチャメチャ具合も良く似ている。しかし、前書のようには支持されないだろう。前書にあって本書にないものがあって、それが多分決定的な違いになっていると感じる。

 それは「ガネーシャの課題」だ。前書には全部で30近くある章ごとに「靴をみがく」「コンビニでお釣りを募金する」といった課題があって、それがなかなか的を射た「成功の秘訣」になっていた。実践すれば自分も成功(成長)できるのでは?と思えたのが、大ヒットの理由だと思う。
 本書にはそういったものはない(物語の中から読み取ればないことはないのだけれど)。「自分の役に立ちそう」という気持ちにならない。「面白くてちょっとホロッとさせる話」ではあるけれど、それ以上のものがないのが残念だ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」 固定URL | 6.経済・実用書

« デイルマーク王国史4 時の彼方の王冠 | トップページ | 禁断の魔術 ガリレオ8 »

6.経済・実用書」カテゴリの記事

コメント

2がでていたんですね。
前作は図書館によっては小説のカテゴリーとして登録されていたのが印象的でした。
5年経ち、作者はビジネス書としてではなく小説として書いたのかもしれないと、
邪推してみました。

投稿: 西由記 | 2013年1月17日 (木) 17時27分

西由記さん、コメントありがとうございます。

なるほど、前書と比べると小説としての意味合いが
強くなっていますね。
「大金星」という著者の作品も読みましたが、
そちらも実用書というよりは小説でした。
こちらの形式が著者のいつものスタイルなのかも
しれませんね。

投稿: YO-SHI | 2013年1月18日 (金) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/56506656

この記事へのトラックバック一覧です: 夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神:

« デイルマーク王国史4 時の彼方の王冠 | トップページ | 禁断の魔術 ガリレオ8 »