« ウィルキンズの歯と呪いの魔法 | トップページ | ナミヤ雑貨店の奇蹟 »

2012年12月16日 (日)

うそうそ

著  者:畠中恵
出版社:新潮社
出版日:2006年5月30日 発行 6月15日 3刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「しゃばけ」シリーズの第5作。2、3、4作目は短編集なので、本書は第1作「しゃばけ」に続く2作目の長編作品になる。短編集も、しみじみとして良い作品があり良かったが、やはり長編は読み応えがあって格別だった。

 病弱で寝込んでばかりいる主人公の一太郎が、今回は湯治のためとは言え、箱根まで旅に出ることになった。今なら小田急ロマンスカーで新宿から1時間半だけれど、江戸時代には厳しい旅だったはずで、病弱な一太郎は大丈夫なのか?

 まぁ一太郎は大店の跡取り息子で、両親は一太郎には砂糖菓子のように甘い人たちなので、息子が疲れないように金に糸目を付けない旅程が組まれた。予定通り行けば、一太郎はほとんど歩かずに宿に着いて、湯につかることができる。..そしてもちろん、予定通りには行かない。

 人さらいに遭ったり、天狗の集団の襲撃を受けたり。病弱で、ちょっと外の冷たい空気に当たっただけで、具合が悪くなって寝込んでしまう一太郎には、なかなかに過酷な経験が待っていた。しかし、これも一太郎の成長には役立った。

 「私は何かの役に立っているのだろうか?」という、常に一太郎を悩ませる想いを吹っ切れるきかっけを、少しはつかんだようだ。タイトルの「うそうそ」は「嘘々」ではなく、江戸言葉で「きょろきょろ、うろうろとたずねまわるさま」だそうだ。一太郎は自分が居る意味を、未だきょろきょろと探している。

 舞台を江戸から箱根に移したことで、神様やら天狗やらの新しい「人ならぬ者」や、人間の新しいキャラクターたちも登場してにぎやかな感じだった。

 にほんブログ村「しゃばけ」ブログコミュニティへ
 (「しゃばけ」についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「うそうそ」 固定URL | 1.ファンタジー, 1B.畠中恵

« ウィルキンズの歯と呪いの魔法 | トップページ | ナミヤ雑貨店の奇蹟 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1B.畠中恵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/56332370

この記事へのトラックバック一覧です: うそうそ:

» しゃばけシリーズ「うそうそ」 畠中 恵 [日々の書付]
しゃばけシリーズ「うそうそ」がドラマ第2弾として放映決定だそうですね。「しゃばけ」と同じく長編なのでドラマ化しやすいのでしょう。それにしゃばけシリーズには珍しく旅のお話ですし、前作とは一味ちがった感じになるかもしれません。またドラマのしゃばけファミリーに会えるのが楽しみです。 さて、「うそうそ」のお話。 このところ江戸では地震が続いている。若だんなもなんだか妙な夢を見るようになり落ち着かない。若だんなの身を心配した両親は思い切って若だんなを箱根に湯治にやることにする。 長崎屋は廻船問屋です... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 23時38分

« ウィルキンズの歯と呪いの魔法 | トップページ | ナミヤ雑貨店の奇蹟 »