« うそうそ | トップページ | がらっと自分の「性格」を思いのままに変える方法 »

2012年12月19日 (水)

ナミヤ雑貨店の奇蹟

著  者:東野圭吾
出版社:角川書店
出版日:2012年3月30日 初版発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 数々の作品を世に送り出し続けている著者。本書はミステリーではなく、ハートウォーミングな作品。

 本書は複数の主人公からなる、いわばオムニバス形式の物語。盗みに入って逃走中の3人組。ミュージシャン志望の魚屋の息子。老いた父を心配する雑貨屋の息子。夜逃げの経験があるビートルズファン。...しかし、真の主人公は、人ではなく「ナミヤ雑貨店」という名の不思議な雑貨店だ。

 ナミヤ雑貨店は「どんな悩みも解決してくれる雑貨店」として、40年前に週刊誌に紹介された店。近所の子どもたちが「ナミヤ」を「ナヤミ」とわざと間違えたのがきっかけで、当時の店主の浪矢雄治が半ばヤケクソで始めた悩み相談が、評判になってしまったものだ。

 悩み相談の手紙を夜中に郵便口に入れておけば、翌朝には返事が返ってくる。雄治はどんな相談にも真剣に答えた。相談する方は手紙を出すときには半信半疑でも、返ってきた返事は真剣に受け取る。もちろん返事の通りにするとは限らないけれど、その後の人生には大きな影響を与える。

 さて、ここまで字数を使って書いてきたが、これでは本書の紹介にはなっていない。これはナミヤ雑貨店の悩み相談の「システムの紹介」に過ぎない。このシステム、つまり文通による悩み相談の両側、顔を合わせることの無い、相談する側と答える側(答える側にもドラマがある)の心の交流が物語を形づくっている。

 実は、これでも本書の紹介の半分ぐらいにしかならない。読み始めてすぐに気が付くが、著者の筆は、数十年の時空を軽々と飛び越えてしまう。いわゆるタイムスリップが起きて、一見すると派手な仕掛けに過ぎないように見えるかもしれな。しかし、時空を越えるからこそ描けた感動が本書にはある。

 にほんブログ村「東野圭吾」ブログコミュニティへ
 (東野圭吾さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 固定URL | 2.小説, 32.東野圭吾

« うそうそ | トップページ | がらっと自分の「性格」を思いのままに変える方法 »

2.小説」カテゴリの記事

32.東野圭吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/56351871

この記事へのトラックバック一覧です: ナミヤ雑貨店の奇蹟:

» 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」東野 圭吾 [心に残る本]
しばらくブログの更新ができずにいました。 あるイベントの主催者のお手伝いとして、準備にいろいろ忙しかったもので・・・。 そちらも無事終わりましたので、またブログのほうに復活しようと思います。 と...... [続きを読む]

受信: 2013年1月 2日 (水) 08時52分

» 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 東野 圭吾 [日々の書付]
演劇集団キャラメルボックスが舞台化するというので、原作「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読んでみました。 実は私、東野圭吾作品はちょっと苦手だったんです。東野作品ではときおり、人間の内面がひどく醜く描かれていて、そいつらにまったく共感できずに、物語にのめり込めないことがあったので。 名作「容疑者Xの献身」ですら、物語は非常に面白かったものの、ヒロインの行動や心理に共感がもてませんでした。けれど、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は違いました。みんながみんな、心が優しい人達で、読み始めたら夢中になり、もう止まりませ... [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 08時38分

» ナミヤ雑貨店の奇蹟  著者 東野圭吾 [読書と足跡]
ナミヤ雑貨店の奇蹟  著者 東野圭吾 東野作品史上、もっとも泣ける感動ミステリー、待望の文庫化! 悩み相談、未来を知ってる私にお任せください。 少年3人が忍び込んだ廃屋。 そこは過去と未来が手紙でつながる不思議な雑貨店だった。 悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャ...... [続きを読む]

受信: 2017年10月28日 (土) 19時16分

« うそうそ | トップページ | がらっと自分の「性格」を思いのままに変える方法 »