« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

2012年の「今年読んだ本ランキング」を作りました。

 今年で5回目で恒例となった「今年読んだ本のランキング」を作りました。昨年までと同じく小説部門は10位まで、ビジネス・ノンフィクション部門は5位までです。
(参考:過去のランキング2011年2010年2009年2008年

 今年このブログで紹介した本は103作品でした。☆の数は、「☆4つ」が34個、「☆3つ」は64個、「☆2つ」が5個。何と「☆5つ」が1つもありません。そう言えば「これは面白かった!」と印象に残る作品が思い浮かびません。それを知った時はとても残念に思いましたが、今は「まぁそういう年もあるさ」と開き直っています。

 また、昨年「☆3つ」が7割を超えてしまったので、今年は良いものは「☆4つ」、良くないものは「☆2つ」を、積極的に付けようと思っていました。少しはその成果が出たようですが、まだまだ「☆3つ」が圧倒的で、☆の意味があまりなくたってしまうことには変わりなく、今後の課題として、さらに越年することになりました。

■小説部門■

順位 タイトル/著者/ひとこと Amazonリンク
ジェノサイド / 高野和明 Amazon
商品ページへ
アフリカに出現した、人類絶滅の可能性を秘めた新種の生物を巡る、米国、日本、アフリカ奥地の世界三元中継のジェットコースターアクションサスペンス。
ルーズヴェルト・ゲーム / 池井戸潤 Amazon
商品ページへ
実業団野球チームを擁する中堅電子部品メーカー。会社の厳しい経営状況に、チームが存続が危ぶまれる。身の内に葛藤を抱えつつ、その技術力とチームワークで危機に立ち向かう
海の底 / 有川浩

Amazon
商品ページへ

塩の街」「空の中」に続く自衛隊三部作の最後の作品。巨大なザリガニに襲われた横須賀の街と、孤立した潜水艦の中のドラマ。デビュー3作目にして驚きの大作。
空飛ぶ広報室 / 有川浩 Amazon
商品ページへ
「自衛隊三部作」以来続く、著者お得意の「自衛隊・ミリタリー+恋愛」作品。航空自衛隊の広報室を舞台に展開する、複数のラブロマンス、自衛隊やマスコミ、世間の有り様を描く。
空色勾玉白鳥異伝薄紅天女  / 荻原規子 Amazon
商品ページへ
著者のデビュー三部作にして、代表作シリーズ。不思議な力を秘める勾玉を巡る、神代の時代から奈良時代まで、時代を移しながらの壮大な物語。
真夜中のパン屋さん 1 / 大沼紀子 Amazon
商品ページへ
累計68.5万部のベストセラーシリーズ。深夜11時から翌朝5時まで開店しているパン屋が舞台のミステリー。個性的な登場人物たちが織りなす心温まる物語。
謎手本忠臣蔵(上)(下) / 加藤廣 Amazon
商品ページへ
「忠臣蔵」として知られる、赤穂浪士討ち入り事件の、こうだったかも知れない真相。語り尽くされた物語を、将軍綱吉の御側用人の柳沢保明の目を通して「新たな光」で照らす。
忍びの国 / 和田竜 Amazon
商品ページへ
「のぼうの城」でネオ時代小説の旗手となった著者の第2作。信長の次男の信雄が伊賀の国に攻め入った、「天正伊賀の乱」を描いた戦国エンタテイメント。
炎路を行く者 / 上橋菜穂子 Amazon
商品ページへ
著者の代表作「守り人」シリーズのスピンアウト。その存在だけが知られ、ファンが公開を待望した「炎路の旅人」と、「守り人」の主人公バルサの若き日を描いた「十五の我には」を収録。
10 機関車先生 / 伊集院静 Amazon
商品ページへ
瀬戸内海の小島の全生徒7人の小学校。そこに赴任した誠吾は病気が原因で話すことができない。誠吾と子どもたち、海を相手にした厳しい暮らしをする島の人々との触れ合いを描く。

 今年は例年にも増して悩みました。☆5つがないために、横並びで数多い☆4つの中から10個を選ぶのに苦労しました。ランキングと銘打っているので、一応順位を付けましたが、考える度に違う気がします。(実は、1位が「ジェノサイド」でいいのかさえ確信が持てません)。

 特徴的なのは、昨年に続いて有川浩さんの作品が2つ入ったこと、昨年の1位「下町ロケット」続いて池井戸潤さんの作品が2位になったこと、時代小説が2つ入ったことでしょうか。

 選外の作品について言うと、東野圭吾さんの「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、伊坂幸太郎さんの「あるキング」、佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」をランキング入りさせるかどうか迷いました。それから話題作の「ビブリア古書堂の事件手帖3」も。

■ビジネス・ノンフィクション部門■

順位 タイトル/著者/ひとこと Amazonリンク
絶望の国の幸福な若者たち / 古市憲寿 Amazon
商品ページへ
26歳の気鋭の社会学者による「若者論」。年金や医療問題などで明るい将来像が描けない中で、20代の7割が現在の生活に「満足している」と答えている。その意味を考察する。
誰のためのデザイン? / D.A.ノーマン Amazon
商品ページへ
日常使う製品のデザインはどうあるべきか?を、認知科学の視点から考察した本で、出版後20年以上も版を重ねる良書。商品開発、工業デザインに関わる人には読んでもらいたい。
挑む力 世界一を獲った富士通の流儀 / 片瀬京子、田島篤 Amazon
商品ページへ
「2位じゃダメなんでしょうか?」が耳目を集めた、スーパーコンピュータ「京」など、困難なプロジェクトに挑んで成し遂げた人々を取材した本。富士通には良い宣伝となっただろう。
日本でいちばん大切にしたい会社 / 坂本光司 Amazon
商品ページへ
著者が訪問した6000社を超える企業の中で、「日本でいちばん大切にしたい」と思う会社数社を紹介。「大切にしたい」会社は、関係するすべての人を「大切にする」会社だったと分かる。
お友だちからお願いします / 三浦しをん Amazon
商品ページへ
著者が新聞や雑誌などから依頼を受けて書いた95編のエッセイ集。そのほとんどでニヤニヤしっぱなし。小説作品の裏話的なものもあって、著者とお友だちになりたくなる本。

 相変わらず先行き不透明な社会情勢ですが、ランキング入りした本には、悲観ばかりしていても仕方がない、良い種を見つけてそれを育てよう、と考えさせられました。選外ですが「日本でいちばん元気な商店街」もそうした本でした。
 それから2位、3位、4位は、それぞれ別のところから献本いただいた本です。いただいた本が私の物の見方や知識を広げることに役立っているわけで、感謝の気持ちを新たにしました。

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「2012年の「今年読んだ本ランキング」を作りました。」 固定URL | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生

著  者:大沼紀子
出版社:ポプラ社
出版日:2012年12月5日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「午前0時のレシピ」「午前1時の恋泥棒」に続く、「まよパン」シリーズ第3弾。「Boulangerie Kurebayashi」という、午後11時から午前5時までの真夜中に営業しているパン屋を舞台としたミステリー。

 今回は主人公の希実のクラスに来た転校生が騒動の中心。彼の名は美作孝太郎。何と左手に腹話術の人形のアンジェリカを携えて教室に現れた。そして、アンジェリカには予知能力があると言って、希実に「君に危機が迫っている」と警告した。

 希実の周りには、かなり際立ったキャラクターが多い。夜中に徘徊していた小学生、ホームレスだったニューハーフ、のぞき魔の変態、裏社会に生きる飲食店経営者...。変人はもう十分過ぎる。希実の言葉を借りると「お腹いっぱい」だ。

 しかし、毎回新しい登場人物が現れて、その登場人物を巡る騒動に主人公の希実らが巻き込まれる。そして、その登場人物は次回以降にも何らかの役割が与えられ、いわば「まよパン」ファミリーの一員となって、物語を盛り上げる。どうやらそんな趣向らしい。

 物語は、孝太郎(正確にはアンジェリカ?)の予言に希実が振り回され、その内に(これまた変人と言うしかない)怪しげな医師が登場、彼の不穏な行動が孝太郎とその父との確執につながり...とスピードを増しながら転がっていく。

 本書は、希実の前に現れた孝太郎の目的は何なのか?怪しげな医師は何者なのか?など、本書で新たに登場した人物を巡る謎と、シリーズを通して追う主人公の希実を巡る謎の、二重のミステリーになっている。後者の謎がいよいよ目を離せない展開になって、ドンドン面白くなってきたので、前2作は☆3つだけれど、本書は☆4つにした。

「真夜中のパン屋さん」滝沢秀明さん主演でテレビドラマ化決定(2013年4月から/BSプレミアム)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生」 固定URL | 3.ミステリー, 3D.大沼紀子(まよパン) | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

がらっと自分の「性格」を思いのままに変える方法

著  者:山﨑拓巳
出版社:サンクチュアリ出版
出版日:2012年12月25日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 出版社のサンクチュアリ出版さまから献本いただきました。感謝。

 皆さんは本書のタイトルに、どういう印象を持つだろう?帯には「読むだけで嫌いな自分ががらっと変わる本」と書いてある。性格をがらっと変えるなんて、そんなことできっこない、と懐疑的に見る人が多いのではないだろうか?少なくとも私はそうだ。

 そもそも「何かが簡単にできる」という話を、私は信じていない。だから本書のように「なりたい自分になれる」という本だけでなく、「~する魔法の言葉」「一瞬で~する」という本も信用できない。もちろん期待もしていない。

 こんなネガティブな先入観を持って本書を読んだのだけれど、これが意に反して良かった。ただし、誤解を与える前に断っておくと、本書を読んで性格をがらっと変えることは、やっぱり難しいだろう。性格というのは、そんなお手軽なものではないと思う。

 それでも「良かった」。本書には、何かの機会のちょっとした反応や行動が紹介されている。例えば、気になる人とお近づきになるには、「(その人に)そーっとお願いごとをする」。そんな感じで「悩みから抜け出すには?」「うまく話を切り出すには?」「人から信頼されるには?」などなど全部で56項目。

 56もあれば、全部をすんなり受け止められるわけではないけれど、明日からいや今からでもすぐできるものばかりだ。そんなお手軽なことだから、効果も劇的なものではなく、周囲のちょっとした変化ぐらいしか期待できない。でも、結局のところちょっとした変化の積み重ねでしか、自分も周囲も変えられないと思えば、これが近道なのかもしれない。 

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「がらっと自分の「性格」を思いのままに変える方法」 固定URL | 6.経済・実用書 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

ナミヤ雑貨店の奇蹟

著  者:東野圭吾
出版社:角川書店
出版日:2012年3月30日 初版発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 数々の作品を世に送り出し続けている著者。本書はミステリーではなく、ハートウォーミングな作品。

 本書は複数の主人公からなる、いわばオムニバス形式の物語。盗みに入って逃走中の3人組。ミュージシャン志望の魚屋の息子。老いた父を心配する雑貨屋の息子。夜逃げの経験があるビートルズファン。...しかし、真の主人公は、人ではなく「ナミヤ雑貨店」という名の不思議な雑貨店だ。

 ナミヤ雑貨店は「どんな悩みも解決してくれる雑貨店」として、40年前に週刊誌に紹介された店。近所の子どもたちが「ナミヤ」を「ナヤミ」とわざと間違えたのがきっかけで、当時の店主の浪矢雄治が半ばヤケクソで始めた悩み相談が、評判になってしまったものだ。

 悩み相談の手紙を夜中に郵便口に入れておけば、翌朝には返事が返ってくる。雄治はどんな相談にも真剣に答えた。相談する方は手紙を出すときには半信半疑でも、返ってきた返事は真剣に受け取る。もちろん返事の通りにするとは限らないけれど、その後の人生には大きな影響を与える。

 さて、ここまで字数を使って書いてきたが、これでは本書の紹介にはなっていない。これはナミヤ雑貨店の悩み相談の「システムの紹介」に過ぎない。このシステム、つまり文通による悩み相談の両側、顔を合わせることの無い、相談する側と答える側(答える側にもドラマがある)の心の交流が物語を形づくっている。

 実は、これでも本書の紹介の半分ぐらいにしかならない。読み始めてすぐに気が付くが、著者の筆は、数十年の時空を軽々と飛び越えてしまう。いわゆるタイムスリップが起きて、一見すると派手な仕掛けに過ぎないように見えるかもしれな。しかし、時空を越えるからこそ描けた感動が本書にはある。

 にほんブログ村「東野圭吾」ブログコミュニティへ
 (東野圭吾さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 固定URL | 2.小説, 32.東野圭吾 | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年12月16日 (日)

うそうそ

著  者:畠中恵
出版社:新潮社
出版日:2006年5月30日 発行 6月15日 3刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「しゃばけ」シリーズの第5作。2、3、4作目は短編集なので、本書は第1作「しゃばけ」に続く2作目の長編作品になる。短編集も、しみじみとして良い作品があり良かったが、やはり長編は読み応えがあって格別だった。

 病弱で寝込んでばかりいる主人公の一太郎が、今回は湯治のためとは言え、箱根まで旅に出ることになった。今なら小田急ロマンスカーで新宿から1時間半だけれど、江戸時代には厳しい旅だったはずで、病弱な一太郎は大丈夫なのか?

 まぁ一太郎は大店の跡取り息子で、両親は一太郎には砂糖菓子のように甘い人たちなので、息子が疲れないように金に糸目を付けない旅程が組まれた。予定通り行けば、一太郎はほとんど歩かずに宿に着いて、湯につかることができる。..そしてもちろん、予定通りには行かない。

 人さらいに遭ったり、天狗の集団の襲撃を受けたり。病弱で、ちょっと外の冷たい空気に当たっただけで、具合が悪くなって寝込んでしまう一太郎には、なかなかに過酷な経験が待っていた。しかし、これも一太郎の成長には役立った。

 「私は何かの役に立っているのだろうか?」という、常に一太郎を悩ませる想いを吹っ切れるきかっけを、少しはつかんだようだ。タイトルの「うそうそ」は「嘘々」ではなく、江戸言葉で「きょろきょろ、うろうろとたずねまわるさま」だそうだ。一太郎は自分が居る意味を、未だきょろきょろと探している。

 舞台を江戸から箱根に移したことで、神様やら天狗やらの新しい「人ならぬ者」や、人間の新しいキャラクターたちも登場してにぎやかな感じだった。

 にほんブログ村「しゃばけ」ブログコミュニティへ
 (「しゃばけ」についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「うそうそ」 固定URL | 1.ファンタジー, 1B.畠中恵 | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年12月12日 (水)

ウィルキンズの歯と呪いの魔法

著  者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 訳:原島文世
出版社:早川書房
出版日:2006年3月31日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 著者は1970年に大人向けの小説を1作出版しているが、子ども向けの作品としては1973年出版の本書が記念すべき第1作。「訳者あとがき」で、訳者の原島文世さんも触れておられるけれど、その後に50作以上も続く「DWJの世界」の出発点であり原型とも言える。

 主人公はジェスとフランクの姉弟。恐らく2人とも小学生。2人は、椅子を壊した罰として4か月間おこづかいなしにされてしまった。それで、こづかい稼ぎに思いついたのが「仕返し有限会社」。誰かの代わりに仕返しすることを請け負って、料金をもらおうという会社だ。

 そんなことを依頼する客がいるのか?と思うが、これがけっこういたのだ。ただし、お客は全員子どもだ。ジェスたちと同じように金欠で料金が払えない客ばかりで、ちっとも稼ぎにはならない。しかも、最初の仕事で手に入れたウィルキンズ君の歯のために、大変なトラブルに巻き込まれてしまう。

 そのトラブルとは..。近所に風体も言動もちょっとおかしな、ビティという女が住んでいる。彼女は魔女だという噂があるのだけれど、どうもその噂は本当らしく、友だちが次々とその呪いにかかってしまったのだ。物語はこの後、ジェスとフランクらの子ども連合とビティとの対決の構図を深めていく。

 元気な子どもたち、特に女の子の活躍は、著者のその後の作品に受け継がれる特徴で、まさに「原型」と言える。ビティの悪者ぶりにも、ジェスらの報復も容赦ない感じで、著者らしい。ただ、持ち味の捻りの効いた展開と辛口のユーモアは、まだ少々といったところ。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ウィルキンズの歯と呪いの魔法」 固定URL | 1.ファンタジー, 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

ソーシャルエコノミー 和をしかける経済

著  者:阿久津聡、谷内宏行、金田育子、鷲尾恒平
出版社:翔泳社
出版日:2012年9月18日 第1刷発行
評  価:☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 タイトルの「ソーシャルエコノミー」とは、著者らによる造語で、ソーシャルメディアによるネットコミュニティがテコになって発動するエコノミー、つまり経済活動を差す。例として「初音ミク」を紹介している。ニコニコ動画というソーシャルメディア上で、ユーザーが参加して盛り上げた結果、コンサートに何万人もの人が押し掛けたそうだ。

 本書は、この「ソーシャルエコノミー」について分析し、どうやればネットコミュニティから経済活動を発動させられるのかを考察する。TwitterやFACEBOOKで趣味を同じくする「同好コミュニティ」は比較的簡単に発生する。しかし、それが継続して力を蓄え、経済活動にまで発展するのには、何段階ものハードルがある。そのハードルを越える方法を考えてみました、というわけだ。

 気になったのは、本書が誰に向かって書かれたものなのか、よく分からないことだ。「ソーシャルコミュニティを育てて、経済活動を発動させる方法」を知りたいのは誰だろう?それから、読んでいて学生のレポートのような感じがしたのだけれど、どうしてだろう?

 この2つの疑問は1つの事実で解けた。本書の著者は電通の社員たちで、本書は彼らが大学の先生と取り組んだ勉強会の成果なのだ。「学生のレポートのような」ではなく「学生のレポートそのもの」だった。また、本書は(提出するために)先生に向かって書かれたもので、「経済活動を発動させる方法」を知りたいのは著者ら自身だ。

 ソーシャルメディアについて、「誰もが使っている」ような過大な評価と、「コントロール可能」だと考える過小な評価を感じて、私の感覚とはあまり合わなかった。帯のコメントを寄せた村上龍さんの名前の字の大きさがやたら大きく、著者の名前の20倍(面積)ぐらいあるのはどうかと思う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ソーシャルエコノミー 和をしかける経済」 固定URL | 6.経済・実用書 | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年12月 5日 (水)

薄紅天女

著  者:荻原規子
出版社:徳間書店
出版日:1996年8月31日 初版発行 1998年1月10日 9刷発行 
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「空色勾玉」「白鳥異伝」に続く「勾玉」シリーズ3部作の3作目。正確な年代は定かではないが、「空色勾玉」から「白鳥異伝」までに数百年。本書「薄紅天女」は、そこからさらに数百年下り、奈良時代の末の物語。伝説の勾玉の1つで「白鳥異伝」で失われた「明玉(あかるたま)」が、キーアイテムになる。

 本書は二部構成で、第一部の主人公は、武蔵の国に17歳の少年の藤太(とうた)と阿高(あたか)。2人は叔父と甥という関係ながら同じ歳でもあり、双子のように育った。

 実は、阿高の出生には秘密があり、その秘密に引き寄せられるように、出生の地である蝦夷へ向かう。藤太と友人2人は、都から来た少将の坂上田村麻呂と共に阿高を追う。そして彼らは蝦夷の地で、阿高が秘める力と重すぎる運命を知ることになる。

 第二部の主人公は、時の帝の娘、つまり内親王の苑上(そのえ)15歳。その頃、都には頻繁に怨霊が出没し人々を害していた。皇族であってもその被害を免れず、兄の皇太子にまで危害が及んでいること知り、苑上は怨霊に立ち向かうために宮を出て、その途上で阿高に出会う。

 面白かった。前作「白鳥異伝」のレビューの最後に「魅力的な登場人物が配置され、キャラ読みしても面白いかもしれない」と書いたが、本書はそれに輪をかけて登場人物が魅力的だ。以前の自民党の総裁の言葉を借りれば「キャラが立っている」

 例を挙げると、優しい藤太とつれない阿高は、二人とも若い娘にモテモテのイケメン。お転婆な内親王の苑上。大男の豪傑ながら面倒見の良い田村麻呂。その他にも、武芸に長けた男装の麗人、若くして一門を開いた型破りの僧....その人を主人公にスピンアウト作品ができそうな登場人物がゴロゴロいる。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「薄紅天女」 固定URL | 1.ファンタジー, 1Z.その他ファンタジー | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

横道世之介

著  者:吉田修一
出版社:文藝春秋
出版日:2012年11月10日 第1刷 
評  価:☆☆☆(説明)

 タイトルの横道世之介は主人公の大学生の名前。そして世之介は、井原西鶴の処女作にして代表作「好色一代男」で、自由奔放な性遍歴を歩んだ主人公の名前でもある。(父親の説明では「理想の生き方を追い求めた男の名前」だそうだけれど)

 物語は世之介の大学1年生の1年間を月ごとに描く。垣間見える世の中の出来事から推測すると、1987年4月から翌年3月までらしい。そしてところどころに、世之介以外の登場人物のおよそ20年後を差し挟む。この20年後が物語に深みを与えている。

 世之介は、故郷の長崎県の港町を出て、大学進学と共に上京。「自転車で十分走ったら埼玉」の東久留米市のワンルームマンションで一人暮らしを始める。授業をサボったり、試験前にノートをコピーしたり、友だちの部屋に入り浸ったり、恋人とデートしたり。浮かれたエピソードも多いが、それは時代がバブルの前期だからで、世之介自身は「普通の男子大学生」だ。

 「普通の男子大学生」の暮らしが、物語として面白いのは、きっと世之介の周囲がちょっと普通でないからだろう。待ち合わせの場所に、運転手付きのセンチュリーで来る祥子。金持ちの男を渡り歩く千春。東京という場所は、異質なものが出会う。普通の男の子の隣に令嬢や高級娼婦が座っていることもあるのだ。

 とは言え、普通はすれ違うだけで異質なものは交わらない。けれども祥子も千春も、その他の大勢の人々も、世之介には関わりを持ってしまう。20年後にも心の片隅に(人によってはもっと大事な部分に)残る。何がそうさせるのか、さっぱり分からない。敢えて言えば「大いなる普通」というべきか、世之介恐るべし。

 ちなみに、著者の経歴を見ると、出身や年代や大学などに世之介と重なる部分が多い。妙にリアリティがある細かいエピソードには、著者の体験が反映されているのかもしれない。
 映画化決定。平成25年2月23日公開。(映画「横道世之介」公式サイト

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「横道世之介」 固定URL | 2.小説 | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »