« 本屋さんで待ちあわせ | トップページ | 白鳥異伝 »

2012年11月21日 (水)

ビブリア古書堂の事件手帖3

著  者:三上延
出版社:アスキー・メディアワークス
出版日:2012年6月23日 初版発行 8月3日 3版発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 帯に「累計300万部 大人気シリーズ待望の最新刊」とある。本書はシリーズ3巻目で、1年前に書いた2巻目の「ビブリア古書堂の事件手帖2」のレビューには、「シリーズ53万部」と書いているから、この1年でさらに大化けしたようだ。

 実は私は、1巻目2巻目を楽しく読んだにも関わらず「3巻目はもういいかなぁ」と思っていた。古書に関するウンチクには好奇心を刺激されるけれども、そんなにウンチクをため込んでも仕方がない、という気持ちだった。
 ところが、本好きのためのSNS「本カフェ」で、3巻(つまり本書)の噂が耳に入ってきた。どうも2巻目より3巻目の方がいいらしい。私と同じように2巻でテンションが下がった方が、「3巻を読んで次を心待ちにするようになりました。」とも言っている。これは、読まないと...というわけで本書を手に取った次第。

 読み終わってみると、3巻目で盛り上がっている方の気持ちが分かった。前巻までが「古書のウンチク」で読ませるのに対して、本書はストーリーで読者の興味を引っ張っている。相変わらずウンチクもあるのだけれど、それが前面に出てくる感じではなくなった。ストーリーとのバランスがちょうどいい塩梅になってきた。

 改めて簡単に紹介すると、本書は、北鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」を舞台にした、そこの店員の大輔と店主の栞子の物語。栞子が本の知識と洞察力によって、謎や事件を解決していく。それと並行して、栞子自身にも謎があることが見え隠れする。

 本書では、新しい登場人物が登場することで、栞子を取り巻くいくつかの新事実が明らかになり、それに伴って謎も深まる。栞子を取り巻くミステリーには、まだまだ二の矢三の矢を、著者は用意しているはずだ。
 一旦は「もういいかなぁ」と思った私だが、2月に発売予定の第4巻も読むだろう。(1月にはフジテレビ月9で、剛力彩芽さん主演でのドラマ化が決定している)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ビブリア古書堂の事件手帖3」 固定URL | 3.ミステリー, 3A.三上延(ビブリア古書堂)

« 本屋さんで待ちあわせ | トップページ | 白鳥異伝 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

3A.三上延(ビブリア古書堂)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/56162998

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖3:

» 「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」 三上 延 [日々の書付]
北鎌倉にあるビブリア古書堂。優れた洞察力で本に関する謎を解く店主・栞子さんと、彼女を支える店員・五浦大輔の周りで起こる古本にまつわるミステリ(と少しの恋愛模様)を描いた「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)」はシリーズ第三弾。10年前に失踪した栞子さんの母親のことが少しずつ語られていきます。 第一話 ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(集英社文庫) 今回は古書会館でのセリの様子が描かれています。古書店は買取のほかに、本をセリにだしたり、入札・買取を行... [続きを読む]

受信: 2012年11月24日 (土) 22時49分

» 「ビブリア古書堂の事件手帖3 栞子さんと消えない絆」三上延 [りゅうちゃん別館]
鎌倉にある古本屋の女主人、栞子が謎を解決。 シリーズ第3弾は母親である智恵子の存在が大きい。ネタばれあり。   プロローグ「王さまのみみはロバのみみ」 栞子の妹、文香のモノローグで始まる。 今までのエピソードを補完。 そして今後の展開にとって大きな伏線とな…... [続きを読む]

受信: 2014年6月 4日 (水) 16時30分

« 本屋さんで待ちあわせ | トップページ | 白鳥異伝 »