« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

あるキング

著  者:伊坂幸太郎
出版社:徳間書店
出版日:2012年8月15日 初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 本書は、3年前に出版された単行本を文庫化したもの。先日新聞に載った本書の広告に「全面改稿(大幅改稿だったかも?)」の文字が躍っていた。何の義務も強制もないのに、「これは読まねば」と思って書店で購入した。

 山田王求という、ある天才野球選手の生涯が綴られた物語。王求の両親は、仙醍キングスというプロ野球チームの熱烈なファンで、「王(キングス)に求められる」という意味で「王求(おうく)」と名付けた。そして、王求は尋常ではない才能と練習によって一流の野球選手に成長する。その過程が、〇歳、三歳、十歳、十二歳...と、王求の成長の節目ごとに章を建てて描く。

 広告にも裏表紙にも「いままでの伊坂幸太郎作品とは違います」と書いてある。しかしそれは、単行本の出版時に、多くの読者が思ったことでもある。王求の周囲には、魔女やら四足の獣やら謎の男やらと、得体の知れないものがチラチラと登場する。
 それまでは「パズルのピースがピタッとハマる」感じだったのに、この得体の知れないもののために、この作品は何となく「不安定な感じ」なのだ。インタビューなどで著者自身が、この作品から意図的に変えた、という主旨のことをお話になってもいる。この文庫本では、そこをセールスポイントとしたらしい。

 そうした出版サイドの思惑に反することになるが、私は本書は単行本と比較して「それまでの伊坂作品」らしくなったと感じた。それを確かめるために、本書を読んだ後に、突き合わせるように単行本を再読してみた。それで主には、シェイクスピアの「マクベス」に関する話題が追加されていることが分かった(そのために私は「マクベス」まで読み直してしまった)。魔女は「マクベス」にも登場する。これで魔女の得体が少し知れたので、不安定感がぐっと下がったようだ。

 また「文庫版あとがき」で著者が、「もう少し分かりやすく」と考えた、と書かれているが、そのために「マクベス」以外にも、実に実に細かい改稿がされている。伏線や気の効いたセリフなども盛り込まれた。まさに「それまでの伊坂作品」のように。私は、この文庫版の方が好きだし、おススメもする(☆も3つから4つに増やした)。

 コンプリート継続中!(単行本として出版されたアンソロジー以外の作品)
 「伊坂幸太郎」カテゴリー

 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(~2007年)」
 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(2008年~)」
 (あなたの好きな伊坂作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「伊坂幸太郎が好き!」ブログコミュニティへ
 (伊坂幸太郎さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「あるキング」 固定URL | 3.ミステリー, 31.伊坂幸太郎 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

空の中

著  者:有川浩
出版社:角川書店
出版日:2008年6月25日 初版発行 2009年5月20日 4版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 著者のデビュー作「塩の街」に続く、デビュー2作目。メディアワークスから単行本、後に角川文庫から文庫版が出版された。私は文庫版で読んだ。

 私は「図書館戦争」を読んで以来、それ以降に出版された作品を全部読んできた(アンソロジーや文芸誌などの収録作品には未読のものもある。最新刊「空飛ぶ広報室」はこれから)。それにも関わらず、初期の作品にはあまり興味がなかった。だから「自衛隊三部作」という言葉は知っていても、長い間この本を手に取らなかった。

 そしてこの度、手に取って読んで真っ先に思ったことは、「こんな大作だとは思ってなかった」ということ。「塩の街」は面白かったけれど、軽めのシンプルな恋愛(+ミリタリー)物語だったので、本書もそうだと思っていたのかもしれない。しかし本書は、色々なものが練り込まれた作品だった。

 主人公は、高知県に住む高校生の斉木瞬と、航空機開発の技術者の春名高巳の2人の男性。物語の冒頭で、試験飛行中の民間の超音速ジェット機と、航空自衛隊の戦闘機が相次いで炎上する原因不明の事故が起きる。それも、四国沖の高度2万メートルの上空という同じ場所で。瞬はその犠牲者の戦闘機パイロットの息子で、高巳は民間機の事故調査委員だ。

 航空機の同じような事故の関係者という以外には、この二人に接点はなく、当初は別々の物語が綴られる。それぞれにヒロインが登場して、著者お得意の「さっぱり進展しないもどかしいラブストーリー」が始まる。そこにかなりぶっ飛んだUMA(未確認生物)が絡み、人類の危機を招く切迫した事件が起き、冷徹な美少女が新たなプレイヤーとして登場する。上から目線で恐縮だけれど、著者の2作目への熱意が感じられる周到なストーリー展開だ。

 最後に。著者の「おっさん萌え」を知っている私には、著者にとってのこの物語のキーパーソンがすぐに分かった。文庫版に収録された「仁淀の神様」という掌編に、著者の想いがあふれている。

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「空の中」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

日本でいちばん元気な商店街

著  者:加瀬清志
出版社:ほおずき書籍
出版日:2012年6月9日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「岩村田商店街がこんなことになってるなんて知らなかった」。この本を読みながら、何度かそう思った。

 本書は、長野県佐久市にある岩村田本町商店街の「復活の道」の記録。「復活」と言っても、一度は滅んでしまたわけではもちろんない。ただ、全国には「シャッター通り」などと揶揄される、空き店舗や閉店中の店が多い商店街が多いが、この商店街もかつてはそんな状態だった。

 実はこの商店街は、私の家から車で約1時間の場所にある。この商店街の隣の通りに、子ども向けの科学館があって、さらに1kmぐらいのところに、大型の商業施設の集積もある。だから、私の子どもが小さい頃には、何度か行ったことがある。あれは10年ぐらい前だろうか?その時に通ったこの商店街は、シャッターが目立っていた。その時の記憶が、冒頭に書いた私の思いにつながっている。

 「復活の道」の記録は、16年前の「岩村田本町商店街振興組合」の設立に始まる。この組合は、商店街の若手経営者たちが、親世代の商店街の役員たちに退陣を迫って実現し、設立したものだ。文章で書けばこの1文、本書でも2ページしかないが、こんなことがそう簡単にできるわけがない。

 つまりは、若手経営者たちの危機感とヤル気がホンモノだったということだろう。この後は、イベント、コミュニティスペース、チャレンジショップと、敢えて言えば、商店街の「活性化計画」でよく見る事業が続く。しかし、だからこの商店街の事業も凡庸だと言うのではない。逆に「よく見る事業」がうまく行っている事実は、この商店街の非凡さを表している。危機感とヤル気がその事業に魂を入れているからだろう。

 「よく見る事業」でないものもある。それは、商店街直営のお店や食堂、さらに学習塾や託児所もある。私の知る限りでは、商店街直営と言えば駐車場やコミュニティスペースが定番で、お店を経営する例は珍しいと思う。ここには実は重要なポイントが潜んでいる。それは商店街を「経営する」という観点と、「商店街は誰のものか?」という命題への答えだ。

 岩村田本町商店街が、今後も成功事例であり続けるかどうかは分からない。近いうちに行ってみようと思うが、本書に書かれたことは多少装飾されているのかもしれない。それでも、商店街に関わる皆さんには一読をおススメする。そしてまずは危機感とヤル気を感じて欲しい。

(追記)こんなニュースがありました。枝野経産相が岩村田本町商店街を訪問するそうです。
経産省幹部が商店街活性化で全国行脚 まず長野市に枝野経産相

 ここからは書評ではなく、この本に関連したことを少し書いています。お付き合いいただける方はどうぞ

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

続きを読む "日本でいちばん元気な商店街"

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「日本でいちばん元気な商店街」 固定URL | 5.ノンフィクション | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

球体の蛇

著  者:道尾秀介
出版社:角川書店
出版日:2009年11月20日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 2009年下半期の直木賞候補作。まるで霧の中にいるような、不透明な漠とした不安感を全編を通じて感じた。

 主人公は友彦。物語は、友彦が高校生だったころの16年前を思い出す、回想として語られる。友彦は事情があって、隣家のシロアリ駆除業を営む乙太郎の家で、乙太郎とその娘のナオの3人で暮らしている。その乙太郎は、7年前に妻の逸子と娘(ナオの姉)のサヨを亡くしている。

 そして友彦には、サヨとその死について、友彦だけが知っている秘密があるらしい。友彦が、乙太郎たちと表面上は穏やかに暮らしながら、胸には秘密を秘めていることが、この先に何が起きるのか?という不安感を漂わせる。その不安感は、智子というサヨに似た謎めいた女性が絡むことで、さらに増していく。

 本書は、事件の真相が一つのテーマなので、ミステリーに分類される作品だろう。真相は、中盤以降に少しずつ明らかになる。友彦が秘める秘密も明らかにされる。しかしそれでも霧はなかなか晴れない。誰もが秘密を抱えていて、それが明らかになる度に、それまでと全く違う景色が見えてくる。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「球体の蛇」 固定URL | 3.ミステリー | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

アーヤと魔女

著  者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 訳:田中薫子
出版社:徳間書店
出版日:2012年7月31日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 昨年3月26日に亡くなった著者の遺作となった作品。本書については、著者が亡くなった時の公式ファンサイトの告知で出版が予告されていた。そこに、A short novel for younger readers とあった通り、120ページほどの短い物語で、すべての見開きには挿絵(カラーの挿絵もたくさん)がある、比較的低年齢向けの作品。

 主人公のアーヤは、孤児院で暮らす少女。何でも自分の思うようにしてくれる、この孤児院が大好きだ。だから里親となる人たちが子どもたち見に来る日には、わざとかわいくなくして引き取られないようにしていた。ところがある日、変わった夫婦に引き取られることになる。

 変わった夫婦というのは、黒く長い影のような背の高い男(おまけに角があるように見える)と、両目の色が違う青い髪の女。男の名前はマンドレーク、女の名前はベラ・ヤーガ。なんとこの夫婦は、魔法使いと魔女で、アーヤを助手としてこき使うために、引き取ったのだった。

 著者の主人公たちは、こんなことで参ってしまうような子どもたちではない。アーヤもあの手この手と反撃を試みる。実は、アーヤにも隠された過去があって...という物語。

 佐竹美保さんの挿絵が美しくて、楽しい絵本のようだ。低年齢向けだからか、ストーリーは比較的単純。著者の多くの作品に見られる捻った展開や、辛口のユーモアはほとんどない。まぁだから、大人のDWJファンにはちょっと物足りないかもしれない。ただ、主人公アーヤの「かわいくない」ところや、困難に正面から立ち向かう性格は、著者の作品の主人公そのものだ。

 低年齢向けだとしても、ちょっとあっさりしているし、登場人物や設定が生きていないように思う。これは全くの想像だけれど、「遺作」ということなので、特別な経緯があるのかもしれない。例えば、これからもう少し肉付けされる予定だったとか、アーヤを主人公にしたシリーズの第1作だったとか。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「アーヤと魔女」 固定URL | 1.ファンタジー, 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

えんぴつ1本でストレス解消! 働く人のアートらくがき帳

著  者:今井真理
出版社:こう書房
出版日:2012年7月10日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 著者の今井真理さまから献本いただきました。感謝。

 著者は、アートセラピー、美術教育の研究者。これまでは、芸術療法の専門書や美術教育の実践書を書かれていたが、本書はビジネス書として刊行されている。それには、アートに馴染みのない人にアートの持つ力や楽しさに触れてもらいたい、心が疲れてしまった方のために何かできることを..著者のそんな想いが込められている。

 本書は「読む本」ではなく「描く(書く)本」。示されたテーマについて、言葉で表現したり絵を描いてみたり。雑誌や色紙などを切り取って貼る、というのもある。テーマは、「思い思いの線を引いてみましょう」「マス目に好きな色を塗りましょう」といった、取り付きやすいやすいものから始まって、比較的早くに「心の叫び」や「将来の私」といった少し考えなければいけないものも現れる。(次の画像は、私が描いた「ポジティブな私」のイメージ。分かるような分からないような...)

Image_4 タイトルに「ストレス解消!」とあるが、そのことについて本書には2つの効用がある。1つ目は、色を塗ったり線を引いたりしていると、その作業に集中して他のこと(例えば今日あったイヤなこと)をしばし忘れること。一旦忘れて次に思い出した時には、違う見方ができるかもしれない。

 2つ目は、テーマの多くは自分の内面に関するもので、それを客観的に見られること。絵で表現するという行為は、対象を外側から見ることになる。自分が書いた絵を見て、「こういうことなんだ」と改めて気づくこともある。悩みや迷いについて「答えは自分の中にある」と言われることがあるが、客観的に見ることでその答えに近づくことができる。

 とは言え、正直に言って本書はなかなかの難物だ。絵を描くこと自体にストレスを感じたら、ストレス解消になりようがない。私の知り合いは「思い思いの線を引いてみましょう」で、「そういうのがヤなのよね」と言って、手を付けなかった。世の中には「絵を描くのが苦手」という人は多い。

 しかし、タイトルの通りこれは「らくがき」なのだ。もっと気楽にいきたい。そこで提案がある。それは3つの「自由」。(1)評価からの自由:描いた絵の良し悪しを誰かに評価されない。できれば自分も評価しない。(2)時間からの自由:時間がかかるテーマもある。時間に余裕がなければ「続きはまたいつか」ぐらいでいいと思う。(3)テーマ選択の自由:やりたくないテーマはやらない。後日、やってもいいかな?と思ったらやってみる。

 著者も「おわりに」や、私にくださったお手紙でおっしゃっているのだけれど、絵を描くことへの嫌悪感や苦手意識の原因の一端は、学校の美術教育にあるように思う。私は特に「優劣の評価がされること」が問題だと思う。その点で(1)の「評価からの自由」は重要なのだけれど、「うまく描かなければ」という自分自身の縛りもあって、これからの解放がなかなか難しい。

 最後に。この本は随分前にいただいていたのだけれど、紹介するのが今日になってしまった。自分のためにこの本を活用してみようと思い、私自身が「3つの自由」を意識した結果、時間がかかってしまった。良い本に巡り合えたと思う。著者の今井さんに再度感謝。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「えんぴつ1本でストレス解消! 働く人のアートらくがき帳 」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年8月 8日 (水)

それをお金で買いますか 市場主義の限界

著  者:マイケル・サンデル 訳:鬼澤忍
出版社:早川書房
出版日:2012年5月15日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「これからの「正義」の話をしよう」のサンデル先生の近著。一時期のような熱狂は感じられなくなったが、まだまだ著者の人気は高い。今回は、私たちの暮らしの様々な場面に入り込む「市場勝利主義」への警鐘を鳴らす。「謝辞」によると、著者が長年温めてきたテーマだそうだ。

 どうやらアメリカでは、様々なものが売り買いの対象になっているらしい。例えば、ユナイテッド航空は39ドルで手荷物検査所の列の先頭に、ユニバーサルスタジオは149ドルで行列の先頭に、それぞれ割り込める権利を売っているそうだ。
 このぐらいはまぁ「商売上手」と言って済ませることができるかもしれない。では、1500ドル~2万5000ドルの年会費を払えば、当日に待たずに診察が受けられる(医師の携帯への24時間アクセスも保証する)病院はどうか?こちらには、より強い抵抗感を感じるのではないだろうか。

 これは「みんな列に並んで待つ」という「行列の倫理」が、「お金を払った人は優遇される」という「市場の倫理」に取って代わられた例だ。経済学者にはこのことに問題をあまり感じない人がいる。なぜなら、市場に委ねれば、もっとも効率よくかつ公正に分配を行い最大の効用を生み出す、と考えるからだ。著者はこうした考えを「市場勝利主義」と呼んでいる。

 実はこの「行列への割り込み」は、著者が取り上げる「市場勝利主義」の暮らしへの浸透の軽微な例で入口に過ぎない。授業への出席を生徒から買う中学校、絶滅の危機にある動物を打ち殺す権利の販売、余命わずかの他人の生命保険を格安で買い取って保険金で利ザヤを稼ぐ投資家。いわば「道徳」の範疇の問題意識から、これは売り買いしてはいけないでしょう、と直感で感じる例がたくさんある。
 ただし「直感」でダメだと感じることも、なぜダメなのかを改めて考える必要もある。「市場勝利主義」の論理はそれなりに魅力的かつ強固で、「ダメに決まってるでしょう」では押し返せない。残念ながら、もう既にそういう世の中になってしまっているのだ。

 前著「これからの「正義」の話をしよう」と同様に、著者なりの「正解」はあるのだろうが、それを言わずに議論を呼びかける。「市場勝利主義」の侵攻を押し留めるために、みんなでよく議論しよう、それは、私たちはどんな社会に生きたいか?を考えることでもある、と言う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「それをお金で買いますか 市場主義の限界」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年8月 4日 (土)

プロカウンセラーの聞く技術・話す技術

執  筆:有限会社verb
出版社:マルコ社
出版日:2012年6月30日 初版第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 出版社のマルコ社さまから献本いただきました。感謝。

 ソーシャルメディアやメールなどで、「文字」によるコミュニケーションが増えた。しかし「会話」の重要性が、それほど減少したわけではない。友達や家族などの大事な人との会話、同僚や顧客などとのビジネス上の会話。多くの場合、私たちは日々会話をして、様々な関係を維持したり進展させたりして暮らしている。本書は、そんな「会話」の技術について書かれたものだ。

 「はじめに」に、例えばこんなことはないですか?と書かれている。「相談に乗っているつもりなのに、なぜか相手が不機嫌になっていく」..あるある、私にはある。会社での悩みを打ち明けられて、「それなら、まずこうしてから、次にこうしてみたら?」なんて、アドバイスしていたら相手が怒り出した。

 本書によると、悩みの相談に対して「アドバイスしてはいけない」のだそうだ。実は私も度重なる失敗によって、このことには気が付いた。今ではこの意見に全面的に賛同する。相手がアドバイスを求めていることがはっきりしていれば別だけれど、悩みの相談にアドバイスは禁物だ。何で?と思った人は本書から得るものが多いだろう。

 本書は、こうした悩みの相談などの比較的シリアスな場面での「聞く技術」を47個、「話す技術」を10個紹介している。「聞く」方が多いのは、本書が「聞く専門家」である、プロカウンセラーへの取材を基にして作られたからだろう。しかし、会話には「聞く技術」が重要だということも、本書を読めばよく分かる。

 考えてみれば、プレゼンテーションの研修など、「話す」訓練の機会は目にするが、「聞く」ための訓練というのはほとんどない。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「プロカウンセラーの聞く技術・話す技術」 固定URL | 6.経済・実用書 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

少年犯罪<減少>のパラドクス

著  者:土井隆義
出版社:岩波書店
出版日:2012年3月29日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 新聞の書評欄に載っていて、興味があったので読んでみた。

 本書の話の前に「少年の犯罪」について。このことについて、私たちはここ十数年の間に様々な気持ちを味わった。その端緒は1997年の「神戸連続児童殺傷事件」で、犯人が14歳の中学生であったことに衝撃を受けた。続いて、2000年には17歳の少年の凶悪事件が相次いで、何か良くないことが起きていると感じた。

 マスコミは「キレる17歳」と言って煽り、「少年凶悪犯の推移」という急激な右肩上がりのグラフを掲載した。私たちは「少年たちが凶悪化し、その犯罪が激増している」と思い込んだ。その後、実はそのグラフの左側には急激な左肩上がりの数値があって、90年代後半の増加は「コブ」ぐらいの膨らみだったと知って..しかし何かが分かったわけでも、何かが解決したわけでもない。

 こんな話をしたのは、本書はこの文脈の後に位置づけられるからだ。本書が明らかにしたところによると、例の「コブ」以降「少年凶悪犯」は減少を続けている。暮らしの中での感触だけでなく、貧困率や失業率などの統計上の数字も若者たちを取り巻く環境は厳しさを増しているにも関わらず。本書はこの「パラドクス」の解明を試みる。少年の犯罪が減少しているのは何故なのか?それは若者にとってどういう意味を持つのか?

 著者は様々統計や調査を駆使し、目標と達成手段とのギャップに注目した「アノミー論」を大きな枠組みとして使って、若者の犯罪を「抑止する」要因をあげていく。統計の扱い方が、上に挙げたマスコミの乱暴さとは対照的に、くどいほど慎重なことが印象的だ。例えば犯罪の検挙数は、取り締まる側の事情でも変わってしまう。そういった「攪乱要因」を丁寧に排除しながら考察を進めている。

 そうやって著者が挙げた要因は多岐に亘る。それぞれが、いちいちもっともだと思う。「劣悪な立場に置かれていたとしても、それに見合った程度の希望しか配分されていなければ、そこにフラストレーションは生じえない」などと聞けば悲しくなるけれど、私自身が見聞きする若者の言動とも合う。

 ただし本書には危うさも感じた。本書が統計を使った推論に過ぎないことだ。述べられているのは統計の数字の著者の解釈であって、いかに慎重に扱ったとしても、思い込みからは免れない。読んでいて「ムリヤリ感」を感じたことも少なくなかった。まったく別の解釈だって可能かもしれない。

 さらに、統計は全体の傾向を表す代わりに、個々の実態は捨象されてしまう。著者自身も「個人的な動機と社会的な原因は別ものだ」と述べている。しかし「別もの」であっても、考察の裏付けのためには必要な材料だと思う。たとえ少しでもいいから、直に若者の話を聞いてくれれば良かったと思う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「少年犯罪<減少>のパラドクス」 固定URL | 5.ノンフィクション | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »