« 自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと | トップページ | 小冊子「1Q84のここが好き!」 »

2012年7月28日 (土)

夜の国のクーパー

著  者:伊坂幸太郎
出版社:東京創元社
出版日:2012年5月30日 初版
評  価:☆☆☆(説明)

 伊坂幸太郎さんの最新刊。書き下ろし長編は本書が10作目、「マリアビートル」以来で1年半あまり。

 主人公は「私」と、猫のトム。「私」は公務員で、妻の浮気が発覚して居心地が悪くなった家を出て、釣りに出かけた船が時化にあって、どこか分からない場所に流れ着いたらしい。目が覚めたらそこにいた、そして目の前(というか胸の上に)いた、猫のトムが話しかけてきた。本書の大部分は、こうしてトムが「私」に話したトムの国の物語。

 「トムの国」と言っても猫の国ではない。人間の国王が居る人間の国で、猫は人間とつかず離れず「猫らしい」自由な暮らしをしている。まぁ、私たちの世界と同じように。ただ違うのは、この国の猫は人間の言葉が分かる(私たちの世界の猫も分かるのかもしれないけれど)。どこへでも怪しまれずに入り込めるので、人間たちのいざこざや人間関係なども知っていて、けっこうな「事情通」なのだ。

 トムの国は8年間続いた隣国「鉄国」との戦争に敗れ、国王が居るこの街に、鉄国の兵士たちが統治のためやってきた。鉄国の兵長は、どうやら冷酷無比な人物で、有無を言わさずに国王を射殺し、街の人々には「外出禁止」を言い渡す。「必要なものは奪われ、必要でないものも奪われる..戦争に負けるとはそういうことらしい」という、長老の言葉が人々に重くのしかかる。

 クーパーとは杉の木の怪物のことで、トムの国では、クーパーと闘う兵士のことが、半ば伝説的な物語になっている。クーパーの話と、鉄国の兵士に統治された街の話と、「私」の話の3つが縒り合される時が、この物語のクライマックス。

 帯には「渾身の傑作」とあるのだけれど、私はちょっと物足りなく感じた。伊坂さんは以前から「抗いようのない巨大な力」を描き、テーマはシリアスなのに、物語全体が重苦しくならない。どこかカラッとした雰囲気と可笑しさを感じる。「戦争に負けた国」を描いた本書もそれは同じで、その点はとても良かったのだけれど。

 コンプリート継続中!(単行本として出版されたアンソロジー以外の作品)
 「伊坂幸太郎」カテゴリー

 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(~2007年)」
 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(2008年~)」
 (あなたの好きな伊坂作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「伊坂幸太郎が好き!」ブログコミュニティへ
 (伊坂幸太郎さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「夜の国のクーパー」 固定URL | 3.ミステリー, 31.伊坂幸太郎

« 自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと | トップページ | 小冊子「1Q84のここが好き!」 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

31.伊坂幸太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/55301889

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の国のクーパー:

» 「夜の国のクーパー」伊坂幸太郎 [粋な提案]
この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわからない。人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない――。これは猫と戦争と、そして何より、世界の理のおはなし。どこか不思議になつかしいような/誰も一度も読んだことのない、破格の小説をお...... [続きを読む]

受信: 2014年1月11日 (土) 14時40分

» 伊坂流、童話 [笑う社会人の生活]
小説「夜の国のクーパー」を読みました。 著書は 伊坂 幸太郎 お馴染みの伊坂作品 今作はまた新境地というか ファンタジーといえ、大人の童話というか・・・ 喋る猫、国王、兵士たち なんだかごった煮というか まさにジャンル分け不能なそんな感じながらも そこは伊坂...... [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 16時28分

« 自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと | トップページ | 小冊子「1Q84のここが好き!」 »