« まほろ駅前番外地 | トップページ | バガージマヌパナス わが島のはなし »

2012年6月 6日 (水)

真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ

著  者:大沼紀子
出版社:ポプラ社
出版日:2011年6月5日 第1刷発行 2012年3月14日 第21刷
評  価:☆☆☆(説明)

 高1の娘が持っていた本を借りて読んだ。どうやら評判が良いらしい。特設サイトによると、本書は22刷がかかったそうだし、第2弾が出てシリーズ化され、シリーズ40万部突破、とのこと。確かに売れている。

 舞台はパン屋。「Boulangerie Kurebayashi」という名のそのパン屋のパンは、一口で魅了されるほどおいしい。一風変わっているのは、営業時間が午後11時から午前5時までということ。タイトル通り「真夜中のパン屋さん」なのだ。
 パン屋を切り盛りするのは、オーナーの暮林陽介とブランジェ(パン職人)の柳弘基の2人。そこに飛び込んできたのが、暮林の妻の腹違いの妹だという、女子高校生の篠崎希実。この3人がまぁ本書の主人公。

 本書は6つの章から成っていて、章ごとに完結する小さな物語と、全編を通して徐々に明らかになる大きな物語があり、連作短編形式になっている。章を追うごとに新たな登場人物が加わり、その登場人物が後の章でも大事な役割を担う。
 この登場人物たちが、良く言えば個性的。ストレートに言えば変な人たちだ。誰も彼もが問題を抱えていて、傍目には幸せとは言えない。夜の街をウロウロしている小学生。ワンルームに引きこもるのぞき魔の男。ホームレスのニューハーフ。ただし「問題を抱えている」という点ではパン屋の3人も同じだった。

 登場人物たちの何人かの境遇に、かなり厳しいものがあり「安心して読めない」というか、読み心地が悪い思いをした。しかし読み終わって見れば、ふんわりと暖かいなかなか良い物語になっていた。これは評判になるのも分かる。

 表紙から受ける印象通りに、分類としてはライトノベルだろう。ライトというには少し重いテーマもあるし、描いている人間模様が少し奥深い。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ」 固定URL | 3.ミステリー, 3D.大沼紀子(まよパン)

« まほろ駅前番外地 | トップページ | バガージマヌパナス わが島のはなし »

3.ミステリー」カテゴリの記事

3D.大沼紀子(まよパン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/54896571

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ:

» 真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ [こみち]
JUGEMテーマ:読書感想文nbsp; nbsp; ◆真夜中のパン屋さん シリーズ  篠崎希美の登場シーンは、インパクトがありますね。 nbsp;  希美の育った環境やこだまの育った環境も酷いですが nbsp;  子供を自分の欲のために引き取ろうとした人は nbsp;  もはや人とは言えない怪物でしょう。 nbsp;  パン作りを通じて、二人の子供たちが人生を模索する... [続きを読む]

受信: 2012年8月12日 (日) 21時38分

« まほろ駅前番外地 | トップページ | バガージマヌパナス わが島のはなし »