« 脳はすすんでだまされたがる | トップページ | 沖で待つ »

2012年6月30日 (土)

彷徨える女神

著  者:高橋浄恵
出版社:ヘレナ・インターナショナル出版
出版日:2012年6月3日 初版第1刷発行
評  価:☆☆(説明)

 出版社のヘレナ・インターナショナル出版さまから献本いただきました。感謝。

 著者は、この出版社の恐らく親会社にあたる総合リゾート運営会社の社長。本書が第一作だそうだ。左開きの横書きの装本。1行あたり十数文字ぐらいで改行される、叙事詩のような体裁。言葉や漢字の選択にも詩的なものを感じる。

 著者からの「はじめに」のメッセージの冒頭に、「本書は、私の心に木霊する虐げられし者、圧し拉がれ不条理に声を喪う者の魂の叫びを書いたものです。」とある。その言葉どおりに、登場人物の多くは虐げられ、不条理に痛めつけられる。主人公の少年カフカスは、母に殴られ「産むんじゃなかった」と詰られる。

 カフカスだけでなく、異母妹のハイヌヴェレも「罪の仔」と石を投げられ、(ちょっと普段は口にすることのない)酷い言葉で責め苛まれる。その他にも...。このブログでも何度か言っているように、私は、子どもがつらい目にあう話は、私自身がつらくなってしまうので苦手なのだ。物語の中とは言え、著者は何故に子どもをこんなに酷い目に合わせるのだろう。

 著者の目や心には、不条理で救いがたい世界が映っているのかもしれない。本書は、カフカスやハイヌヴェレに何かを象徴させた寓話で、それを語ることで「希望」や「生きる意味」を伝えているのかもしれない。しかし、私には不条理で哀しい気持ちが残ってしまった。カフカスの短いけれど幸せな時に見た草波に、生命の力強さと喜びを感じたことが救いだった。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「彷徨える女神」 固定URL | 1.ファンタジー, 1Z.その他ファンタジー

« 脳はすすんでだまされたがる | トップページ | 沖で待つ »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1Z.その他ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/55085432

この記事へのトラックバック一覧です: 彷徨える女神:

« 脳はすすんでだまされたがる | トップページ | 沖で待つ »