« 動きたくて眠れなくなる | トップページ | デイルマーク王国史3 呪文の織り手 »

2012年5月 9日 (水)

PK

著  者:伊坂幸太郎
出版社:講談社
出版日:2012年3月7日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

  「伊坂さん、ありがとう」 この本は、私が「読みたい」と常々思っていたタイプの「伊坂作品」だった。著者が「ゴールデンスランバー」以降、それまでの「伊坂幸太郎らしさ」を、敢えて崩していることは周知のことだ。ただ、例えば「マリアビートル」のように、時々「らしい作品」を発表してくれる。本書もそんな作品。

 「PK」「超人」「密使」のそれぞれ70ページほどの3つの中編が収録されている。それぞれ独立した物語なのだけれど、登場人物やエピソードに共通のものがあり、緩やかにつながっている。「目に見えない巨大な力にひとりの人間が試される」というテーマも共通している。

 表題作のタイトルの「PK」は、サッカーの「ペナルティーキック」のこと。ワールドカップ予選で、日本のエースが蹴ったPKにまつわる謎。その謎に関係する幾つかの物語が、入れ替わり立ち替わりしながら進む。そして明らかになる驚きの事実、技ありの結末。

 巧みな伏線が著者の作品の人気の理由の1つだと私は思う。それに対して、著者は「文藝別冊[総特集]伊坂幸太郎」で、「物語の風呂敷を敢えて畳まないことにチャレンジしている」とおっしゃっている。その結果が、この記事の冒頭に書いた「伊坂幸太郎らしさを敢えて崩す」ことになっているのだけれど、本書は結構きっちりと風呂敷が畳まれている。

 また「サンデー毎日(2012.4.15)」に著者のインタビュー記事が載っていた。表紙に描かれたドミノの絵について、本書は「うまく倒れないドミノを描いてみたつもりです」と答えている。なるほど。

 コンプリート継続中!(単行本として出版されたアンソロジー以外の作品)
 「伊坂幸太郎」カテゴリー

 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(~2007年)」
 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(2008年~)」
 (あなたの好きな伊坂作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「伊坂幸太郎が好き!」ブログコミュニティへ
 (伊坂幸太郎さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「PK」 固定URL | 3.ミステリー, 31.伊坂幸太郎

« 動きたくて眠れなくなる | トップページ | デイルマーク王国史3 呪文の織り手 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

31.伊坂幸太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/54673192

この記事へのトラックバック一覧です: PK:

« 動きたくて眠れなくなる | トップページ | デイルマーク王国史3 呪文の織り手 »