« 決起! コロヨシ!!2 | トップページ | 人質の朗読会 »

2012年3月25日 (日)

ルーズヴェルト・ゲーム

著  者:池井戸潤
出版社:講談社
出版日:2012年2月2日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 熊本日日新聞他に順次掲載された新聞小説に加筆修正し、単行本にしたもの。昨年上半期の直木賞受賞作で、ついでに言うと私の「2011年の「今年読んだ本ランキング」」1位の「下町ロケット」の著者の、受賞後の単行本第一作。

 舞台は、年商500億円の中堅電子部品メーカーの青島製作所と、その野球部。5年前に外部のコンサル会社から営業部長として入った細川が、創業者である現会長の青島から社長を引き継いで2年。細川の営業部長としての手腕で業績を伸ばしてきた同社も、金融危機を契機とした不景気のあおりを受けて、青息吐息の状況。

 主要取引先からは取引量の減少や値下げを言い渡され、ライバル会社はなりふり構わぬ営業攻勢をかけてくるし、銀行は運転資金の融資の条件としてリストラを迫る。当然、野球部にもその影響はおよび、役員会で廃部さえ言及される。何と言っても、野球部には年間3億円かかっている。おまけに前監督がライバルチームに移籍する際に、エースと4番打者を引き抜き、成績は芳しくない。

 物語は、青島製作所の経営と、野球部のチーム運営のそれぞれを、時に交錯させながら描く。それぞれには、さらに厳しい試練が待ち構えていて、存亡の危機に立たされる。野球の試合のように、起死回生の逆転劇はあるのか?(そいういう英語の言い回しがあるのかどうか不明だけれど、帯に「奇跡の大逆転劇」に「ルーヴェルト・ゲーム」とルビが振ってある)

 物語の趣向は「下町ロケット」と同じ。危機に瀕した中堅企業が、身の内に葛藤を抱えつつ、その技術力とチームワークで危機に立ち向かう。これですべてが解決したわけではなく、(「下町ロケット」よりも、さらにストレートな感じでもあり)現実はもっと厳しいはず、という指摘もあるだろう。でも、ところどころに仕込まれている「いい話」に、「あぁ、仲間っていいなぁ」とホロッとする。(私と同じように)そういうのが好きな人におススメ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ルーズヴェルト・ゲーム」 固定URL | 2.小説, 2H.池井戸潤

« 決起! コロヨシ!!2 | トップページ | 人質の朗読会 »

2.小説」カテゴリの記事

2H.池井戸潤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/54305558

この記事へのトラックバック一覧です: ルーズヴェルト・ゲーム:

» 書籍「ルーズヴェルト・ゲーム/池井戸 潤著」この作家の本は外れナシ・・・今のところ [soramove]
書籍「ルーズヴェルト・ゲーム/池井戸 潤著」★★★★ 池井戸 潤著 , 講談社、2012/2/22 ( 450ページ , 1,680円)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「“「一番おもしろい試合は、8対7だ」 野球を愛したルーズヴェルト大統領は、そう語った。” これが本書のタイトルになっている、 帯には「廃部寸前ーこのチームには 社員の夢が詰まっていた」とあり 直... [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 23時36分

» 【ルーズヴェルト・ゲーム】(池井戸潤)を読了! [じゅずじの旦那]
男には負けられない試合がある。いまこそ、ひとつに!  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】「一番おもしろい試合は、8対7だ」野球を愛したルーズヴェルト大統領は、そう語った。監督に見捨てられ、主力選手をも失ったかつての名門、青島製作所野球部。創部以来の危機に、野球部長の三上が招いたのは、挫折を経験したひとりの男だった。一方、社長に抜擢されて間もない細川は、折しもの不況に立ち向かうため、聖域なきリストラを命じる。廃部か存続か。繁栄か衰退か。人生を賭した男達の戦いがここに始... [続きを読む]

受信: 2012年5月25日 (金) 11時27分

« 決起! コロヨシ!!2 | トップページ | 人質の朗読会 »