« 舟を編む | トップページ | ガリレオの苦悩 »

2012年2月 1日 (水)

サンタ・エクスプレス 季節風 冬

著  者:重松清
出版社:文藝春秋
出版日:2008年12月5日 第1刷発行 
評  価:☆☆☆(説明)

 「季節風」という季節ごとに1冊ある短編集シリーズ。それぞれの季節に読もうという「自分企画」で、「」「」「」に続いて今回の「冬」で完結。12編を収録。

 「冬」という季節はどんな季節だろう?12月にクリスマス、1月はお正月、2月は節分とバレンタインデーと、イベントがある。本書の表題の「サンタ・エクスプレス」は、母から娘への(そして夫への)心温まる粋なクリスマスプレゼント。
 お正月を扱ったのは「ネコはコタツで」と「ごまめ」の2編。どちらも昨年までとは違う正月を微笑ましく、そしてしっとりと描く。「一陽来復」「バレンタイン・デビュー」はそれぞれ、節分とバレンタインデーの物語。

 本書を読んで気付いたのは「冬」は「春」の前の季節だという当たり前のこと。でも「春」は進学や就職など、別れや旅立ちの季節でもあり、その別れや旅立ちの準備は、「冬」にしなくてはいけない。進路を決心する、誰かに別れを告げるのは、心身ともに凍えそうな「冬」で、そこにはドラマがある。
 そんな「春の前の季節」を扱った作品は3編。「コーヒーもう一杯」「その年の初雪」は、卒業や引っ越しによる「別れの物語」で、「サクラ、イツカ、サク」は、大学受験にまつわるつかの間の「出会いの物語」。

 私事で恐縮だけれど「春の前の季節」に関連して。私は15年前に、東京から雪が積もる地方に引っ越してきた。年を経てだいぶ慣れはしたけれど、冬の寒さは厳しいし、雪が積もると憂鬱になる。春になって暖かさを感じると本当にうれしい。
 「春になってうれしい」なんてことは、寒い地方に来なければ感じることができなかったと思う。

 にほんブログ村「重松清のトラバ」ブログコミュニティへ
 (重松清さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「サンタ・エクスプレス 季節風 冬」 固定URL | 2.小説, 28.重松清

« 舟を編む | トップページ | ガリレオの苦悩 »

2.小説」カテゴリの記事

28.重松清」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。YO-SHIさんの読書ブログ、とても丁寧に書かれていていいですね。私の読書生活の参考にさせていただきたいと思います。春がくるのが待ち遠しいです。

投稿: まる | 2012年2月 2日 (木) 10時17分

まるさん、コメントありがとうございます。

もし、同じ本を読まれたりした時には、感想などを
教えていただけるとうれしいです。

まるさんのブログも時々拝見しますね。

投稿: YO-SHI | 2012年2月 3日 (金) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/53877508

この記事へのトラックバック一覧です: サンタ・エクスプレス 季節風 冬:

« 舟を編む | トップページ | ガリレオの苦悩 »