« 偽りの書(上)(下) | トップページ | 忍びの国 »

2012年2月23日 (木)

クジラの彼

著  者:有川浩
出版社:角川書店
出版日:2007年1月25日 初版発行 
評  価:☆☆☆(説明)

 2005年から2007年にかけて、月刊小説誌「野生時代」に掲載された短編6編を収録した短編集。著者のデビュー2作目の「空の中」、3作目の「海の底」のスピンアウトを含んでいる。

 今さら紹介する必要もないかもしれないけれど、著者のデビュー作「塩の街」と上に挙げた2作を合わせて「自衛隊3部作」と呼ばれている。「海の底」が2005年の作品だから、「野生時代」の連載が始まったのはその直後。この短編集もスピンアウトはもちろん、他の作品もミリタリーのラブストリーだ。

 自衛隊という特別なお仕事の人の恋愛は、ドラマ性に富んでいる。結婚式の祝辞で必ず言われるという「どんなに喧嘩しても、朝は笑顔で送り出してくれ(無事に帰ってくるかどうかわからないので)」という話には、密度の濃い時間が垣間見える。

 男性が自衛隊員で女性が民間人で待つ身、というパターンを思いがちだが、著者は、女性が自衛隊員で男性が民間人、そして男性も女性も自衛隊員、の組み合わせも物語にしている。どれも甘い中にも読みごたえを感じるものだったが、私は、男性も女性も自衛隊員の甘さ控えめな「脱柵エレジー」が良かった。まだ30歳手前とは言え、自衛隊での10年の経験が「大人」を感じさせる二曹の、甘さ控えめの恋愛未満の物語だ。

 著者による「あとがき」(この「あとがき」はなかなか楽しかった)に、「私の会った自衛官の若い方は、失礼ながら皆さんかわいくて純粋で一生懸命で一途で、..」と書いてあったが、その想いが作品に表れている。男も女も「ちょっとカッコ良すぎるんじゃないのぉ」と、思わないではないが、そこはラブストーリーの常として不問にしておこう。

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「クジラの彼」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩

« 偽りの書(上)(下) | トップページ | 忍びの国 »

2.小説」カテゴリの記事

22.有川浩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/54054116

この記事へのトラックバック一覧です: クジラの彼:

» 「クジラの彼」 有川 浩 [日々の書付]
「クジラの彼」を読むと、自衛官と恋をしたくなる(かも) 真面目で真摯で時にやんちゃな自衛官達が繰り広げる 普通の恋愛(?)を、糖度高めに描く自衛隊員ベタ甘恋愛小説 それにしても有川先生の「活字でベタ甘」は一度ハマると癖になります。(^^;) クジラの彼posted with amazlet at 08.05.27有川 浩 角川書店 売り上げランキング: 5188Amazon.co.jp で詳細を見る ・クジラの彼 潜水艦を「クジラ」と呼ぶ聡子さんと そんな彼女の言葉のセンス... [続きを読む]

受信: 2012年2月25日 (土) 10時30分

» 「あ~絶対この人は自衛官だわ」ってなる男性の特徴13個【2/3】 [恋愛コラムリーダー ~Love Column Reader~]
「この人自衛官だな」と思う特徴13個のうち、前回の記事ではまずは4つを紹介しました。それでは、陸上自衛官の夫を持つ理系漫画家はやのん先生のお話をもとに、さらに4つの特徴を見ていきましょう。今回は、5...... [続きを読む]

受信: 2012年5月26日 (土) 13時06分

« 偽りの書(上)(下) | トップページ | 忍びの国 »