« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月25日 (土)

忍びの国

著  者:和田竜
出版社:新潮社
出版日:2011年3月1日 発行 11月15日 8刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「のぼうの城」でデビューした著者の第2作。「のぼうの城」では、史実にある武州忍城の籠城戦で、忍城に拠った実在する武将たちの活躍を描いた。有名な武将たちではないけれどその働きは目覚ましく、「無名のキラ星たち」と私は呼んでいる。本書も、天正伊賀の乱という史実をベースにした物語。実在の武将たちが数多く登場する。

 天正伊賀の乱とは、伊勢の国主で織田信長の次男の信雄が、隣国の伊賀の国に攻め入った戦い。伊賀の国と言えば忍者だ。信雄が相手にしたのは忍者軍団。本書で忍者軍団を率いるのは百地三太夫だと言えば、「あぁあの」と思う人も多いだろう。

 主人公らしきは「無門」という名の、金のためそれも女房に渡す金のためにしか働かない忍者。「分身の術」的な忍術は出てこない。強調されているのは、敵味方なく相手を欺く「謀略」の技。そして彼らは人間離れした体術で、凄まじい戦い方をする。

 対する伊勢の信雄軍も負けてはいない。そのひとり日置大膳は、鉄砲の弾も届かない遠くを逃げる忍者を、鑿頭の矢で射て、頭をすっ飛ばしてしまうような豪勇の者。かくして伊勢と伊賀、武士と忍者の、力と技と頭脳の総力戦が展開される。

 文庫の「解説」は、読書家で知られる昨年5月に亡くなった児玉清さん。亡くなる4カ月前の執筆。この本のことが好きで盛り立てよう、読者を楽しませようと言う気持ちがあふれている。合掌。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「忍びの国」 固定URL | 2.小説, 2C.和田竜 | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

クジラの彼

著  者:有川浩
出版社:角川書店
出版日:2007年1月25日 初版発行 
評  価:☆☆☆(説明)

 2005年から2007年にかけて、月刊小説誌「野生時代」に掲載された短編6編を収録した短編集。著者のデビュー2作目の「空の中」、3作目の「海の底」のスピンアウトを含んでいる。

 今さら紹介する必要もないかもしれないけれど、著者のデビュー作「塩の街」と上に挙げた2作を合わせて「自衛隊3部作」と呼ばれている。「海の底」が2005年の作品だから、「野生時代」の連載が始まったのはその直後。この短編集もスピンアウトはもちろん、他の作品もミリタリーのラブストリーだ。

 自衛隊という特別なお仕事の人の恋愛は、ドラマ性に富んでいる。結婚式の祝辞で必ず言われるという「どんなに喧嘩しても、朝は笑顔で送り出してくれ(無事に帰ってくるかどうかわからないので)」という話には、密度の濃い時間が垣間見える。

 男性が自衛隊員で女性が民間人で待つ身、というパターンを思いがちだが、著者は、女性が自衛隊員で男性が民間人、そして男性も女性も自衛隊員、の組み合わせも物語にしている。どれも甘い中にも読みごたえを感じるものだったが、私は、男性も女性も自衛隊員の甘さ控えめな「脱柵エレジー」が良かった。まだ30歳手前とは言え、自衛隊での10年の経験が「大人」を感じさせる二曹の、甘さ控えめの恋愛未満の物語だ。

 著者による「あとがき」(この「あとがき」はなかなか楽しかった)に、「私の会った自衛官の若い方は、失礼ながら皆さんかわいくて純粋で一生懸命で一途で、..」と書いてあったが、その想いが作品に表れている。男も女も「ちょっとカッコ良すぎるんじゃないのぉ」と、思わないではないが、そこはラブストーリーの常として不問にしておこう。

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「クジラの彼」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩 | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年2月18日 (土)

偽りの書(上)(下)

著  者:ブラッド・メルツァー 訳:青木創
出版社:角川書店
出版日:2009年3月31日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 著者の前作「運命の書」と同じく、いわゆるノンストップ、ジェットコースターストーリー。何しろ展開が早い。目まぐるしく場所を変えながら、三つ巴か四つ巴の追いかけっこが展開する。何人かの視点が入れ代わる、全部で82もある短めの章が、テンポよく連なる。

 主人公はカル。米国の入国税関管理局(ICE)の元捜査官で、今はホームレス保護支援団体で働いている。ちなみに入国税関管理局は、9.11を受けて設立された機関で、密輸の摘発やテロの防止などを任務としていて、FBIやシークレットサービスと同様の、連邦法執行機関の1つだ。

 ある日カルが保護に向かった先にいたのは、腹を銃で撃たれた男。それは何と19年前に別れたきりになっていた、カルの父親のロイドだった。ロイドはどうも怪しげな品物の密輸に関わっているらしい。ICEの元捜査官にカルの前にロイドが現れたのは、偶然なのか誰かの陰謀なのか?

 始まりはこんな感じで、密輸に絡む陰謀劇のようなのだが、物語はまもなく大きな展開を見せ始める。「人類最初の殺人」とされる、聖書に記されたカインとアベルの物語。世界的なヒーローであるスーパーマンの誕生にまつわる秘話。この無関係に思える2つに関わる秘密結社。そして、カルの古巣のICEからも追われることに。さらに謎の「預言者」も..よくもまぁ、こんなに重ねたものだ。

 私は「運命の書」のレビューに、「それなりに面白かった」と、微妙な評価を書いている。それは宣伝に、「ダ・ヴィンチ・コード」を引き合いに出したことの弊害だった。それから「上下巻700ページは長すぎる」とも。本書も「ダ・ヴィンチ・コード」をチラッ思ったが、「同様のもの」を期待したわけではなかった。そして上下巻550ページは、ちょうどいいぐらいだった。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「偽りの書(上)(下)」 固定URL | 3.ミステリー | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

GOTH リストカット事件

著  者:乙一
出版社:角川書店
出版日:2002年7月1日 初版発行
評  価:☆☆(説明)

 以前に私が「くちびるに歌を」についてのコメントを残したブログで、「ダークなものでもよいのであれば」とおススメいただいた乙一作品。(ご本人がTwitterで明かし、秘密ではないそうなので付け加えると、「くちびるに歌を」の著者の中田永一さんは、乙一さんの別名義。)

 主人公は「僕」、高校二年生の男子。もう一人の主要な登場人物は森野、同じクラスの女子。森野はクラスの中で浮いてしまっているが、「僕」とだけは会話をする。この設定からは、甘酸っぱい青春物語を想像する向きもあろうが、そんな考えは冒頭できれいさっぱり拭われてしまう。開始3ページ目に、女子高生のバラバラ死体が登場する。

 「僕」も森野も、猟奇殺人や拷問などの残酷なものに特別な興味を持っている。その現場に行ってみたい、立ち会ってみたい、と思っている。それで実際に現場に行く。犯人探しは本意ではないのだけれど、推理を重ねることで犯人も明らかになる。そうしたグロテスクな事件のミステリーが6話収められている。

 不思議な本だ。読み始めたころはあまりのエグさに「もう勘弁してくれ」と思った。「これは最後まで読めないかもしれないな」とも思った。それなのに読み終わった後味が、妙にさっぱりしていたのが不思議。グロテスクな事件は背景に引いてしまって、互いを支え合うような「僕」と森野の関係が印象に残る。

 本書は2003年の「本格ミステリ大賞」受賞作。高い評価にも納得するのだけれど、☆は2つにした。私はこの本をおススメできないからだ。ただし、私自身がそう薦められたように「ダークなものでもよいのであれば」という言葉に「覚悟して」を加えた上で、読んでみたい人はどうぞ。

 にほんブログ村「乙一」ブログコミュニティへ
 (乙一さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「GOTH リストカット事件」 固定URL | 3.ミステリー | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

就活での「個性の封印」について

天声人語 今日は本のことではなく、新聞を読んでいて「おやっ?」と思ったことを書きます。

 今朝の「天声人語」で、就職活動での「個性の封印」について書かれていました。その象徴として黒のリクルートスーツをあげています。そして「服装一つでも、同調圧力に抵抗力のある人は頼もしい...人との違いを楽しめる。そんな個性を応援したくなる。」と結んでいます。

 「おやっ?」と思ったのは、その「天声人語」の右上にある「内定に近づくメーク」です。これは、新聞の中ほどにある記事で「誰からも好感が持たれる就活メーク」が写真付きで紹介されています。その写真の下には「就活には不向き」と書かれた「若い女性に人気のメーク」の写真。

 一面では「個性を封印」する就活を嘆息しておいて、中面では「就活向きの化粧」を画一的に指南しているわけです。朝日新聞が嫌いな人には、批判のための格好のネタでしょうが、私は殊更に騒ぎ立てるつもりはありません。「これはタイミングが悪かったよねぇ」と思うだけです。

 ある程度の年齢になると、下の年代を指して「個性がない」とか「個性を大切に」とか口にする人が多いです。私もその一人。そして「個性を大切に」ということを、何の疑いも持たずに正しいと思っている人も多い。
 就職活動については私は、「個性を大切に」に、疑問や白々しさを感じます。もちろん「個性の封印」をあるべき姿だとは思いません。しかし、企業は面接で個性的だった人を採用するんですか?と、尋ねたらどんな返事が返ってくるんでしょう?

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「就活での「個性の封印」について」 固定URL | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

泳ぐのに、安全でも適切でもありません

著  者:江國香織
出版社:集英社
出版日:2002年3月10日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 It's not safe or suitable for swim. 本書は10編が収録された短編集。冒頭の英文は、本書と収録された最初の短編のタイトルの英語表記だ。これは、著者がアメリカを旅行した時に見た立て看板に書いてあったそうで、さらに言えば、短編の中で主人公の女性が、そのような看板を「私たちみんなの人生に、立てておいてほしい」と思った言葉だ。

 「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」そう、人生は安全ではない。多くの人は適切でもない人生を送っている。こんな看板で、人生の折々に注意を促してもらえば、しなくて済んだ失敗もあるだろう。

 本書に登場する主人公は全員が女性で、彼女たちも安全でも適切でもない(と思われる)人生を送っている。不倫をしていたり、働かない男との同棲中であったり、夫が家にいなかったりしている。幸せな結婚生活だけが適切だというつもりはない。しかし、彼女たちの選択や置かれた状況も適切だとは思えない。

 ところが、著者による「あとがき」には、「愛にだけは躊躇わない-あるいは躊躇わなかった-女たちの物語になりました。(中略)彼女たちが蜜のような一瞬を確かに生きた..」とある。
 不倫や働かない男との同棲などの辛い愛の形を選んだ、彼女たちの選択が適切でないと、私は思ったのだけれど、どうもそうではないらしい。人生は泳ぐ(生きる)のに安全でも適切でもないのだから、長期展望ではなくその「瞬間」を信じて生きたい。そうした生き方の現れが、彼女たちの選択らしい。そう言えば、彼女たちに「後悔」は感じられなかった。

 この捉え方の違いは、私が男だからだろうか?女性の感想を聞いてみたい。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」 固定URL | 2.小説 | コメント (2) | トラックバック (2)

2012年2月 9日 (木)

謎解きはディナーのあとで2

著  者:東川篤哉
出版社:小学館
出版日:2011年11月15日 初版第1刷発行 11月27日 第3刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 昨年の本屋大賞受賞作「謎解きはディナーのあとで」の第2巻。今年1月の時点で第1巻が183万部、昨年11月に発売された本書も93万部、というから「お化け」だ。10月から放送されたテレビドラマも、本の売上に対して相乗効果があったと思う(「相乗効果」については後述)。

 国立署の刑事の麗子は、巨大企業グループの総帥の一人娘でもあり、彼女には執事の影山がついている。彼女が抱える難事件を、影山が話を聞いただけで推理して解決する。ただしその前に毒舌を吐く。前作の中の一つが有名になった「お嬢様の目は節穴でございますか」だ。

 第2巻の本書もこの構成は全く同じ。いささかマンネリ気味なのだけれど、本書の最大の特長である影山の毒舌を繰り出すのには、この構成が最も効果的なのだろう。水戸黄門の印籠と同じだ。マンネリ気味だから悪いということにはならない。また、本書では影山の毒舌に工夫の跡が見られる。著者もココが肝だと考えているからだろう。

 第2巻が出たことで、連作短編も12話になり、麗子と影山、麗子の上司である風祭警部の関係が、少し変化しているのが、今後の見どころにもなっている。その意味では今後にも期待ができる。ただ、前作のレビューに「145万部に見合うほど面白いか、というと少し疑問」と書いたが、それは本書でさらに強く思った。

 水戸黄門は印籠を取り出すシーンだけでなく、その前振りの物語も「いつかと同じような話」でも良かったが、ミステリーのネタはそうはいかない。常に読者に「アッ!」と言わせるものが必要だ。しかし、私は本書を読みながら何回か「エ~ッ?」と言ってしまった。

 このあとは書評ではなくて、本とテレビなどの「相乗効果」について書いています。お付き合いいただける方はどうぞ

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

続きを読む "謎解きはディナーのあとで2"

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「謎解きはディナーのあとで2」 固定URL | 3.ミステリー | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年2月 4日 (土)

ガリレオの苦悩

著  者:東野圭吾
出版社:文藝春秋
出版日:2011年10月10日 第1刷 10月25日 第4刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「ガリレオ」シリーズの第4弾。長編2作目である「聖女の救済」と同時に2008年に出版された。「落下る(おちる)」「操縦る(あやつる)」「密室る(とじる)」「指標す(しめす)」「攪乱す(みだす)」の5編を収録。

 テレビドラマ「ガリレオ」や映画「容疑者Xの献身」に登場する内海薫刑事は、原作の小説では本書の「落下る」で初登場する。薫の登場で湯川博士の態度が柔らかくなったように思う。薫は湯川のお眼鏡に適ったようで、その理由がまた湯川らしくていい。

 薫について著者は、週刊誌のインタビューに応えて、ドラマ化にあたって「女性刑事を出したい」と言われて、「自分が名前も知らないようなキャラクターに動き回られるのは落ち着かない」と、テレビより先に「落下る」を書いて登場させた、と語っている。柴咲コウさんがその女性刑事役だと聞いていたので、彼女のイメージで書いたそうだ。

 タイトルの「ガリレオの苦悩」は、短編集によくあるように収録作品中の1篇のタイトルをつけたものではなく、収録の5編に通じるものになっている。特に「操縦る」では恩師、「密室る」では友人、「攪乱す」では湯川本人が事件と深く関わっていて、表面の冷静さの裏に苦悩が透けて見える。私としては3冊ある短編集の中では一番楽しめた。

 にほんブログ村「東野圭吾」ブログコミュニティへ
 (東野圭吾さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ガリレオの苦悩」 固定URL | 3.ミステリー, 32.東野圭吾 | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

サンタ・エクスプレス 季節風 冬

著  者:重松清
出版社:文藝春秋
出版日:2008年12月5日 第1刷発行 
評  価:☆☆☆(説明)

 「季節風」という季節ごとに1冊ある短編集シリーズ。それぞれの季節に読もうという「自分企画」で、「」「」「」に続いて今回の「冬」で完結。12編を収録。

 「冬」という季節はどんな季節だろう?12月にクリスマス、1月はお正月、2月は節分とバレンタインデーと、イベントがある。本書の表題の「サンタ・エクスプレス」は、母から娘への(そして夫への)心温まる粋なクリスマスプレゼント。
 お正月を扱ったのは「ネコはコタツで」と「ごまめ」の2編。どちらも昨年までとは違う正月を微笑ましく、そしてしっとりと描く。「一陽来復」「バレンタイン・デビュー」はそれぞれ、節分とバレンタインデーの物語。

 本書を読んで気付いたのは「冬」は「春」の前の季節だという当たり前のこと。でも「春」は進学や就職など、別れや旅立ちの季節でもあり、その別れや旅立ちの準備は、「冬」にしなくてはいけない。進路を決心する、誰かに別れを告げるのは、心身ともに凍えそうな「冬」で、そこにはドラマがある。
 そんな「春の前の季節」を扱った作品は3編。「コーヒーもう一杯」「その年の初雪」は、卒業や引っ越しによる「別れの物語」で、「サクラ、イツカ、サク」は、大学受験にまつわるつかの間の「出会いの物語」。

 私事で恐縮だけれど「春の前の季節」に関連して。私は15年前に、東京から雪が積もる地方に引っ越してきた。年を経てだいぶ慣れはしたけれど、冬の寒さは厳しいし、雪が積もると憂鬱になる。春になって暖かさを感じると本当にうれしい。
 「春になってうれしい」なんてことは、寒い地方に来なければ感じることができなかったと思う。

 にほんブログ村「重松清のトラバ」ブログコミュニティへ
 (重松清さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「サンタ・エクスプレス 季節風 冬」 固定URL | 2.小説, 28.重松清 | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »