« 「20代で~しておきたい」本について | トップページ | くちびるに歌を »

2012年1月21日 (土)

さよならドビュッシー

著  者:中山七里
出版社:宝島社
出版日:2010年1月22日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 本好きのためのSNS「本カフェ」のメンバーさんが、2011年に読んだ本で1番に選んでいたので読んでみました。2009年「このミステリーがすごい!」大賞受賞作。

 主人公は香月遥、ピアニストを目指す少女。資産家の祖父を持ち、音楽科のある高校への進学が決まり、幸せな暮らしを送っていたが、火事に巻き込まれ全身に重い火傷を負う。一命を取り留めた主人公は、再びピアニストを目指して困難な道を歩む。その途上には、さらなる不幸と、資産家の財産を巡って黒い影が見え隠れする。

 本を読んでいると、文章から視覚や言語以外の感覚を、とてもリアルに呼び覚ます、「文章の力の可能性」を感じさせる作品にたまに出会う。三浦しをんさんの「風が強く吹いている」では走る息遣いを感じたし、森博嗣さんの「スカイ・クロラ」シリーズでは空を飛んでいる気がしたし、恩田陸さんの「チョコレートコスモス」では女優の演技が目の前に立ち現れた。

 本書もそんな作品の一つで、本書からは「音楽」が聞こえて来る。主人公や彼女を指導する先生、ライバルたちの演奏シーンは、リズミカルなピアノの音がしていた。私には音楽の才能も知識もないので、主人公が弾くドビュッシーの曲がどんな曲なのかも知らない。それでも、強弱を繰り返す音のうねりや、コロコロと転がるような音の連なりを感じた(ドビュッシーの曲がそういう曲なのかどうかはさておき)。

 本書はこのようにとても文章の力がある「音楽小説」であると同時にミステリー小説でもある。ミステリーとして、「犯人探し」に焦点を当ててしまうと、ちょっと不満が残るかもしれない。しかし、なかなか大掛かりな仕掛けで楽しませてくれた。(私は途中で仕掛けに気が付いてしまったのだけれど、それはそれでOK。充分に楽しめた。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「さよならドビュッシー」 固定URL | 3.ミステリー, 3F.中山七里

« 「20代で~しておきたい」本について | トップページ | くちびるに歌を »

3.ミステリー」カテゴリの記事

3F.中山七里」カテゴリの記事

コメント

(*^-^)こんにちは。私も読みましたが、高評価の人が
多いですね。確かに音楽が流れるような物語だったかも。
でも、それ以前に、コンクールで「アラベスク弾いて優勝」は、ありえないです・・・、私は、そこでしらけました。いくら感動させても、特別賞くらいかな

投稿: きよ | 2012年1月25日 (水) 10時57分

きよさん、コメントありがとうございます。

知らないで良かった、ってことがあるんですね。

私は「アラベスク」と聞いても何も思い浮かばなかったんですが、
先日ネットで探して聞いてみたら、以前にうちの娘がピアノの
発表会で弾いた曲だと分かりました。

娘の演奏はともかく、同じ曲でも技術・表現両面を磨いて磨いて
到達するものはあるのでしょうが、「ありえない」とおっしゃる
お気持ち、今はなんとなく分かります。

投稿: YO-SHI | 2012年1月25日 (水) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/53788377

この記事へのトラックバック一覧です: さよならドビュッシー:

« 「20代で~しておきたい」本について | トップページ | くちびるに歌を »