« 日本の問題 | トップページ | 体制維新-大阪都 »

2011年12月14日 (水)

ヒア・カムズ・ザ・サン

著  者:有川浩
出版社:新潮社
出版日:2011年11月20日 発行 
評  価:☆☆☆(説明)

 たった7行のあらすじから生まれた3つの物語。著者の最新刊の本書は、まだ7行しかない「ヒア・カムズ・ザ・サン」という演劇のあらすじから、著者の有川浩さんと成井豊さんのお二人が、それぞれ別の物語を生み出す、というコラボレーション企画からうまれた作品。成井さんは、演劇集団キャラメルボックスの代表で構成・演出を手掛ける。

 今年5月に、キャラメルボックスの舞台公演があり、ほぼ同時に著者の作品が「小説新潮」に掲載され、2つの「ヒア・カムズ・ザ・サン」生まれた。その後著者は、舞台の設定と登場人物を生かして、もう一つの物語「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」を書き下ろした。つまりたった7行のあらすじから、小説が2つ演劇が1つの3つの物語が生まれたのだ。本書には、著者の作品である2つの物語が収められている。

 その7行のあらすじは、著者のブログに掲載されているので、そちらを見ていただきたい。ここでは、その7行をさらにかいつまんで紹介する。「出版社で働く30歳の真也は、物や場所に残された人間の記憶が見える。ある日、会社の同僚のカオルの父がアメリカから20年ぶりに帰国した。彼はハリウッドで映画の仕事をしているという...」

 お見事でした。特に1作品目「ヒア・カムズ・ザ・サン」が良かった。最近の著者は「恋愛未満」のラブストーリーが上手い。そして「大人の恋愛」も。100ページ足らずの短い物語の中で、いくつもの恋愛の形を描き、若者の成長を描き、作家と編集者の関係を描き、出版業界への皮肉もチクリ。お題を基にした仕事であることも含めて、まさに「職人技」でした。

 2作品目の「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」は、演劇の舞台から設定を持ってきているので、著者にしてみれば、より制限の厳しい試みだっただろう。ちょっと単調な感じを受けたが、「おっさん萌え」の著者は、おっさんの心根が分かるらしい。おっさんである私はちょっと嬉しかった。できれば演劇の方も観たいのだけれど、今のところDVDなどはないようだ。

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ヒア・カムズ・ザ・サン」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩

« 日本の問題 | トップページ | 体制維新-大阪都 »

2.小説」カテゴリの記事

22.有川浩」カテゴリの記事

コメント

いつも見ています!

投稿: kenji | 2011年12月18日 (日) 09時24分

kenjiさん、コメントありがとうございます。

いつも見ていただいて、ありがとうございます。
kenjiさんのブログも拝見しました。

私は神戸生まれで、大阪湾の端っこを見て育ちました。
匂いは沖縄の海と似ているんですね。

投稿: YO-SHI | 2011年12月19日 (月) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/53483345

この記事へのトラックバック一覧です: ヒア・カムズ・ザ・サン:

» 「ヒア・カムズ・ザ・サン」有川浩 [粋な提案]
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 2日 (火) 15時37分

« 日本の問題 | トップページ | 体制維新-大阪都 »